« 立体視 平行法と交差法 | トップページ | IRCヘリ SWIFTのローター »

ミニラジコンヘリコプター破損

先日購入した屋内用ラジコンヘリが破損しました。

Cimg3722a

操縦の上達がが私より早い息子が、調子に乗って高い位置で飛ばして壁にぶつけてしまいました。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。1位を3日間維持しています、応援してくれる皆さん有難うございます。

破損したのは上部のローターブレードについているバランスをとるためのバー(スタビライザーといえる?)、細いプラスチックの棒の根元の部分です。

Cimg3768

これは困りました。
ローターブレードは高速回転するもので、破損しにくく作ってあり、また破損した場合の予備パーツもついています。メーカーに問い合わせてはいませんが、HPに載っている限りは予備パーツの販売はないようです。

これから、この棒の役割を明らかにしつつ、何とか補修ができないか検討してみようと思います。さてうまくいきますか・・・。

|

« 立体視 平行法と交差法 | トップページ | IRCヘリ SWIFTのローター »

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/47795299

この記事へのトラックバック一覧です: ミニラジコンヘリコプター破損:

« 立体視 平行法と交差法 | トップページ | IRCヘリ SWIFTのローター »