« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

ニアミスとスイスチーズモデル

 10月26日午後1時40分ごろ、中部国際空港を飛び立ち旭川に向かっていたANK(エアーニッポン)のB737型機(乗員乗客57名)が管制官の誤った指示により、高度を下げすぎて対地接近警報装置(GPWS)が作動し、パイロットが急上昇することによって山への衝突を回避したというニアミスが発生したようです。

 山に激突していたら、旅客機の墜落事故としては1994年に中華航空機が名古屋空港へ墜落した事故、山への墜落としては1985年のJAL機御巣鷹山墜落事故以来の惨事になりました。人のミスや機械の故障などは時としておきますが、それに気づき事故を回避するシステムが働き、事なきを得るのが普通です。事故になるのは多重チェック機能が有効に働かなかった場合です。多重チェック機能が働かずに事故に至ることの説明としてスイスチーズモデルというのがあります。図は、寺田博之著「JAL123便事故 安全工学の視点から検証する」より引用。

Swiss_cheese_model

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ニアミスとスイスチーズモデル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪とノーベル賞

 当地は初雪です。
今朝の車のフロントガラスには枯葉とともに雪が積もっていました。外気温は氷点下にはならないものの0℃。一気に冬モードに突入です。

Cimg4348

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "初雪とノーベル賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃える金属(マグネシウム)

 ジェットエンジンのギアボックスなどにマグネシウム合金が使われています。
 マグネシウム:元素記号Mg、比重1.74、融点650℃、実用金属中最も軽い。
合金としては、アルミニウム・亜鉛を合金元素としたAZ91Aなどがあります。熱処理をしてもあまり強度は上がりませんので、強度が特に要求される場所には使われませんが、航空機材料としては軽いことが魅力です。
 このマグネシウム合金の切削くずなどは発火の危険があり、取り扱いに注意する必要があります。万が一マグネシウムが発火した場合、水をかけて消火するのは、火を消すどころかさらに強い燃焼を起こしてしまうため、やってはいけないことです。水が助燃材になる。
 今の若者は、子供のころ金属で遊んでいません。多少遊んだことのある若者でも、金属が激しく燃えることを知っている人はほとんどまれです。そこでちょっと危ない遊びを・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "燃える金属(マグネシウム)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

苫小牧高専A全国大会へ(高専ロボコン)

 先ほどNHKニュースで旭川で開かれていた高専ロボコン北海道地区大会の結果を報じていました。優勝は旭川高専のようですが、苫小牧高専Aも全国大会出場が決まったようです。
 ロボコン部に所属している息子は旭川に行って帰ってきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "苫小牧高専A全国大会へ(高専ロボコン)"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

「非破壊検査 基礎のきそ」執筆中

 「絵とき 非破壊検査 基礎のきそ」を日刊工業新聞社から出す予定で執筆をしています。
どのようなテーマで書くかは編集者の方との打ち合わせで決まります。筆者として書けること書きたいことと、出版社として出したい本との間には当然ずれがあります。出版社としてはこのような本を出すというポリシーと同時に、売れる見通しのたたない本は出さないということになります。私が書いているようなジャンルの本は、初版発行部数2500程度ですが、数百万円のお金が動きますから、当然でしょうね。
 筆者の意向や力量を受け止めながら、出版社としての方針、商売として成立するかを考えて方向を決めてゆくのが編集者の役割といえるのでしょう。私を担当してくれている編集者のIさんは、そのあたりのすり合わせ調整が上手だと思います。他の会社の編集者を知りませんから、確かなことはいえませんけれど・・・。
 4年前には、「非破壊検査」では読者層が限られてしまうだろうということで、企画に乗りませんでした。私としては、ライターとしての実績ができたら書かせてもらうつもりでいました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「非破壊検査 基礎のきそ」執筆中"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リベットのせん断破壊

 航空機の外板はリベットで接合されます。

Cimg4345

このリベット接合を引張試験にかけて破壊してみます。

 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "リベットのせん断破壊"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水底から救出

昨日、勤務先で消火ポンプのための受水槽のボールタップが調子が悪いという連絡を受けてチェックに行きました。床のマンホールを開けると地下に水槽があります。ボールタップは覗き込まなければならない位置にあって、ジャンパーのポケットにあるものを出し、帽子を脱いで懐中電灯を掲げながら覗き込みました。
 ポチャンという音がしました。水底を見ると光るものがあります。作業着の胸ポケット入れてあった携帯電話です。アチャー!まいったなぁcoldsweats02

 網などのすくうものがないかと探しましたが、ありません。箸の文化の日本人だ、つまんで引き上げてやるぞ、てんで棒を2本持ってきて試みました。つまむところまではできるのですが、引き上げようとするとするりと逃げてしまいます。
 こうしている間にも携帯電話の中に水が染み込んでいるはずです。迅速性が問われます。意を決して、ポンプ室の鍵を閉めて、パンツひとつになって水の中に入りました。マンホールの径は60cm程度。水深も60cm程度。しゃがみこんで手で取ろうとすると体の多くをぬらすことになります。両足で携帯電話をつかんで、腕力だけで上に上がりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "水底から救出"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チリ鉱山救出劇とバスタブ曲線

 チリ鉱山の救出劇が連日報道されて、私もはらはらしながら見ていました。私は地上から救出するチームの救出装置とその使い方に注目していました。
 報道のように縦穴に通したパイプ(直径70cm 28インチ?)にフェニックスと呼ばれる直径(60cm)のカプセルに人を乗せて救出していました。
 当然といってしまえばそれまでですが、途中で引っかかってしまうことを想定して地上のモックアップを使って、さらに実際の縦穴を使って慎重に試験走行を行っていました。さらに、最初に人が乗るのはレスキュー隊員が下に降りるため、最初の救出者は何かあったときに落ち着いた判断ができると思われるサブリーダーでした。明らかにこうした装置には初期故障がありうることを想定した手順でした。
 故障率のバスタブ曲線といわれるものがあります。何でも良かれと思って作っても、思わぬ故障があるものです。新しいものは使いはじめに故障が集中するものです。初期故障が対処によって落ち着いてくると通常の使用期に入ります。この時期はあまり故障は起きませんが、一定の時間がたつとまた故障が増えてきます。車も新車のうちと走行距離10万キロを超えたあたりでトラブルが起きてきます。故障率と時間との関係をグラフにすると、浴槽の断面のような形になることから、バスタブ曲線といわれています。

Bathtub_2

にほ

んブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "チリ鉱山救出劇とバスタブ曲線"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新種の深海魚?いったいこれは何?

 最近撮影した写真です。

Cimg4305

 いったい何だと思います?

にほ

んブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "新種の深海魚?いったいこれは何?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航空機用アルミ合金とリベット接合

 航空機に使われる高力アルミニウム合金であるジュラルミンは、溶接をすると欠陥がおきやすいため現在でもリベットで接合されます。 

Rivet

 写真はリベット1本でつないだ試験体です。板の材質は2024-T3、リベットは2117です。航空機の材料としてはスタンダードなものです。2024(JISではA2024と表記されます)は、合金元素として銅4%マグネシウム1.5%を含有するアルミニウム合金で超ジュラルミンと呼ばれています。

にほ

んブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "航空機用アルミ合金とリベット接合"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rタイプの探傷器パネルをJSNDI仕様に・・・

 非破壊検査資格試験1次試験の結果が発表になりました。私の勤務先では超音波探傷レベル1を59名受けて52名が受かりました。近年ではよいほうです。
 問題は11月末に行われる二次実技試験です。UTの試験がデジタル探傷器を使うようになって準備を進めてきましたが、今回北海道はRタイプ。勤務先には1台あるだけです。52名の訓練を1台でできるはずがありません。
 全国の超音波仲間が助けてくれています。現在のところ5台貸してもらえる約束ができました。

Cimg4291

 Rタイプの探傷器はUI-25がベースになっており、UI-25のソフトを追加するかたちになっているものが多いようです。この場合、パネルに配置されている押しボタンの機能がJSNI仕様と異なるところがあります。

Cimg4292

 このままでは実技試験の練習にはやりにくいです。パネルの表示をJSNDI仕様に変えてみました。

にほ

んブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Rタイプの探傷器パネルをJSNDI仕様に・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソングス 山口百恵ラストコンサート

 NHKのソングス、山口百恵のラストコンサートまでを見ました。
 往年の百恵ファンとしては、懐かしさを通り越して、久々に胸を揺さぶられました。
私はスター誕生の優勝シーンをリアルタイムで見ています。デビューのころは桜田淳子の2番煎じ、歌も森昌子に比べればうまくはなかった。映画も何本か見ましたが、演技ははっきり言ってイモ。それなのに、なんともいえない存在感がありましたね。歌は次第にうまくなりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ソングス 山口百恵ラストコンサート"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

省エネエアコン開発と超音波

 私が暮らしている北国では必要がありませんが、全国ではこの夏の猛暑でエアコンがずいぶん売れたようですね。
 エアコンの省エネ技術開発に超音波センサが使われているという論文を読みました。「パナソニック技報」7月号JULY 2010 Vol.56 No.2「エアコンの省エネ要素技術開発」というタイトルです。
 この論文に私の本「絵とき 超音波技術 基礎のきそ」が参考文献として記載されています。どんなところで関係があるのかというと・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へポチッとクリックで応援

続きを読む "省エネエアコン開発と超音波"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

磁粉探傷の規格 ISOとJIS

 必要があってISO 9934-1"Non-destructive testing -Magnetic particle testing- Part1:General principles"を購入しました。磁粉探傷試験の一般通則です。
 JIS Z 2320-1がJISの磁粉探傷試験一般通則として2007年に制定されていますが、これはISO 9934-1をベースにしています。 

Cimg4277

 このJISとその解釈をめぐって私はいくつかの疑問を持っていまして、やはり原文を参照すべきと思ったからです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へポチッとクリックで応援

続きを読む "磁粉探傷の規格 ISOとJIS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »