« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

火龍

 この数日、苫小牧市の国道36線を車で走っていると大きな炎が見えます。

Pic_0042

ビデオで撮影してみました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "火龍"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本初のジェットエンジンネ20 戦後の軌跡」

 本を出しました。といっても超ミニ出版。「トコトンやさしい航空工学」は初版5000部ですが、こちらはその千分の一、5部です。
 ブログ出版局で印刷してもらいました。タイトルは「日本初のジェットエンジンネ20 戦後の軌跡」。

Cimg4199

 わたし的には,読み返してとても面白いと思います。でも、この内容を大手出版社に持ち込んでも、企画会議にかかる前に却下でしょうね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「日本初のジェットエンジンネ20 戦後の軌跡」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JSNDI UT2次試験のデジタル超音波探傷器が選択可能に・・・

 日本非破壊検査協会(JSNDI)が実施するJIS Z 2305に基づく資格試験で、超音波探傷部門では今年の春からデジタル超音波探傷器を使って実技試験を実施するようになっています。当初JSNDIは、RタイプとGタイプの2種類を受験地で指定していました。今年の秋北海道で受ける場合は、Rタイプと指定されるわけです。
 これは困る、受験生が選択できるようにしてほしい、という主旨の要望書を北海道機械工業会が今春提出しました。
 JSNDIのHPに告知文が出て、この要望が通ったことが公表されています。こちら(pdf)

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "JSNDI UT2次試験のデジタル超音波探傷器が選択可能に・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走り行く秋

 ついこの間まで暑い暑いといっていましたが、このところはもう寒い。昨日はストーブを入れ替えて火を入れました。
 我が家の小さな庭も、大急ぎで秋模様です。

Ca3g0046

続きを読む "走り行く秋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイル日付偽造は難しい?

 厚生労働省官僚のちゃちな汚職と思われた事件が、特捜主任検事の証拠偽造という事件に発展しているようです。

朝日新聞の記事より

////////////////////////////////
朝日新聞が今夏、上村被告の弁護団の承諾を得てFDの記録を確認したところ、証明書の文書の最終的な更新日時が「04年6月8日午後9時10分56秒」で、特捜部が捜査報告書に記した最終更新日時と食い違うことが分かった。
 このため、朝日新聞が大手情報セキュリティー会社(東京)にFDの解析を依頼。本来は「6月1日」であるべき最終更新日時が「6月8日」と書き換えられていた。その書き換えは昨年7月13日午後だったことも判明。この日はFDを上村被告側に返す3日前だった。

Date3

///////////////////////////////

 報道によると「遊んでいて間違って書き換えてしまった」という言い訳をしているようですが、こんなのがうそであることは小学生でも分かることでしょう。

 私が疑問に思うのは、書き換えた日時が残るような書き換えを行って、それを3日後に返していることです。当初、専用のソフトを使ったという話があったので、巧妙な書き換えなのかなと思っていました。この程度の書き換えなら、専用のソフトなんか使わなくても簡単にできます。やってみました。若い人に「パソコン使えるのですか」と驚かれるおじさんですが、その私でもできてしまいます。

にほ

んブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ファイル日付偽造は難しい?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然欠陥(割れ)をフェイズドアレイで

 フェイズドアレイ超音波探傷器でコーナーでの2回反射を狙ってどのように表示されるのかを見てきました。私のメモのような記事を書いてきましたが、今回で一応の締めくくりです。
 当然、コーナーや探傷面の反対側の面にあるスリット(人工きず)について観察したのは、探傷としては反対面から板厚貫通方向に伸びる割れ(crack)の検出を想定してのことです。
 現在私がおかれている環境では、自然に発生したきずのある部材を手に入れるのは至難の業です。あの手この手、色々な方にお願いして集めるのですが、限界を感じます。
 その中で、ステンレス鋼板に生じた割れ(熱疲労割れと思われる)をフェイズドアレイ超音波探傷器で狙ってみました。

Snapshot10

動画は続きで・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "自然欠陥(割れ)をフェイズドアレイで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つまようじブリッジ 新記録動画

 新しい動画編集ソフトを購入して、そういえば昨年12月に「つまようじブリッジ」の耐荷重記録挑戦で新記録が出た際の動画が編集できるのかもしれないと思い、やってみました。
 11年間続いて最後には300キロの記録まで行った「つまようじブリッジコンテスト」は、コンテスト形式では開催しないものの、制作した作品の耐荷重を試す「つまようじブリッジチャレンジ」として、随時行っています。 

Snapshot9

 ビデオカメラを借りて撮影したものの、編集できなくて困っていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "つまようじブリッジ 新記録動画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ記事数1000達成!

 2006年1月からこのブログをはじめました。書き続けてこの記事で1000記事になりました。総アクセス数が64万件。数あるブログの中では平凡な数字でしょうが、私にとっては驚くべき数字です。白鵬が千代の富士の連勝記録を抜くかどうかという日と重なったのはもちろん偶然です。日記の記録としては、そのことを書いておくこともよいでしょう。
 飽きっぽい性格の私としてはよく続いているなぁと思います。1000で思い出すのは、高校生のころ授業がつまんなくて、ひどく無駄な時間に思えて、分厚い大学ノートを購入してそれに1001の物語を書くことを決意して始めたことです。千一夜物語をまねしようと思ったのです。確か30ぐらいで終わったはずです。ねた切れというやつです。一生懸命考えても、たった一ヶ月程度の夜しかもたない、自分の中にあるものの貧困さを思い知らされました。肩肘を張っていたハイティーンのころの挫折のひとつです。
 ブログは、あまり一生懸命にならないで、気ままにやっているところが続いている要因ですかね。あっ、もうひとつ、わがままでマニアックな記事が、寄せていただくコメント(これまで2178件)によって広がりをもっていく、この醍醐味で続いているのだと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ブログ記事数1000達成!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

フェイズドアレイ超音波探傷とシミュレーション

 フェイズドアレイ超音波探傷器を実際に試してみると、探傷の主流は急速にこれになっていくだろうと直感しました。もちろん解決しなければならない問題点もいくつかあります。
 そのひとつはアーチファクトの問題。横波-縦波のモード変換についてだけ取り上げても、この前の記事で取り上げたように、その検討には手計算では手間がかかりすぎます。そのアーチファクトの原因が何かが分かってしまえば、現れる位置や探触子の手動走査に伴う動きの特徴をとらえることで、峻別することは可能です。その一例。

Artigacta4

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "フェイズドアレイ超音波探傷とシミュレーション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モード変換によるアーチファクト

 フェイズドアレイ超音波探傷で、断面表示させると反射源のないところにエコーの表示が見られることがあります。虚像です。医療の超音波検査ではアーチファクト(artifact)と呼んでいますから、同じに言ってよいと思います。アーチファクトが生じる理由には色々ありますが、固体中が対象の超音波探傷では、モード変換もアーチファクトの原因になります。
 コーナーでの2回反射をフェイズドアレイ超音波探傷器で表示させた動画の中にも、モード変換によるアーチファクトが現れています。

Snapshot4

 上の図で、左側に現れているのが、屈折角65°付近で横波が当たっているコーナーのエコーです。右側に現れている2つのエコーを、昨日公開したフリーソフト「Reflection Mode Conversion」を使って解析してみます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "モード変換によるアーチファクト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超音波のモード変換による反射角を確認するソフト

 学習のためのメモのような小さなソフトウエアーの公開です。

 固体の中に超音波を伝搬させると、境界面に斜め入射したときにモード変換が起きます。横波から縦波へ、あるいは横波から縦波へと振動モードの違う波が反射波の中に出てきます。これが、原理的にはよく似た人体の超音波検査と異なる固体ならではのちょっと面倒な現象です。
 入射角と反射角の関係はスネルの法則に従います(スネルの法則は屈折に関する法則と紹介される場合がありますが反射にも適用できます)。平面に斜め入射するだけでしたら、電卓を叩くだけで計算することができますが、この間問題にしているコーナーでの2回反射のようになると手計算では限界があります。それでちょっと作ってみました。モード変換で反射角がどのようになるのかを確認するためのソフトです。 

Reflection_mode_conversion

ダウンロードは続きで・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "超音波のモード変換による反射角を確認するソフト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

釧路産生サンマの炭火焼定食

 気象の専門家も異常気象というこの夏の暑さ、サンマ(秋刀魚)漁が不良という結果に結びついているようです。

 秋の味覚サンマ。私は無類の秋刀魚好きです。さんまについての記事です。
 日曜日に時々行く定食屋で「釧路産生サンマの炭火焼定食」をやっていると聞き、サンマ好きとしては食べに行くしかありません。

Ca3g0043

ちょっと小ぶりです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "釧路産生サンマの炭火焼定食"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コーナーでの2回反射をフェイズド・アレイで・・・

 コーナー部からの超音波の反射についてこの前の記事を書いたのは、今回公開する動画のための前振りでした。

 入射角によって反射波の音圧が変わってきますが、このことがフェイズド・アレイ超音波探傷器で簡単に視覚的に確認できるのです。

Snapshot

 動画は続きで・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "コーナーでの2回反射をフェイズド・アレイで・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コーナーでの2回反射と極座標

 平面上の位置を表すのに、通常は直交座標(x、y)を使いますが、中心点からの距離と角度(r、θ)で表す極座標のほうがわかりやすい場合があります。たとえば超音波の反射や屈折を説明するときには、極座標のほうがよいと私は思います。
 超音波が境界面で反射するときには、モード変換が起きることがあります。横波から縦波、もしくは縦波から横波へと振動モードが変換すると音速が変わるだけではなく反射角もスネルの法則にしたがって変化し、音圧反射率も変化します。

Re

 これは、JSNDIが発行しているUT2のテキストに掲載されている鋼・空気境界面に横波が反射する場合の入射角と音圧反射率の関係を表す図です。xyの直交座標ですね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "コーナーでの2回反射と極座標"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の空に

 昼ごろまでは蒸し暑かったのですが、夕刻になって明らかに空気が変わりました。冷たいと感じる空気が流れ込んできています。
 勤務が終わって駐車場へ向かう途中で、涼風にさらされながら秋の空を撮影しました。

Pic_0029

気持ちいい!!

Pic_0030

そうこうしているうちに、背後で爆音が聞こえてきました。もしやと思い、ビデオカメラをセットすると・・・・


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "秋の空に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デスクトップなのにノートパソコン

 フェイズドアレイの超音波探傷を動画で撮ることを思いついて、ほとんど衝動買いでビデオカメラを新規購入しました。SONYのを使っていましたから、JVCのものはちょっと勝手が違い戸惑いましたが、何とか動画を撮影できたまではよかったのです。ところが動画を編集しようとすると、Microsoftのムービーメーカーではファイル形式が合わないということで読み込むことすらできませんでした。カメラに編集ソフトがついてきていると思ったら、これがはずれ。
 やむなく、こちらのソフト(PowerDirector 8 Ultra)を購入しました。
 ようやくソフトが届いて編集をしようと思ったら、パソコンが凍り付いてしまいました。調べてみたらRAMが512MBでは無理で、2Gが必要とのことです。普通に文章の作成やネット検索やVBでのプログラミングをするのには何の支障もないのに、そうそう前のDVカメラで撮影した動画の編集も問題なくできたのに、RAMを増設しなければならないとは・・。そういえば最近ShadeでCGを作ろうとするとフリーズ状態になることが多くなってきていたので、これが機会かと電機店に買いに行きました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "デスクトップなのにノートパソコン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フェイズド・アレイ超音波探傷の動画

 すったもんだの挙句(この内容は別記事にします)、ようやくフェイズド・アレイ超音波探傷の動画を作ることができ、先ほどYouTubeにアップしました。まだ編集ソフトの使い方がよく分かりません。とりあえずできる範囲で・・・。

手始めに、対比試験片RB41を使ってドリル穴とコナーのエコーを表示させて見ました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "フェイズド・アレイ超音波探傷の動画"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

熱疲労

 といっても、熱帯夜続きでお父さんダウン、という話ではありません。
 ものは熱せられると膨張し、冷やされると収縮します。膨張・収縮の過程で膨張・収縮が拘束されるとものには応力(Stress)が発生します。こうして発生する応力は熱応力(Thermal Stress)と呼ばれ、熱応力が繰り返されると熱疲労(Thermal Fatigue)になりやがて破壊することになります。
 今日の"もの”は、ジェットエンジンのタービンノズル(Turbine Nozzle)です。

Pic_0014a

 ジェットエンジンのタービンノズルは、燃焼器から噴出する燃焼ガスから圧縮機などを動かす動力を取り出すタービンの構成部品で、高速で回転する動翼(タービンブレード)に対して回らない静翼の側になります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "熱疲労"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイビジョンビデオの編集

 フェイズド・アレイの超音波探傷装置を試していて、動画で撮影したいと思い立ちビデオカメラを買いました。かねてほしかったので、背中を押したというところです。

Ca3g0036

 店頭でスペックを見ていると、3万円程度のものを買おうと思っていったのに予備バッテリーを含めて6万円のものを買ってしまいました。ビクター(JVC)のEverioです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ハイビジョンビデオの編集"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »