« ボーイング747型機御巣鷹山墜落事故から25年 | トップページ | 空はもう秋 »

母校の図書館に

 クラス会で、釧路にいる幹事から高校に電話すると保留中に校歌が流れるという情報をもらいました。YouTubeにあるのかなと思い探してみると、合唱バージョンと初音ミクの歌声バージョンがありました。

当時はともかく、歳月が流れて聴くと懐かしいですね。コンピュータ合成の声もずいぶん聴きやすくなっています。

電話の口実を考えていて、思いつきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 自分の本を母校の図書館に寄贈したいと問い合わせてみることでした。

 電話をしました。「図書館担当の方お願いします」というと「少々お待ちください」と電話保留の間に校歌のメロディーが流れてきました。自分の著書を送ると図書館に収めてもらえるのですかと訊くと、卒業生の著作は大切に収蔵します、とのことでした。「湖陵文庫」という中に入れて、著者が卒業生であることも明記するので、どうぞ送ってくださいと・・・。早速送りました。
 釧路市の図書館も含めて全国の公共図書館や大学の図書館に入っていることはインターネット検索で知ることができます。それでも、母校の図書館に自分の著作が所蔵されるというのは特別なものがあります。

 送ったのは次の3冊です。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在5 位。


 

|

« ボーイング747型機御巣鷹山墜落事故から25年 | トップページ | 空はもう秋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/49145275

この記事へのトラックバック一覧です: 母校の図書館に:

« ボーイング747型機御巣鷹山墜落事故から25年 | トップページ | 空はもう秋 »