« ミニラジコンヘリコプター破損 | トップページ | IRCヘリ 修理完了 »

IRCヘリ SWIFTのローター

東京マルイの 3ch IRC(赤外線コントロール)ヘリコプター SWIFTを購入して楽しんでいましたが、スタビライザーが破損してしまいました。その修理を試みています。そのレポートの前に、実物の写真ではわかりにくいため、ローター部のCGを作ってみました。しばらくやっていなかったので、ShadeでCGを作ってみたかっただけかも・・・。

Ra1

これで目的は達しているのですが、ここまで作ると回してみたくなります。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。かろうじて1位を維持しています、応援してくれる皆さん有難うございます。

Shadeで原画を作って、Webアニメーターを使ってgifアニメにしています。

Wrotor画像をクリックすると大きくなりアニメーションになります。

上部と下部のローターの回転方向は異なり、それぞれの反トルクを打ち消しあっています。

上部のローターブレードは、機体が傾いたとき今回破損したスタビライザーの働きで、迎え角が変わり、機体の水平を保つような力を作り出します。下部のローターブレードは固定ピッチになっています。

このあたり、本物のヘリコプターとは考え方や使っている原理は共通しているものの、具体的なメカニズムは違っていて、とても面白いです。

ここまで作ると、ヘリ全体をCG化したくなりますが、その前に修理を試みなければ・・・。

|

« ミニラジコンヘリコプター破損 | トップページ | IRCヘリ 修理完了 »

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/47823933

この記事へのトラックバック一覧です: IRCヘリ SWIFTのローター:

« ミニラジコンヘリコプター破損 | トップページ | IRCヘリ 修理完了 »