« 「非破壊検査」本の再校 32ページのリストラ | トップページ | ボーイング737の天井に穴 »

交通網の復活と破壊力学の本

 未曾有の災害、経済への打撃、見通しの立たない避難と復興・・・・と暗いニュースが続きますが、そんな中でも交通インフラの復旧は目覚しいものがあると思います。震災後何日間、北海道は陸路と海路が絶たれて空路だけの孤島と化していた時期がありました。しばらくは陸送の宅配便は大幅に遅れることを覚悟しなさいといわれていました。今朝アマゾンで購入した本が届いたのですが、佐川急便のトラック便で中1日で届いていますから、震災前に完全復帰です。
 購入したのは3月12日に新刊となった、T.L.Anderson著「破壊力学 基礎と応用 第3版」です。

Fracture_mechanics

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 この本の原著の存在は知っていましたが、購入していませんでした。先ほど届いたばかりですから、ぱらぱらとめっくって見た程度ですが、期待した内容が書いてあるようです。
 前半は私の「破壊工学」本で書いた内容とかぶるところが多いので、苦労なく読めそうです。ちなみにAmazonのこの本のページで「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のコーナーには、「破壊工学」本が並んでいます。
 本の帯に「破壊現象の理論的背景と、実用上の問題を総合的に解説」とあります。日本の破壊力学の教科書は、「理論的背景」のほうに偏りすぎているように私は感じています。この本に書かれている「実用上の問題」に期待して勉強をしたいと思います。Newman-Raju の解やASTM E399の諸問題についても載っています。ここまで書くと、630ページを超える大著になってしまうのでしょうね。
 勉強することが多くて大変ですが、学ぶことの楽しさを知ってしまった以上もう仕方がありません。若いころにこの楽しさを知っていれば、などというニラレバ炒めはなしにして、コツコツやっていきましょう。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。ありがとうございます。おかげさまで現在1位。

|

« 「非破壊検査」本の再校 32ページのリストラ | トップページ | ボーイング737の天井に穴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/51288463

この記事へのトラックバック一覧です: 交通網の復活と破壊力学の本:

« 「非破壊検査」本の再校 32ページのリストラ | トップページ | ボーイング737の天井に穴 »