« 携帯カメラ電話 | トップページ | Figure »

少年の心と大人の分別

 5月から6月は、毎年忙しくあわただしく過ぎてゆきます。非破壊検査の実技試験が集中するこの時期は、同時に就職指導のピークでもあります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 今の勤務先に勤めて18年になりますが、昨年と今年が就職戦線としてはもっとも厳しいといえます。リーマンショックからギリシャの破綻とヨーロッパの混乱、雇用情勢は厳しいものがあります。おまけにJALの破綻と経営再建。
 ただ航空機やエンジンのメーカーが比較的元気が良いのが救いです。私の担当する学生では8割が内定を決めて、峠を越えた感じです。
 就職指導は、履歴書の書き方といった「常識指導」も含まれるのですが、結局は企業と学生とのマッチングを生み出すことに労力をほとんどを使います。色々なノウハウを蓄積してきましたが、以前の会社で採用の仕事もしたことがあるのが経験として生きてきます。
 結局は求人をしてくれている企業のことを学生によく研究をさせて、「少年の心と大人の分別」という矛盾したものを持って自分をアッピールできるように仕上げてゆくことに尽きます。
 特に就職に関して問題点を抱えている学生、受けて落ちてきた学生、そうした学生とは時間をかけてじっくりと話を聞いて相談に乗らなければなりません。18年間、たくさんの失敗もしてきましたが、うまくはまるとある意味面白いものです。
 大学ではこんな指導はしてくれませんでした。私が卒業式後学校に書類を受け取りに行った時に、廊下で研究室の先生と会いました。その先生「おいSUBAL,これからどうするのだ」と聞いてきましたので、私は「ご心配なく。適当に生きてゆきますから・・・」と答えたのを今でも覚えています。こんなもんですよね。
「少年の心」はかすれかけていながら「大人の分別」など糞食らえと思っていた時代でした。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在3位。

|

« 携帯カメラ電話 | トップページ | Figure »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/48698685

この記事へのトラックバック一覧です: 少年の心と大人の分別:

« 携帯カメラ電話 | トップページ | Figure »