« A380 | トップページ | 超音波モーターとレイリー波 »

音波伝搬モードとアニメーション

 音波伝搬モードを表示するソフトウエアを公開します。近々刊行予定の本の挿絵のために作りました。

Modes_of_sound_wave_propagation

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 特にレイリー波の図解はあまり見られないので、ぜひともやってみたかったわけです。本文の説明にはあまり大きく影響しないので、なければなくても良いのですが、やりたくなってしまいます。こんなことをやっているから遅い筆がさらに遅くなってしまうのです。
 およそ10年前「超音波探傷入門」をプログラミングしたときに縦波・横波のアニメーションを作りました。このときには16枚の画像を作ってそれをまわすかたちでした。当時のパソコンのスペックでは、ポイントの座標を計算してプロットする方法では、スムーズなアニメーションを描画できませんでした。
 今回は、計算しながらプロットしています。表面波の画面では、1画面2000点で1秒間に15画像を作っていますから、1秒間に3万点の座標を計算してプロットしていることになります。作った本人が「オー!これで動いちゃった」と驚いています。

P.S.改定情報

1. ある点での振動がわかりやすいように点を大きくしました。(1/29 Ver.1.0.5)

「modes_of_sound_wave_propagation.zip」をダウンロード


にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。ダウン気味で現在4位。

|

« A380 | トップページ | 超音波モーターとレイリー波 »

プログラミング」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/50711650

この記事へのトラックバック一覧です: 音波伝搬モードとアニメーション:

« A380 | トップページ | 超音波モーターとレイリー波 »