« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

草むらのギャラリー 直径120mmの宇宙

Miti31

 (InfoseekWebがサービス停止をしてしまったので、そこに掲載されていた記事をココログへ移転しています。今はやれていないのですが、陶芸に熱を入れていたころの作品を掲載します。) 

 通勤途中の山の中に道路工事現場があります。キタキツネやエゾシカやヒグマの住処である林を一気に切り拓いてまっすぐな道路を作っています。木の根が伐根されむき出しにされた大地に、本格的な道路建設工事が始まる間に、まず羊歯が葉を広げ、続いて熊笹が地面を覆っていきました。
なんだか無性に写真を撮っておきたくなりました。草むらのギャラリーのタイトルバックにしてみました。道路と思っていましたら、電気の送電線でした。

草むらのギャラリー

 私の陶芸作品を展示します。 うまくいった作品は、名前がつけられ、美術展で入選でもすればすまし顔の写真が写真集に掲載されます。 でも、どこかに欠点がある作品に言い知れぬ愛着を感じます。手元に残っているそんな作品のいくつかを、草むらのギャラリーに展示してみました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "草むらのギャラリー 直径120mmの宇宙"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンクリートポンプ車のUT検査

 最近建設用特殊車両の関係者が超音波探傷の講習会を受け資格試験を受けるケースが増えてきているという話を聞きました。
 建設現場で、高い場所にコンクリートを圧送するために長いブームを伸ばしている場面を見ることがありますが、折れる事故が起きているようです。
労働安全情報センターのHPより
****************
ブーム付きコンクリートポンプ車のブーム破損災害
1 発生状況
  建築工事現場における耐震基礎部分のコンクリート打設作業において、ブーム付きコンクリートポンプ車で生コンクリートの圧送作業を行っていたところ、コンクリートポンプ車のブームが第2ブームのブーム受け付近で折れ(図)、落下したプーム先端部分がコンクリートならし作業等を行っていた作業者に当たった。
2 被災状況 休業3名
3 事故原因の概要 
 過去に、ブームに過度の延長ホースを追加して作業したため過負荷がかかり、ブームに微小な変形が発生し、その後の使用中の負荷によりこれが拡大し、災害発生時の作業により破損に至ったものと推定される。
******************

 いつどこで、がわかりません。

 これに対して、超音波探傷検査をするようにという厚生労働省労働基準局安全衛生部安全課長名通達「コンクリートポンプ車による労働災害の防止について」(基安安発第0723006号平成20年7月23日付)が出されたということのようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "コンクリートポンプ車のUT検査"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超音波探傷実技試験前夜

 本日、北海道の超音波探傷実技試験会場セッティングのために出勤します。明日から実技試験が開始されます。
 今回は受験者が多くて52名ありまして、訓練の調整に頭を痛めました。幸い全国の超音波仲間の応援によって、7台のRタイプ超音波探傷器を準備できましたので、何とか乗り切ってきました。

Cimg4521

 期日が迫ってくると、探傷器の争奪戦が開始されます。放課後だけではなく、朝、実習場によると自主的朝錬が行われていました。オットー、朝早くこんなに来ているのかという人数が来ていました。

 大体デジタル探傷器の扱いには問題のないところまで来ています。ただ、デジタル探傷器ならではの落とし穴も予想通り出てきます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "超音波探傷実技試験前夜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苫小牧高専 ロボコンで歴史的1勝

 高専ロボコン、21日に全国大会が行われましたが、苫小牧高専は1回戦で東京工業高専と対戦して勝ちました。YouTubeはさすがに早い。すでに動画がアップされています。

 苫小牧高専は、全国大会でまだ勝利したことがなかったそうで、この1勝が第1歩、地元応援団としてはこれからの躍進に向けた歴史的勝利、といっておきましょう。左右ではなく前後の2速歩行というユニークなメカニズムで挑戦しています。72秒でのクリアーはこのマシンでのベストに近い記録でしょう。 北海道地区大会からあまり時間がなかったということで、無理に性能をアップすることより持てる力を発揮することと、見た目と楽しさを前面に出してデコレーション方面に力を入れたようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "苫小牧高専 ロボコンで歴史的1勝"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Eddy Current ソフトウエア バージョンアップ

 渦電流の浸透深さと位相の遅れを学ぶソフトウエアを公開しましたが、誤解を招く恐れがあるのかなぁ、と思い少し手を入れました。 

Eddy_current2

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Eddy Current ソフトウエア バージョンアップ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パルスジェットエンジン の仕上げ

 既報の通り、パルスジェットエンジンが成功したのですが、台をつけて全体を綺麗に仕上げたので改めて動画を撮ることになりました。

 

Cimg4466 Snapshot16 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "パルスジェットエンジン の仕上げ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「航空宇宙産業参入のための 航空宇宙産業技術展2010」

 日刊工業新聞社が主催して、11月25日(木)~27日(土)の3日間、ポートメッセなごやで、「航空宇宙産業参入のための 航空宇宙産業技術展2010」が開催されるとの案内が届きました。こういう展示会はできるだけ行ってみたい。日常では得られない刺激があるのだけれど、地方にいるとやはりそう簡単ではありません。
 今日は東京両国国技館で高専ロボコンの全国大会が開催されるのですが、こちらも一度は生で見てみたいけれど、抱えている仕事の関係でいけませんcrying

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「航空宇宙産業参入のための 航空宇宙産業技術展2010」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渦電流の浸透深さと位相

 久々にソフトウエアを作りました。今回は「渦電流の浸透深さと位相」。

Eddy_current

 コイルに交流電流を流して金属に近づけると、電磁誘導で金属に渦電流が生じます。この渦電流を使ってきずを検出する非破壊試験方法が、渦電流探傷試験(ET:Eddy current testing)です。渦電流は交流の表皮効果で表面に集中して流れますが、その程度を示す指標に浸透深さ(Depth of Penetration)があります。浸透深さは、表面の電流密度の37%(1/e)になる深さです。
 浸透深さは、透磁率・導電率・周波数の積の-1/2乗に比例します。試験体の材質と周波数によって変わるわけです。このことを素早くイメージするためのソフトウエアです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "渦電流の浸透深さと位相"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

はやぶさファイル

 本日、職場では浸透探傷試験2次試験の最終日。午後は、全国から就職先企業の担当者が来て、平成24年3月卒業者に向けた会社説明会でした。
 もうどたばたで、ご迷惑をかけてしまった場面もありました。
 そんな中で、ある会社の方からクリアファイルをいただきました。

Cimg4447

 はやぶさの写真入です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "はやぶさファイル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ターボジェットエンジン カットモデルを電動で回す

 この時期は、学生の卒業制作の成果が現れてきます。
J34ターボジェットエンジンのカットモデルは、引き継がれてきたテーマのひとつです。今回のチームは、焼けたり錆びたりしていたエンジンを磨き上げ綺麗にして、電動で回転させることです。
元は、こんな古びたエンジンでした。

Pic_0055

 これが、こんなふうになりました。

Pic_0057

 さらにこれが回ります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ターボジェットエンジン カットモデルを電動で回す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パルスジェットの周波数 その1

 学生が作ったパルスジェットエンジンが目の前で回って、面白いなぁと思っています。上手く自律運転に入ると、2サイクルエンジン独特の心地よい音がしてきます。音、というとついつい周波数はどのくらいなのか・・・などということが気なってきます。簡単に周波数解析などをやってみると、なかなか面白い。
 本日は、その1としてYouTubeにあった、パイプの長さと周波数が画面に明記されているこちらの動画の音声を取り出して解析してみます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "パルスジェットの周波数 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オランダの高瀬飴

 この前の記事で、東工大の水谷先生から「図解入門 非破壊検査の基本と仕組み」をいただいた話を書きました。実は、本と一緒にオランダのスーパーで購入したという飴が入っていました。

Cimg4408

 この飴、「Fruitsticks」という名前ですが、肥後(熊本)名産の高瀬飴と共通点があるというのです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "オランダの高瀬飴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「非破壊検査の基本と仕組み」

 東工大の水谷義弘先生から「図解入門 非破壊検査の基本と仕組み」秀和システム刊が送られてきました。 私も写真等で少しばかり協力している本です。

Cimg4406

 まださっと見ただけですが、今までにない良い本のようです。こういう本を待ち望んでいたと思える内容です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「非破壊検査の基本と仕組み」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自作パルスジェットエンジンの試み

 学生の課題研究で、パルスジェットエンジンの自作を試みているチームがあります。
パルスジェットエンジンは、圧縮機を持たない簡単な構造のジェットエンジンで、間欠燃焼をします。試行錯誤で始動条件を探り、本日ようやく自律運転になりました。U字型のバルブレスパルスジェットエンジンです。

Pulsejet1_2

 動画は続きで・・・。その前に

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "自作パルスジェットエンジンの試み"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つるべ落とし 晩秋の夕陽

 夕刻買い物に出たら、国道36号線で行く手正面に大きな夕陽が見えました。信号待ちの合間に窓からデジカメを出してパチリ。

Cimg4387

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

続きを読む "つるべ落とし 晩秋の夕陽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wikipediaの出典文献 ソナーの場合

 Wikipediaの出典文献に私の著作(『超音波技術 基礎のきそ』)が掲載されているのを最近見つけました。ソナーのページです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Wikipediaの出典文献 ソナーの場合"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天InfoseekWebサービス終了

 楽天InfoseekWebを使って、Webページをもっていたのですが、そのサービスが10月31日をもって終了しました。
 このような事態になるとコンテンツも消えてしまうのですね。当たり前かshock

Ne20infoseek

 私としては、消えてなくなるのは惜しいなぁというのもあるので、ここのココログWEBPAGEに転載しておこうと思います。
 とりあえず、「日本初のジェットエンジン ネ20」に関するページを転載しました(こちら)。コピペで簡単にいくかと思ったら、意外に手間取りました。私のHTMLに関する知識不足かもしれませんが、移行できない機能もあります。ボタンを押すと図面からCGによるエンジンがジワッとにじみ出るように出てくるようにしてありましたが、これは移行できませんでしたsad

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在3位。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパの衛星ビジネスが・・・

 職場の窓から見える林の向こうに、先月末突然白いドームが出現しました。

Cimg4372

あれはいったいなんだ・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ヨーロッパの衛星ビジネスが・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

追悼 富士岳 氏

 JSNDIの会誌11月号が届きました。「お知らせ」頁に訃報があり、昭和58年第28期会長であった富士岳氏が89歳で亡くなられたことが報じられていました。私とはちょうど30歳違い、私の親爺とほとんど同い年でした。ということは、20代前半は戦争だった世代の方です。
 富士氏がJSNDIの会長であった昭和58年(1983年)といえば、私がこの業界に入って間もないころです。資格をひとつ取ったか取らないかの時のJSNDI会長ですから、田舎の新人検査員にとっては雲の上の人です。富士岳という名前から、雲上人らしいお名前だなぁ、程度の認識でした。
 その後、私が今の職場に移ってから、大会等の懇親会で何度かお目にかかったことがあります。富士岳氏の業績は、JSNDIの創設からその後の発展と重なって数々あるようです。
 私は、富士氏の功績について多くは知らないのですが、非破壊検査技術をわかりやすく知らしめるために尽力をされて道筋をつけられた稀有の方として尊敬しています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "追悼 富士岳 氏"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超音波探傷実技特訓開始

 11月に入って、勤務先では非破壊検査資格の2次実技試験が立て続けに行われます。
今日から放課後を使った実技特訓を本格的に開始しました。今回は超音波探傷レベル1実技試験に52名が挑戦します。

Cimg4369

今回北海道はRタイプの探傷器が試験に使われます。勤務先では、Rタイプは1台しか保有していません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "超音波探傷実技特訓開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »