« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

テオ・ヤンセンのミニビーストとデルフト工科大学

学研の「大人の科学」vol.30テオ・ヤンセンのミニビーストを買いました。

 息子が組み立ててくれました。うちわの風で歩き始めます。動画では見ていましたが、やはり目の前で動き始めるとある種の驚きと感動があります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "テオ・ヤンセンのミニビーストとデルフト工科大学"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

超音波モーターとレイリー波

 昨日公開したソフトに少し手を加えて、バージョンアップしました。波の進行と各点での振動の仕方をよりわかりやすくしました。 

Modes_of_sound_wave_propagation2 このレイリー波の振動は、超音波モーターとして応用されています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "超音波モーターとレイリー波"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音波伝搬モードとアニメーション

 音波伝搬モードを表示するソフトウエアを公開します。近々刊行予定の本の挿絵のために作りました。

Modes_of_sound_wave_propagation

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "音波伝搬モードとアニメーション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A380

卒業生のS君からメールが来て、正月はヨーロッパへの出張だったとか。その際、成田との往復便がエアバスA380だったそうです。

P1010248

私はまだA380の実物を見ていません。写真で見てもやはり巨大ですね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "A380"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

著者冥利

「骨身を削る」とか「心血を注ぐ」ということばがありますが、今の私にとって1冊の本を書くという行為はまさにそんな感じです。たぶんもう少しリラックスして書いたほうが、よりよいものができるだろと直感します。

それでも著者にとって嬉しいのは、やはりなんといっても広く読まれることです。広く読まれるということは、その中に本に書いた内容に強い関心を持ち、自らの学習や場合によっては研究に何らかのヒントを得てそれらを前進させるきっかけとする読者も現れてくる可能性があるのです。

昨日は、昨年5月にこちらの記事にしたメールをきっかけに半年以上にわたってメールのやり取りをしてきた若い読者の人と、東京駅近くで会ってきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "著者冥利"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上京

昨日勤務終了後上京しました。プラス気温です、やはり暖かいですね。

Cimg4653

 夜の空港、好きな光景です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "上京"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

精神を消耗する肉体労働

 失われたUSBメモリー内のデータをリカバーする作業、ようやく終わりましたcoldsweats02。ほとんど肉体労働に近い。単純作業の肉体労働は嫌いではありません。血もめぐりが良くなるせいですかね、単純作業をしているときにそれまで行き詰っていた問題を解決するアイデアがひらめくことがあります。でも、このデータ回復作業はそうは行きません。精神を鑢で削るように消耗させてくれます。もちろん、リカバリーされたデータのほうが失われたものより良くなってはいます(多分)。

Cimg4648

 写真の上のほうがデータが消失したUSBメモリー、[Turbo Vaccine KINGMAX 4GB]です。下が3年間使ってきたUSBメモリー2GBです。今はこのUSBメモリーを使っています。これを簡単に分解してみました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "精神を消耗する肉体労働"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

USBメモリーからデータが消える

 USBメモリーの中にあったデータが消えて無くなりました。USBハブに差し込んだら、

Usb 突然、こんな表示が出てくるのです。「・・・フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」って、ご冗談でしょうと思ってディスクのプロパティーをみると、使用領域0バイト、開き領域0バイト、となっています。1.2GBのデータが消えてしまいました。6日前にバックアップを取っていたものの、6日間の作業は水の泡です。

 実は、USBメモリーには書き込み回数に限界があるらしいと知って、3年間重宝して使っていたUSBメモリーに「ご苦労さん」ということで新しいものを購入して使い始めたのですが、壊れたのは新しい方、購入して10日程度ですcrying

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "USBメモリーからデータが消える"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

二次試験結果 

 非破壊検査技術者資格試験の22年度秋期試験結果速報がJSNDIのHPに掲載されました。勤務先では超音波探傷レベル1を52名受けていましたが、51名が合格していました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "二次試験結果 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャピラリー波と監獄脱獄ロック

 某所のポンプが調子が悪いということで見に行きました。遠心ポンプですが、どうも芯ずれを起こしているようです。そのポンプが回ると異常振動が生じます。その影響で、呼び水カップの水面にキャピラリー波が起きていました。対処はするとして、とりあえず面白いので動画を撮りました。

水の挙動が、音楽のようにもダンスのようにも見えたので、BGMをつけてみました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "キャピラリー波と監獄脱獄ロック"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SN線図とパリス則

 ネット検索をしていると有益な情報を得られることがあります。たとえば、Newman-Rajuで検索すると、Newman-Raju解として有名な論文そのものをPDFファイルで手に入れることが出来ます。その論文を参照して、疲労亀裂に関する自己評価では良くできたソフトウエアを公開することが出来ました(こちら)。
 もちろんガセネタもいっぱいあります。技術的な質問に答えるページの中にこんなのを見つけました。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当方,パリス則を用いて設備の亀裂進展計算を行っております.
そこで,使用している材料(SF45)の材料定数(C及びm)を探しているのですが,見当たらず困っております.
パリス則に用いる材料定数が載った文献等ご存知でしたら,お教え頂けないでしょうか?
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

パリス則の材料定数(C及びm)は文献を当たってもなかなか出てきませんから、このような質問はありうることかと思います。実際私もSF45のパリス則の材料定数(C及びm)のデータはもっていません。驚いたのはこれに対する回答です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "SN線図とパリス則"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

喜びも悲しみも幾歳月

 昨年末に女優高峰秀子氏が亡くなったと報じられています。私が最初に見た映画が「喜びも悲しみも幾歳月」でした。昭和32年封切りのようですが、北海道の田舎の映画館ですからその数年後、記憶では小学校の低学年でした。船の安全航行を守るため人知れず毎日灯りを守る燈台守の夫婦の物語を描いたこの映画は、主題歌とともに記憶の底に深く刻まれています。 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "喜びも悲しみも幾歳月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛卯の新春

 あけましておめでとうございます。バックの写真は、我が家の庭の花です。迎春といいながら秋の花ですが・・。

2011ny2

今年の干支は辛卯、そうですついに私も60進法で一桁上がってしまいました。
 光陰矢のごとし、少年老い易く学なり難し、若いころよく言われて、そんなもんかいなと思っていましたが、実感として理解できてしまいます。
 まだまだ隠居をするつもりもないし、隠居できる身分でもありません。昨夏、富岡八幡を訪れて伊能忠敬の足跡を追って、ここからだという意を強くしました。
 55歳のときにこのブログを始めて次の年から単行本の執筆を開始しました。このところ3年連続年末年始は原稿書きです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "辛卯の新春"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »