« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

ターボファンエンジン(CF6-80C2)のCG

 最近はプログラミングが忙しくてCGを作れていません。今日は高専の見学会へ行ってきて、POV-RAYの体験学習をしてきました。POV-RAYは10年ほど前に少し勉強をしたことがあって、「超音波探傷入門」ソフトウエアの中で使ったりもしました(たとえばこちらの前面パネル)。久しぶりなので、勘がよみがえったころには終わっていました。POV-RAYは、CGを作るフリーソフトですが、C言語とほぼ同じなので、Cへの導入として使われているようです。
 私は今、ShadeでCGを作っています。このブログでもいくつか公開していますが、使わせてほしいとの問い合わせが多いのは、ターボファンエンジンCF6-80C2のこのCG(クリックすると回るアニメーションになります)です。

Jetengine 以前は、溶射機材メーカーの方から「社内研修用のプレゼンテーション素材として使わせてほしい」との問い合わせがありました。今回は、次期輸送機XC-2を紹介するHPに掲載させてほしいとのリクエストがきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ターボファンエンジン(CF6-80C2)のCG"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国高速鉄道の事故

 中国高速鉄道の事故自体は、そう驚くことではありませんでしたが、事故車両を壊して土に埋めたのはやはり唖然としましたね。
 どのような立場の人の決断と命令だったのかはわかりませんが、事故を早く無きものにしたいという意志が働いたといえるでしょう。事故が起きたら事故原因を解明して再度起きることを防ぐ、そのためには現場の保存と記録がまずなされなければならない、という常識が通用しない世界があらわになってしまいました。
 事故の直接の原因とは別に、事故を生み出す組織の要因の一端を見せたといえるでしょう。もしかしたら直接の原因より核心なのかもしれません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "中国高速鉄道の事故"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVアナログ放送終了

 アナログテレビ放送が今日で終了するということですね。テレビ放送開始から58年で、ほとんど私の人生と重なります。

 私が小学生のころは、テレビを持っている家庭は少なくて、話題になる番組があるときはテレビのあるうちにいって見せてもらうか、電器屋さんへいってみるかしかなかったわけです。小学生になってからですかね、我が家にテレビが入ったのは。指折り数えてその日を楽しみにしていたのを覚えています。

そのころ見ていた番組は「バス通り裏」「チロリン村とくるみの木」「ジェスチャー」少し後かもしれないけれど「ララミー牧場」・・・中学生のころでは「ひょこりひょうたん島」「ベンケーシー」「逃亡者」「コンバット」などです。

 よくテレビは見ましたね。日曜日の定番は「兼高かおる 世界の旅」でした。私らの年代が、テレビとともに育った「ネイティブTV」世代の先駆けでしょう。

 カラーテレビになったときはやはり「時代が変わった」という印象がしました。3Dテレビはそのときと比べて画期的という感じはしません。

 ところで我が家の地デジ対策ですが・・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "TVアナログ放送終了"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

外気温13℃の新千歳空港に帰還

 水曜日の夜に帰ってきました。台風6号によるの影響で羽田空港は滑走路が1本しか使えず、20分ほど出発が遅れました。
 羽田空港では、およそ2時間の待ち時間がありました。こういう時間は本を読むことにしています。ところが出発ロビーの中が暗い。私のカンピュータによる計測では、200ルクスを下回っています。細かい文字を読むには、労働安全衛生法の規定によれば500ルクスの照度が必要です。

Ca3g0336

 売店横のオープンラウンジだけが明るいので、飲み物を買って読書をすることにしました。こういう場所を用意しておくのなら、ほかはあの程度の照度でも良いのですがね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "外気温13℃の新千歳空港に帰還"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世相漫画

 東京滞在最終日です。昨日はNHKのドラマ10「下流の宴」最終回を見ました。面白かったですね。時代の空気を漫画化して見せていました。昭和の母親にあったある要素を抽象化して濃縮して若干コミカルに演じるという点では、黒木瞳はよい味を出していました。

 今の子供の象徴として福原翔と宮城珠緒というキャラクターの設定は原作者の林真理子のうまさなのでしょう。感動するというドラマではありませんが、昭和世代で今の若者に日々接している私としては色々と考えさせられる時間でした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "世相漫画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京でバナナ

東京滞在4泊目です。今回は体力温存も考えて見学や人と会うことも控えて外出自粛。基本的にホテルにこもっています。それでも、ここに来て少々バテ気味です。決して、昨日女子サッカーの生中継ヽ(´▽`)/を見たからではありませんcoldsweats02

 外で食事をしてコンビニで飲み物等を買ってホテルに帰るのですが、最近のコンビにでは生の果物を置いているところも多くなってきました。バナナがあったので買ってきました。

Ca3g0325

 これは1本50円。3~4本入って100円前後という場合もあります。 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "東京でバナナ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリーと街角のアイデア

 東京での仕事(超音波探傷講習会)の1日目が終わりました。今回は休日でもありますし、暑いのは嫌いなので、どこへも出かけないと決めていました。ところが暑さはさほど気になりません。講習会場のエアコン設定は28℃でしたが、むしろちょうどよいぐらいでした。14:00にフリーになりまして、元気の素はまだ十分ありましたので、ホテルにこもる予定を変更して東京スカイツリーを見に行くことにしました。何枚か写真を撮りましたが、これが一番かな。

Ca3g0312

さすがに高い。最上部はかすんでいます。この見学は、5月の神戸竹中大工道具館→奈良法隆寺五重塔をめぐる旅の続きであると、私の中では位置づいています。この東京スカイツリーの設計では、五重塔の耐震構造を参考にして、中心部の構造体と外側の構造体の固有振動数が変えてあって、地震で揺れたときに互いに干渉するようになっているとのことです。外側から見るだけではそんなことは分かりませんが、とりあえず実物を見て写真を撮っておく。これから考えを進めていくときの栄養素にはなると思います。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "東京スカイツリーと街角のアイデア"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

