« 大学構内本屋と図書館 | トップページ | 手作りピトー管と対気速度計 »

ターボジェットエンジンのプラモデル

 卒業生のN君が送ってくれました。「商品を初めて見た私は、まず最初に先生を、思い出しました」とのことです。

Cimg4083

 タイトルはターボジェットエンジン「ネ20超」。日本初のジェットエンジン「ネ20」をモデルにしていることは明らかです。第2次世界大戦末期昭和20年8月7日に千葉県木更津で橘花に搭載されて試験飛行に成功した「ネ20」。すでに量産体制に入っていた「ネ20」に対して、東大航空研が中心になって設計して図面は出来上がっていた改良型の「ネ20改」は知っていますが、「ネ20超」は話としても歴史には登場しません。でもこのプラモデル(1/35)よくできています。フランジを留めているボルトまで再現しています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 私はネ20が好きで、CGによる再現を試みています。

Ne20aout_image

 燃料ポンプのつくりがプラモデルは少々雑、ディテールでは私のCGの勝ちかな?そんなマニアックな比較検討をしたくなるほどプラモデルが良くできています。 

こちらはCGのカットモデル。

Ne201

プラモデルを後方からの視点で。

Cimg4086

Ne209

 私は組み立てただけですが、塗装してきれいに仕上げた写真がメーカーのサイトにあります。こちら。実にマニアック。

 そういえば飛行機や車や船のプラモデルはたくさんありますが、ジェットエンジンのプラモデルは見たことがありません。ターボファンエンジンで、カットモデルになっていてローターが回るなんてプラモデルがあったら少々高くても買うのだけれどなぁ・・・・。

 卒業生が私を思い出してくれて、少ない給料の中からわざわざ購入して送ってくれるという状況に感謝しなければなりませんね。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。おかげさまで現在1 位。

|

« 大学構内本屋と図書館 | トップページ | 手作りピトー管と対気速度計 »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/49039199

この記事へのトラックバック一覧です: ターボジェットエンジンのプラモデル:

« 大学構内本屋と図書館 | トップページ | 手作りピトー管と対気速度計 »