« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

ネットをきっかけとした交流

 先月「匿名メールによる質問」というブログ記事を書いて、ブログ記事に関する意見交換と、個人メールによる質問や要望を区別していることを表明しました。自分の身は隠した上で個人をさらしている私に個人的に質問や要望を持ってこられても、私はマナーに違反していると考えますので、対応しないことにしています。
 その後も自分をさらさないハンドル名だか本名だか分からないような名前だけの質問や要望のメールが来ています。
 でも、先週届いたメールは違っていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ネットをきっかけとした交流"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタル超音波探傷器を使った2次試験始まる

 この週末も、非破壊検査技術者認証試験会場の管理人として出勤です。今日から、超音波探傷の2次試験が始まりました。九州と北海道がデジタル器を使う試験の皮切りです。 

Cimg3860

会場内は撮影できませんので、入り口だけ。私がいつも使っている材料実習室の入り口です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "デジタル超音波探傷器を使った2次試験始まる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非破壊検査総合管理技術者の証

 帰宅すると、JSNDI(日本非破壊検査協会)から少し重みのある荷物が届いていました。あけてみると、透明なガラス(クリスタル?)製の盾でした。

Cimg3871

 ずいぶん立派なものです。「非破壊検査総合管理技術者の証」というタイトルとともに私の名前が刻印されています。
続いて「あなたは永年にわたり非破壊検査技術者として社会の安全に寄与し非破壊検査の発展に尽力されました。非破壊検査総合管理技術者の認証にあたりその功績をたたえます。」と書いてあります。
 事前に何も聞かされていませんでしたので、少々驚きました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "非破壊検査総合管理技術者の証"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

骨密度が高い骨粗しょう症

 NHKの「ためしてガッテン」をみていたら、骨密度が高いのに自覚症状もないまま背骨が折れる新しいタイプの骨粗しょう症について取り上げていました。ここ数年の研究成果だそうです。
 それによると、骨の内部のミクロ構造が観察できるようになってきて分かったこととのことです。骨の中の「柱」の束を横に結ぶ「梁」が問題で、糖尿病もしくは高血糖になると「梁」が過剰になって「しなやかさ」のない骨になるのだそうです。要するに、靱性の乏しい脆性骨になるってことですね。骨の三点曲げ試験を行っていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "骨密度が高い骨粗しょう症"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苫小牧市の図書館に

 これまでも何度か書いていますが、苫小牧市は工業都市といわれながら書店に理工学系の書籍はほとんど皆無といってよいほどの状況で、寂しい限りです。文化公園内にある市立図書館には、さすがに理工学書の棚はあります。しかし、その蔵書数は私から見ると「本の豊かさに囲まれている」と感じるには程遠いものです。

そんな中に、私の「絵とき 破壊工学 基礎のきそ」がおいてありました。

Cimg3812

嬉しくて手にとってみて、えっ!と思いました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "苫小牧市の図書館に"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苫小牧市文化公園の桜と工業高校の青春

 今年の春は遅く、当地ではまだ気温が低い日が続いています。だからといって「地球化寒冷化」という人はいないようです。苫小牧市文化公園の桜がようやく見ごろを迎えました。文化公園は、苫小牧市の中心部にあり、公園内に博物館・図書館・サンガーデンという名の温室があります。近くには、市の体育館・市民会館、市役所などがあ り、閑散とした市中心部の中では、よく人が集まってくる場所です。私のお気に入りのスポットでもあります。

Cimg3868

 公園内にある桜の木の中でもひときわ大きなこちらの木、エゾヤマザクラです。

 この公園、元は苫小牧工業高校の敷地でした。苫工の移転に伴って、市が跡地を公園として整備したのです。実は、この桜の木にも苫工時代の名残があります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "苫小牧市文化公園の桜と工業高校の青春"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Make(Technology on Your Time) という雑誌のイベント

 KADOTAさんのブログで紹介されていたMake: Tokyo Meeting 05というイベント、面白そうです。こちらの案内(pdf)を読むと、新製品の紹介イベントというのとは違う、試みの面白さというか遊び心が漂う雰囲気があります。近ければぜひ行ってみたいイベントです。
  このイベントを主催しているオライリー・ジャパンが発行しているMAKEという雑誌、どこかで聞いたことがあると思っていたら、昨年6月にメールをもらっていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Make(Technology on Your Time) という雑誌のイベント"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

龍安寺創建開山550年

龍安寺からちょっと大きな荷物が届きました。熨斗紙には「創建開山 義天禅師 五百五十年 龍安寺」とあります。 

Cimg3859

 荷を開けると、中から木の甘い香りがします。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "龍安寺創建開山550年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭の遅い春

 ようやく日差しにぬくもりを感じるようになりました。
我が家の小さな庭にも、最初の小さな花が咲きました。

Cimg3851

ヒヤシンスですかね。白の中にわずかにあるピンク、最初に咲く花としての気品、などということを考えてしまいます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "庭の遅い春"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく返事が・・・

 昨日失敗知識データベース事務局に出したメールの返事が来ました。最初の問い合わせから半年あまりが経過して催促メールを出して、ようやくいただいた内容に触れる返事でした。

 それによると、
「貴ブログ内容につきましては、昨年より畑村先生・張田先生もずっと確認してきており、事務局に各ページの経緯を参考資料としてpdfにて逆に頂いてきている次第でございます。」

とのことで、データ作成者のお二人に昨年の段階で私の指摘内容は伝わっており、このブログ記事も読んでおり、参考資料として検討しているとのことです。有難いことと申し上げておきます。

 さらに、
「ご指摘の内容につきましては、正しいご指摘であると畑村先生も恐縮しており多忙の中、設計図の修正版を既に作成し最終確認を行っているところでございます。」

畑村氏は間違いを認めているということのようです。ようやく、議論の出発点に立てるのかと思います。

以降、「失敗知識データベース」委員会の内情が記述されて対応が遅れた事情の説明が書いてありましたが、その部分はここでは省略します。私には理解不能でしたが、ことさら取り上げることもないと判断しました。

最後に「来月にはデータの更新が出来ると思います。」とデータの書き換えが予定されていることが述べられていました。

続きに私の返信を掲載します。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ようやく返事が・・・"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

科学技術振興機構 失敗知識データベース事務局へ

 半年を過ぎてもなぜ返事をくれないのか、問い合わせのメールを出しました。
このブログ記事を見たikegayaさんからの問い合わせにも返事はないようです。少しは期待していたのですがね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "科学技術振興機構 失敗知識データベース事務局へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航空書籍

 「トコトンやさしい航空工学の本」の執筆者の一人が所属する川崎重工業(株)航空宇宙カンパニーの図書館に、この本が入ったと連絡がありました。航空機製造メーカーですから、航空工学の専門家がたくさんいて、その図書館には専門書がたくさんあるでしょう。従業員でもあり執筆者でもある本人の感想は「恥ずかしくもあり、嬉しくもあります。」というもので、このあたりはよく分かります。
 航空機製造メーカーの社員はみんな航空工学に精通しているのかというと、そうではないでしょう。間接部門の方もいらっしゃるでしょうし、現業でもみんながみんな専門的な勉強をしてるとは限らないでしょう。 
 私の「超音波本」も超音波機器を扱う会社の方が購入して読んでいるという話も聞こえてくるのです。専門家が見て、初心者にこのあたりを知っておいてほしいと思える本が入門書が目指すべきところだと思っています。
 中部地方は航空機メーカーとその工場がたくさんある航空機産業の集積地域でもあります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "航空書籍"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い違い訂正の迅速性

人間のやることですから、思い違い勘違いをまったくゼロにすることはできません。他者のからの指摘によってそれに気づいたときは、スピード感を持って 訂正対処をすることが必要です。そうした緊張感の中で常に仕事をし、それでも起きてしまう事故を「失敗事例」として扱う学者自身も、その緊張感を共有する必要があると私は思います。そこに何らかの躊躇があるとしたら、その躊躇を分析することが、もしかしたら役に立つのかもしれません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釧路湖陵高校3I(1970年卒)同窓会

 北海道立釧路湖陵高校1970年(昭和45年)卒、3年I組の同窓会を今夏計画しています。
 釧路にいる幹事が準備をしてくれています。私は消息が分からないクラスメイトを探す試みをしてみようと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "釧路湖陵高校3I(1970年卒)同窓会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「失敗知識データベース」は何を間違ったのか?

 先週記事にした件ですが、今日現在まで、「失敗知識データベース」もしくはデータ作成者からの連絡はありません。
 エキスポランドのジェットコースター車軸破断事故について、「失敗知識データベース」では「テーパーとねじの組み合わせの構造は、いつかはゆるみを生じ、事故に至る(設計が不適切)。」としています。ここが事実誤認であると指摘しています。
 「失敗知識データベース」に掲載されている図は次のものです。

Contents

 ポンチ絵としても不思議な絵ですが、このデータ作成者の頭の中ではこうなっているということでしょう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「失敗知識データベース」は何を間違ったのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超音波探傷実技試験対策講習会とソフトのアイデア

 今春からJIS Z 2305による超音波探傷の実技試験がデジタル探傷器を使って実施されます。それに向けて、今回、私の勤務先を会場にして、北海道機械工業会が主催する講習会が開かれ、34人の方が受講しました。会場の管理人として、土日の出勤でした。
 持込のデジタル器、JSNDIのデジタル探傷器、アナログ探傷器、3つの教室を使って講師5人の体制です。

Cimg3839

Cimg3840

 当初、北海道機械工業会では、持ち込みのデジタル器とアナログ器だけの講習会にする予定でしたが、4月はじめの会議に出て、勤務先にあるデジタル探傷器とともに会場を使ってもらうことにしました。 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "超音波探傷実技試験対策講習会とソフトのアイデア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不惑の歳

 昨日は色々な意味で、忙しい日でした。何事が起きても、動じず騒がず冷静沈着でありたいと思いますが、なかなかそうは行きません。拳で思いっきり机を叩いたら小指の根元に青たんができてしまいましたcrying。痛いわ!

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事実確認不要の失敗学?

 あなたは問い合わせに対する返事をどのくらいの期間なら待てるでしょうか。
 私は気が短いのかもしれませんが、半年では許容範囲を超えます。昨年(2009年)11月1日に、科学技術振興機構の「失敗知識データベース」に事 例として記載された記事(エキスポランドジェットコースター事故)に関して事実誤認があり、それに基づく失敗の教訓化も違うことをメールで伝えました(こちらの記事)。それに対して、翌日に次のようなとりあえずの返信をもらっています。

***********************
失敗知識データベースをご利用いただきありがとうございます。

ご指摘ありがとううございます。データ作成者に報告させていただきます。
また、委員会の場で畑村統括ほか各先生方にも紹介させていただきます。

今後とも失敗知識データベースをよろしくお願いします。

失敗知識データベース事務局

***********************

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "事実確認不要の失敗学?"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

屋内IRCヘリ Swiftの姿勢安定とジャイロ

 屋内ヘリSwiftで遊んでいます。姿勢制御とジャイロの働きについて動画にまとめてみました。
 結論から言うと、ジャイロセンサはローリングの微調整に使われており、ピッチングやヨーイングの姿勢調整はスタビライザーがその役割を果たしています。スタビライザーはジャイロスコープとしての働きをしていて、その剛性で上部ローターに生じる揚力バランスを微調整しています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "屋内IRCヘリ Swiftの姿勢安定とジャイロ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォトサイエンス物理図録

 本屋で何冊か本を買ってきました。その中に「視覚でとらえるフォトサイエンス物理図鑑」数研出版があります。

Photo_science

 徹底した図解と写真。私は、可能な限り現象論から勉強を始めたい人ですので、嗜好にあっています。高校物理をカバーしながら越える部分もあるようですから、大学教養の物理ぐらいですかね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "フォトサイエンス物理図録"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

図書館検索

 5月にはいって、当地も気温が10℃を超えて暖かくなってきています。
風邪からも回復して、連休中に予定していていたプログラミングの仕事をしています。最近公開している小作品とは違って、私のライフワークの一部で私にとっては大作になります。まとまった時間を使って集中して課題解決の突破口を切り開こうとしています。この数日で、登山で言うとベースキャンプを築けたというところです。
 疲れたので、ちょっと休養。検索遊びです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "図書館検索"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »