« 大人の修学旅行 | トップページ | 大阪の書店で »

郡山城の石垣

 7日に北海道に帰ってきました。大人の修学旅行の最終日は、大和郡山城跡へ行ってきました。
 天守閣等の建造物はないのですが、石垣や堀は残っています。

Ca3g0229 天守閣を支える石垣です。

Ca3g0228

 コーナーの部分の石は、ややテーパーをつけた平面に加工されて、下に行くほど大きくなっていています。前々日にみた大阪城の石垣に比べるとラフに作られている印象があります。それでも数百年持っているのですからたいしたものです。石垣をどうやって積み上げるのだろう、H先生と想像力を働かせながら「議論?」を交わしました。

 天守閣跡では、京都から来たという中学美術部の生徒さんがスケッチをしていました。

Kouriyama

 奈良の都を一望する古城でスケッチをする。いいなぁ。美術の教員になりたいと思ったこともありました。スケッチ旅行の引率・・・楽しそうじゃぁないですか。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

ポチッとクリックで応援

 このお城に行くのなら見ておいたほうが良いですよ、とタクシーの運転手さんに言われたのが「さかさ地蔵」。裏側に当たる天守閣石垣にあります。

Ca3g0226

 石が不足して、お地蔵さんの石まで使ったということです。

Sakasajizou お供えをしてあるところが穴になっていて覗けますが、穴の上側、斜めになった台形の石が見えます。これが、お地蔵さんの土台部分です。あなから覗いて見た写真です。

Sakas__ わかりますでしょうか。奥のほうに丸いお地蔵さんのお顔が見えます。

 話しながら見学していると、先ほどの中学生が声をかけてきました。

Girls_on_the_tensyu このお城は、遠くからの修学旅行生がくるところではないでしょうね。歴史的な建築技術を探る今回の大人の修学旅行の最後には適した場所でした。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在3位。

|

« 大人の修学旅行 | トップページ | 大阪の書店で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/51621703

この記事へのトラックバック一覧です: 郡山城の石垣:

« 大人の修学旅行 | トップページ | 大阪の書店で »