« 温泉 山ごもり | トップページ | 北海道新聞に »

温泉宿の食事

 2泊3日の温泉山ごもりをしてきましたが、食事はあまり期待していませんでした。温泉宿の食事であまり美味しいものを食べた記憶が無いからです。北海道の温泉宿では、刺身・かに・ウニなどが出ますが、海辺で育った身からすると「これは北海道の味ではない!」と声にならない声で叫びたくなることが多いのです。見た目や雰囲気だけの料理、大量生産の効率性と保存性(食中毒予防)が前面に出てくる料理が多いのです。最悪なケースでは、刺身からホルマリンの匂いがかすかにだけどしているというのまでありました。
 格安の料金プランで泊まるのに、料理を期待してはいけない、栄養源として補給できれば良いと考えていました。この予想は、今回見事に良い意味で裏切られました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 今回は最安料金の和食プランを頼んでいました。
こちらが2日目の夕食献立。

Cimg4630

 そしてこれが最初に出された料理です(左にある鍋が画面からはみ出しています)。

Cimg4631_2

 鍋の「鯖焼き船場」を小鉢にもったところです。

Cimg4633 少し焼いてある鯖と大根・にんじんそれに程よく出汁のきいた汁、よくあっていて体に染み込むようです。どの料理もいわゆる「高級食材」は使っていないのだけれど、今までに食べたことのない味でいながら体が喜ぶのがわかる美味しさなのです。料理人の知恵とこだわりが伝わってくる感じがしました。

 この日の最後に出てきたのが「柳葉魚(シシャモ)のおどり揚げ」でした。新鮮な生のシシャモを揚げたものですが、これが絶品。これぞ北海道の味ですよ。写真がピンボケなのはご愛嬌ということで・・・。 

Cimg4634_2

 今回は食事も大満足な、国民休暇村でした。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在2位。


|

« 温泉 山ごもり | トップページ | 北海道新聞に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/50356588

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉宿の食事:

« 温泉 山ごもり | トップページ | 北海道新聞に »