« つるべ落とし 晩秋の夕陽 | トップページ | 「非破壊検査の基本と仕組み」 »

自作パルスジェットエンジンの試み

 学生の課題研究で、パルスジェットエンジンの自作を試みているチームがあります。
パルスジェットエンジンは、圧縮機を持たない簡単な構造のジェットエンジンで、間欠燃焼をします。試行錯誤で始動条件を探り、本日ようやく自律運転になりました。U字型のバルブレスパルスジェットエンジンです。

Pulsejet1_2

 動画は続きで・・・。その前に

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

はじめに燃料のLPGとコンプレッサーエアーを入れています。コンプレッサーエアをはずしても、間欠燃焼を継続しています。こうなると点火プラグの電源を切ってもOKです。

まあ何とか自律運転になっています。燃料投入口をどこにするが良いのか、探っていくようです。このような構造的には単純なものでも、実際に作ると学ぶことはいくつもあります。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在2位。

|

« つるべ落とし 晩秋の夕陽 | トップページ | 「非破壊検査の基本と仕組み」 »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
おもしろいものをつくられましたね。
いまいち原理がわかっていないのですが、燃料とエアを高速で吹き付けるだけなのですか??

ちょっと調べてみたところ、自作に挑戦している人が意外といるようでさらに驚きました。

投稿: KADOTA | 2010年11月10日 (水) 21時42分

私もちゃんとわかっているわけではありません。
爆発的燃焼に伴う衝撃波に近い波の粗密の繰返しによって圧縮効果が間欠的に出てくるのだろうと想像しています。

>燃料とエアを高速で吹き付けるだけなのですか??

燃料は高速ではありませんが、圧縮空気を吹き付けるだけです。これはバブルレスですから、燃焼器と称する所で断面形状が変わっていますが、基本的にただの寸胴です。
こんな単純な構造で、2サイクルエンジンの良い音がしますね。
今回は動かすようにするところまででしたが、分析していくと結構楽しめそうなものです。

投稿: SUBAL | 2010年11月11日 (木) 04時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/49975699

この記事へのトラックバック一覧です: 自作パルスジェットエンジンの試み:

« つるべ落とし 晩秋の夕陽 | トップページ | 「非破壊検査の基本と仕組み」 »