« トレンチの中に | トップページ | 新年度・最後の年度 »

「物理実験」本とWiiリモコン

 東京理科大学川村研究室から本が送られてきました。「理科大好き 物理実験 力学編」というタイトルで、講談社から発刊になったばかりの本です。

Rikasuki

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 この本には60の手作り実験の装置と実験の仕方、ワークシート、実験のまとめ方が載っています。加速度をテーマにした実験もいくつかありますが、その中にWiiリモコンとその加速度をパソコンに取り込むソフト「WiiAcc」を使った実験も掲載されています。昨年川村ゼミの草田さんという学生さんから「WiiAcc」を使うことへの承認を求めたメールが来ました。こういう目的で使ってもらうのは、大歓迎で快諾したのは言うまでもありません。
 この本は、川村研究室の「サイエンス・コミュニケーション特別演習ゼミ」で行われた内容をまとめたものとのことです。小学生から高校生までを集めた「実験教室」を開いて実践的な研究を行ってきたのだそうです。
 アイデアあふれる実験案がたくさんあります。私はMDなどの薄いプラスチックケースと水を使った「手作り加速度計」や、ゴム風船を使った「重力場モデル実験」などが面白いと思いました。
 草田さん他5名の学生さんの共同執筆で、川村康文教授が編集した本になっています。卒業論文と同時に本を執筆するなんてなかなかない体験でしょう。草田さんは4月から教壇に立つとのことです。科学技術を正しく楽しく伝えるアイデアと情熱にあふれた先生の誕生にエールを送りたいと思います。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在4位。

|

« トレンチの中に | トップページ | 新年度・最後の年度 »

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おおー!自分の関わった仕事が本に掲載されるってうれしいですね!!

どんな実験で掲載されているのか、書店でチェックしてみます。

投稿: 平田敦 | 2011年3月31日 (木) 05時01分

Wiiリモコンの活用は、2例掲載され、そのほかにも手作り感のある実験がたくさん載っています。
こういう活用の仕方はうれしいですね。物理教育から「実験」が消えていっているという話も聞きます。こういう流れに抗して頑張っている先生たちのアイデアをくすぐるものになってくれればうれしいですね。

投稿: SUBAL | 2011年3月31日 (木) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/51259719

この記事へのトラックバック一覧です: 「物理実験」本とWiiリモコン:

« トレンチの中に | トップページ | 新年度・最後の年度 »