« デジタル超音波探傷器納品 | トップページ | 「トコトン航空工学」本 届く »

IRCヘリ 修理後のテストフライト

IRCヘリコプターのスタビライザーが破損して、それを炭素繊維とエポキシ系接着剤で修理しました。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

接着剤の硬化を待ってテストフライトをしてみました。恐るおそるローターの回転数を上げていき、100mm程度の浮上を何度か繰り返しました。修理箇所の強度は問題ないようです。
しかしながら、若干ホバリング時の安定性が悪くなっています。前45度右方向に流される傾向になっています。スタビライザーのウエイトバランスの乱れが影響したと考えられます。
面白くなってきました。ということは・・・・(本日はここまで)。

|

« デジタル超音波探傷器納品 | トップページ | 「トコトン航空工学」本 届く »

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/47847910

この記事へのトラックバック一覧です: IRCヘリ 修理後のテストフライト:

« デジタル超音波探傷器納品 | トップページ | 「トコトン航空工学」本 届く »