« 就職試験面接指導の真髄 | トップページ | 花むくろ »

iPad用タッチペンを試す

 iPadをアイデアノートとして活用するために、専用のタッチペンを購入しました。

 早速使ってみました。確かに書ける。指で書くよりは具合がよい。amazonのレビューによれば、他の商品よりは書きやすさという点で優れているようです。

Ca3g0254 ただ専用ペンで書いても、指で書くときと同様である程度の大きさで書かなければなりません。用紙としては出力時でA4ですから、この大きさではノートとしては使えません。拡大して書くという手順を踏むと3行目のようになって、これだと程々でしょうか。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 もうひとつ。このペン、先が小さなゴムボールのような半球になっていて強く押すとつぶれる。軽くなぞるように書かなければなりません。あまり軽すぎると線が出てこない。線を引くときにゴムと表面のフィルムとの間の微妙な摩擦抵抗が気になる。ペンで書く、という感覚とは少し違うもどかしさを感じます。
 もう少し何とかならないか。代替の何かはないのか。手持ちのものでいろいろ試してみました。ペンの代わりになりそうな候補はいくつか出てきました。 

Ca3g0255 ここで突然ですが、クイズです。上の写真にある4つのもので書いてみましたが、そのうちひとつだけペンにならないものがあります。それはどれでしょう。(注:写真の下側をペン先として使いこととします)

① 単3電池

② 単4電池

③ ボールペンの頭

④ カーペットの切れ端(フェルト)

iPadを持っていない方も想像してみてください。これだと思った方はコメント欄に書き込んでください。数日後に解答を記事にします。

この実験を行う過程で、一時的にではありますがタッチパネルに不具合が起きる現象が出ました。場合によっては保護シートを傷つける可能性もあります。この実験で故障したとしても当方は責任を負いかねますので、その点よろしく。悪戯心のある方は、あくまでも自己責任でどうぞ。 

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在3位。

|

« 就職試験面接指導の真髄 | トップページ | 花むくろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
直感的にfourと言いたいところですが、oneの単3にしてみます。画面には書くことは出来そうですが径が太いから、線がおかしなことになりそうな・・・。と、トップバッターに書いておきます。。。

投稿: ニコニコ | 2011年6月 5日 (日) 03時32分

こんばんは。
スマホ持ちですがタッチペンは試したことがありません。
心理学的に攻めてみます(理系失格です)。
乾電池が2種類。これがアヤシイですね。
①か②のどちらか。
トップバッターさんが①なので、2番手は②で。

投稿: niwatadumi | 2011年6月 7日 (火) 21時33分

ニコニコさん niwatadumiさん 

クイズへの参加ありがとうございます。もう少し待ってて解答記事を書きたいと思っています。

投稿: SUBAL | 2011年6月 8日 (水) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/51851859

この記事へのトラックバック一覧です: iPad用タッチペンを試す:

« 就職試験面接指導の真髄 | トップページ | 花むくろ »