« Amazonの不快 | トップページ | 超音波探触子をX線で・・・ »

大優勝旗沖縄へ

 甲子園高校野球の決勝戦を観ました。
興南高校強かったですね。
6年前の1984年8月22日、駒沢苫小牧高が初優勝しました。それから3年間、苫小牧市は高校野球で沸きました。
駒沢苫小牧の選手たちが北海道に帰るとき、ANAに乗ったのですが、機体が津軽海峡にさしかかったときCAさんが「当機には駒沢苫小牧の選手たちが乗っています。ただいま真紅の大優勝旗が皆様とともに初めて津軽海峡を渡っております」とアナウンスして、機内は大歓声に包まれたということです。
この飛行機に乗り合わせた人は忘れられない体験になったはずです。全日空も粋なことをしますね。その後駒沢苫小牧は2.9連覇しました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 今でこそあまり言わなくなりましたが、北海道の人たちは津軽海峡を渡っていくことを「内地に行く」といいました。北海道は「外地」なのですね。高校野球でも北海道から行ったチームはほとんど1回戦で負けることが多く、1勝すると「よくやった」といわれたものでした。
内地という言葉が生きているのは、たぶん沖縄と北海道でしょう。
 ただ、最近は沖縄や北海道のチームと対戦が決まった相手が、籤運が良かったなどとは思わなくなっているはずです。
 選手たちいい顔していましたね。沖縄の皆さん、おめでとう。北海道が成し遂げられなかった3連覇をぜひ!
 さぁ、休憩おしまい。お仕事に戻りましょう。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。おかげさまで1位に復帰しました。

|

« Amazonの不快 | トップページ | 超音波探触子をX線で・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/49209474

この記事へのトラックバック一覧です: 大優勝旗沖縄へ:

« Amazonの不快 | トップページ | 超音波探触子をX線で・・・ »