« 大阪見聞録その2 | トップページ | 郡山城の石垣 »

大人の修学旅行

 今は色々なプランがあるようですけれど、私たちのころは北海道の高校の修学旅行といえば京都・奈良が定番でした。旅館での枕投げと、帰りに泊まった東京での夜の自由行動時間が最大の思い出。神社仏閣めぐりは、全てつまらなかったとまではいわないけれど、まぁ歴史の授業の延長みたいなもので、特に強い印象は残っていませんでした。

 今回は、大阪での超音波探傷技術講習会のあと、滞在を延長して神戸と奈良を旅行してきました。前日大阪城を案内していただいたH先生と一緒です。実に楽しかったです。こんなに感動し、知的興奮を覚え、充実した日を1日を過ごせたのは何年ぶりだろう。1日がとても長く感じられました。ホテルに着いてお風呂に入ったらそのままバタンQ。先ほど目が覚めました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 昨日行ったのは神戸と奈良。

 神戸では「竹中大工道具館」、奈良の訪問先は法隆寺と中宮寺です。

Ca3g0209

こちらは、竹中大工道具館の展示の一部です。 そしてこちらは御存知法隆寺です。

Ca3g0215

 滞在時間は、神戸が2時間強、法隆寺ではおよそ3時間。どちらもブログ記事にすると数十本になりそうな勢いです。もちろんそんなには書きませんが、忘れないうちにいくつかの記事にはします。

 それほど面白かったのは、どちらも案内ボランティアの方についていただいたからです。どちらも個性の強い方でしたが、経験と学びに裏打ちされた薀蓄が深い。それと、こちらも高校生のときよりはずっと色々なことを学び、今回は学ぶテーマを持って見学をし、お話を聞いたからだと思います。教えることと学ぶことは、いかなる場合も相互関係だと思います。時を距てて、数十年前に気がつかないうちに植えつけられていた種がいくつかの実を結んだ、そんな大人の修学旅行でした。

 夜は、某企業の方と落ち合って食事をしながらH先生を含めて歓談しました。 私は阪大へは行っていませんのでH先生と直接の師弟関係はありませんが、勝手に恩師と思っています。某企業の方は、年齢的には私の半分以下(?)で私の勤務先とは全く関係の無い人ですが、私の優秀でまじめな教え子の一人だと、これも勝手に思っています。世代を超えた歓談の中から何かが生まれてくれば面白いのですが・・・。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。おかげさまで現在1位。

|

« 大阪見聞録その2 | トップページ | 郡山城の石垣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

奈良では貴重なお時間をどうもありがとうございました。こんなにリアルな話を聞けるチャンスはめったにないので、私のブログでも印象に残った内容や、自分としてのやりたいことを書き留めておこうと思っています。とても有意義な時間でした。ちなみに私は先生の年齢より半分以下まではいかないです。今年の9月で+1です。。。

投稿: ニコニコ | 2011年5月 7日 (土) 22時02分

ニコニコさん こんばんは

 私が非破壊検査に出会ったころに生まれて、今その歳になられたということですね。なんだかうらやましい。未来に向けた持ち時間は、可能性とその実現に自らの意志の力で置き換えることが出来ますから・・・。おじさんも筋肉痛にならない程度にがんばらねば・・・。

投稿: SUBAL | 2011年5月 9日 (月) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/51600634

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の修学旅行:

« 大阪見聞録その2 | トップページ | 郡山城の石垣 »