« 航空機用アルミ合金とリベット接合 | トップページ | チリ鉱山救出劇とバスタブ曲線 »

新種の深海魚?いったいこれは何?

 最近撮影した写真です。

Cimg4305

 いったい何だと思います?

にほ

んブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 実はアルミニウムの丸棒(引張試験後の廃棄物)を、ガスバーナーであぶって溶かしたのですが、この際にアルミニウムが液状になって鉄板の上に落ちて固まったものです。アルミの融点はおよそ660℃、熱してゆくと赤くなる前に融け落ちます。 

Cimg4304

 最近の若者は金属で遊んでいませんから、その性質なんてほとんど考えたことがありません。金属が液体化するなんていうことも、そういわれればそういうこともあるかも知れん、という程度で、もちろん見たことがある子供なんて、工業高校の機械科出身でもなければまずいません。バーナーであぶって溶かしてみせることでも新鮮に驚いてくれます。

 炭素鋼でやると、線香花火のようにパチパチと飛んで、歓声が上がります。

 私は、表面張力、重力、熱容量差、冷却速度などが絡む一瞬のバランスでできる「かたち」の妙を楽しんでいます。

にほんブログ村 科

学ブログへアイコンをクリックすると 、ブログランキングの応援になります。現在2位。

|

« 航空機用アルミ合金とリベット接合 | トップページ | チリ鉱山救出劇とバスタブ曲線 »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/49705528

この記事へのトラックバック一覧です: 新種の深海魚?いったいこれは何?:

« 航空機用アルミ合金とリベット接合 | トップページ | チリ鉱山救出劇とバスタブ曲線 »