« 読者からのメール | トップページ | iPadタッチペン自作の試み »

読者からのメールへの返信

 この前の記事「読者からのメール」で紹介した方は、非破壊検査業界に入って10年でJIS Z 2305に基づく非破壊検査技術者資格のうち全6部門のレベル2、4部門のレベル3を持っておられる方です。資格取得のスピードは、私のおよそ2倍ほどです。昼間現業で働きながらですからね。その努力を想像すると、頭が下がります。
 メールに対する私の返信です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

メールありがとうございました。
 「絵とき 非破壊検査 基礎のきそ」読んでいただいた上に、感想まで寄せていただきありがとうございます。こういうお便りをいただくと、苦労をして本を書いた甲斐があったと、嬉しくなるとともに励みにもなります。

 この本は初心者に向けに書いていていますが、いくつかはプロの読者に向けたところもちりばめてあります。
 軽いところでは、RTの濃度計の表示の件です。あれは使うたびに「何じゃこれは」と思っていたことをさりげなく(?)書きました。機器メーカーの開発者が現場を知らない、という他の機器にも時折見られる傾向の象徴だと思っています。
 ご指摘のDC10の事故に関するところもそのひとつです。この事故に関しては、いくつかの文献にも載っていますが、実際に検査をしたことがある人の視点で書かれたものは私の知る限りありませんでした。「学びを忘れた経験はときとしてとんでもない落とし穴にはまることがある」という記述は、自分への戒めでもあり検査技術者へのメッセージでもあります。よくここを読んでいただきまして、嬉しいです。

>第8章「事故と非破壊検査」の部分だけで次の本を作って欲しいです。

 はい、私もいつか書きたいと思っています。今回も掲載するつもりでいた事例で紙面の都合でやむなく削除した事例が3つありました。事故と非破壊検査とのかかわりは、私自身が検査屋として働きながら勉強していたときに知りたかったことでもあります。
 少し言い訳をさせていただくと、今の私は自分が書きたいものを本として出せるほどのネームバリューはありません。実は、最初に出版社の方と会ったときに「非破壊検査」に関するやさしい解説本を書かせてほしいとお願いしたら「それでは読者層が限られて売れる見込みがありません」と断られました。3冊書いてようやく出版できたわけです。すぐというわけにはいかないかもしれませんが、望みを強く持って粘り強く活動を続けてゆきます。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。かろうじて現在2位。

|

« 読者からのメール | トップページ | iPadタッチペン自作の試み »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
鉄道業界の経験があり非破壊検査の業界をこれから経験するものです。
「絵とき 非破壊検査 基礎のきそ」とJRの「レール溶接部の非破壊検査要領(2004年版)」
に興味を持ちまして、購読しようと思います。
前者は購入先がわかりましたが、後者は、鉄道施設協会かな?とも思うのですが、
はっきりわかりません。そこでお願いなのですが、
ISBNのコードや、出版社などの情報をお教えいただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: 鉄道保線屋 | 2011年6月13日 (月) 11時43分

鉄道保線屋 さんこんばんは

レール溶接部の非破壊検査要領はISBNのコードがついて市販されているものではありません。保線関係のお仕事をされていたのであれば、そちらの筋に問い合わせるのが早いと思います。私は、ある友人から提供してもらいましたが、それをここで公開することはできません。あしからずご了解ください。

投稿: SUBAL | 2011年6月13日 (月) 23時41分

ご回答ありがとうございます。了解いたしました。
鉄道溶接屋さんへも問合せてみまようと思います。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 鉄道保線屋 | 2011年6月15日 (水) 08時42分

昨日、「絵とき 非破壊検査 基礎のきそ」を購入しました。
早速、読破しようと思い楽しみにしております。
また、質問などあるときには、よろしくお願いいたします。

投稿: 鉄道保線屋 | 2011年6月15日 (水) 08時45分

鉄道保線屋 さん

「絵とき 非破壊検査 基礎のきそ」の感想などお寄せください。

投稿: SUBAL | 2011年6月15日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/51914606

この記事へのトラックバック一覧です: 読者からのメールへの返信:

« 読者からのメール | トップページ | iPadタッチペン自作の試み »