« ロボコンマガジンにWiiAccが | トップページ | 業界紙に »

五弁の白い花とヒグマ

 我が家の庭に、白い花が咲いていました。

Ca3g0274 可憐かつ清楚で美しいなぁと思うのですが、名前が分かりません。私は花の名前は疎いほうで分からないのは良くあることですが、家人に聞いても分かりません。苫小牧市の道端にはよく咲いている花のようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 苫小牧市といえば、市街地に熊が出没しているとのニュースが流れています。苫小牧民報の記事より.

*********************************************
苫小牧市内中心部でヒグマ目撃相次ぐ

 18日未明から明け方にかけて、苫小牧市東部の市街地でヒグマの目撃が相次いだ。現場はいずれも住宅街や商業施設の近く。苫小牧署や市、地元猟友会で構成する市ヒグマ防除隊が約50人体制で周辺を警戒した。今のところ被害は確認されていない。

 同署によると、同日午前1時50分ごろ、道道上厚真苫小牧線を沼ノ端方向に走行中のトラック運転手が、前方で南から北へ横断するヒグマ一頭を目撃。続いて同3時30分ごろには、国道36号を千歳方向に走行中のタクシー運転手が、国道沿いや付近の道路沼ノ端方向へ歩いているクマを目撃した。

 さらに、同4時10分ごろ、拓勇西町の住民から「川の方向に向かうヒグマを見た」という通報が苫小牧署に入った。

 情報を受けて市ヒグマ防除隊が未明から現場を調べたところ、明野元町の明野川沿いなど足跡を発見。上流へ向かう足跡をたどると、2キロ先の勇払川につながる地点まで点在していた。ヒグマが向かった方向から、市街地に入り込んだ後、森へ戻ったとみられ、市や防除隊は同5時45分に警戒態勢を解除した。

 ヒグマは体長約2メートルで、足跡の大きさから5歳ほどの成獣とみられる。被害は確認されていない。ヒグマの苫小牧市街地への侵入は、2003年11月以来。

*********************************************

郊外の山道での目撃情報は毎年あるのです(熊が出るというより熊の居住地域に人間が入り込んでいるというほうがたぶん正確)が、市街地にはめったに出てきません。2003年といえば十勝沖地震で出光石油北海道製油所(@苫小牧)の石油タンクが大火災を起こした年です。このときは黒い煙が山のほうまで行きましたからね、「熊も心配で様子を見に来たのでは」などといっていたのです。そのときも今回も我が家の近くをニアミスしているようです。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在3位。

|

« ロボコンマガジンにWiiAccが | トップページ | 業界紙に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この白い花、どうやら夏雪草という名前らしいです。メールで教えてくれる方がいました。白耳菜草という名前もあるそうですが、夏雪草という名前のほうが雰囲気ありますね。ただ、雪の結晶は六角形、花は五弁。このあたり不思議というか面白い。

投稿: SUBAL | 2011年6月20日 (月) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/51980498

この記事へのトラックバック一覧です: 五弁の白い花とヒグマ:

« ロボコンマガジンにWiiAccが | トップページ | 業界紙に »