B747で上京

 都内ホテルからです。昨日18:30発のANA便に乗りました。

Ca3g0302  機体はB747-400。いわゆるジャンボジェットです。ANAもJALもジャンボの引退を決定しており順次消えていっています。私が20歳になったころ、日本に飛来し以来旅客機の王者として活躍したジャンボが、40年の歳月を経て日本の空から消えようようとしています。40年前に羽田で見たときには、その大きさに驚いたものです。こんな馬鹿でかいものが本当に飛ぶのだろうか、感覚的には違和感を覚えました。

 もちろん40年前に登場したB747は今ではクラッシックジャンボと呼ばれ、すでに引退しています。1985年8月に御巣鷹山に落ちたのはクラッシックジャンボでした。-400はハイテクジャンボと呼ばれ、飛行機としては別物といえるほど違います。それも登場からすでに20年を超えています。潮時かもしれませんね。

 3連休の初日の金曜日の18:30発。さすがに満席でした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "B747で上京"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

センスが良い?

 昨日の最高気温は22℃。さわやかな初夏です。
 今日は、仕事が終了後飛行機に乗って上京します。暑そうですね。特に今年の暑さと首都圏節電のニュースを見ていると、その中に飛び込む自分を想像するだけで憂鬱です。
 上京の準備をしていたら、家人がこれを持って行ったら、と渡してくれたものが・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "センスが良い?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急なアクセス上昇

 このブログの1日のアクセス数は、500~700というところです。ところが昨日は、およそ倍の1430アクセス。こういうことは、利用者の多いサイトに何らかのリンクが張られた場合に起きると、経験上わかります。どこなんだろう、調べてみると・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "急なアクセス上昇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目はしょぼしょぼだけれど、いたずら心も湧いてきた

 久しぶりに週末2日間時間が取れたので、プログラミングに没頭していました。まとまった時間をとって集中をしないとはかどりません。ここまでやると目には相当のダメージがあります。
 それでもこの2日間で一気に進んだ部分があります。完成まではまだ越えなければならない山がいくつかありますが、一番険しいところは超えたので、少し楽しむ気持ちの余裕が持てそうです。何かいたずらを考えようかな。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "目はしょぼしょぼだけれど、いたずら心も湧いてきた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三菱重工が検査の手抜き?

 非破壊検査にかかわるものとしてはあれっというニュースが入ってきました。日本経済新聞の記事より、

*********************************************
三菱重工、国交省から厳重注意 検査工程の規定違反で
    2011/7/8 22:58

    三菱重工業は8日、航空機のチタン部品の検査工程を簡略化するなどの規定違反をしていた問題で、国土交通省から航空法の規定により品質管理を徹底するよう厳重注意を受けたと発表した。国交省が6月30日から7月4日にかけて名古屋航空宇宙システム製作所大江工場(名古屋市)に立ち入り検査し、検査の前処理作業が規定通りに行われていなかったことなどを確認した。

 国交省は三菱重工が国産ジェット機「MRJ」の製造を進めていることもあり、再発防止策や生産管理体制の見直し、出荷済み部品の検査計画などを7月26日までに文書で報告するよう求めた。三菱重工は「原因究明を進め、再発防止や信頼回復に全力で取り組む」としている。

 国交省によると、三菱重工からアルミ部品についても同様の規定違反があったとの報告を受けたという。アルミ部品の規定違反は1989年ごろからで、部品点数は1100種類、13万個にのぼる。チタン部品と合わせると、部品点数は2800種類、46万個にのぼる見通し。
********************************************

 国土交通省の文章、および三菱重工が発表している文章からすると、蛍光浸透探傷検査での前処理として行うエッチングの時間が規定より短かったということのようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "三菱重工が検査の手抜き?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デジタル超音波探傷器のゲートとプログラミング

 他人から見ればたいしたことではないことだとしても、自分にとって困難なことに挑戦をしてそれを成し遂げたときの爽快感は、なんともいえないものがあります。現在デジタル超音波探傷器のエミュレーターを作っていまして、これのめどがようやく立つところまで到達しました。
 手をつけ始めてからすでに1年半の月日が流れています。振り返ってみるといろいろありましたが、何と言ってもデジタル超音波探傷器のゲート機能との格闘だったといえます。
 ゲートというのはアナログ式の超音波探傷器にもありましたが、アナログ式の場合はあるビーム路程(超音波の伝播距離)の範囲に一定高さ以上のエコーの信号が出た場合にランプを点灯したりブザーを鳴らしたりする、いわば罠を仕掛けてかかったら知らせるというトラップとしての機能でした。
 デジタル式でもアナログ式と同じようにトラップとしてゲート機能を使いますが、もうひとつゲートには重要な役割が付与されています。それは、エコーの信号を読み取り探傷器に内蔵された演算部(コンピュータ)に読み取った情報を伝えるという機能です。エコー信号を読み取り計算をすることは、アナログ式の時代では人間が目と脳を使って行っていました。いわば、人間の認識過程の一部を機械にやらせようというわけです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "デジタル超音波探傷器のゲートとプログラミング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーイング787 羽田に飛来

 ボーイングの新型旅客機ボーイング787がテストフライトで羽田空港にやってきたと、ニュースでやっていました。
 ようやくですね。三菱重工が主翼の責任設計と製造を受け持ち、川崎重工と富士重工が胴体と中央翼の製造を分担しています。炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を大胆に使って軽量化が図られています。航空機に使われる材料は、時代の最先端の材料を使っているかというとそうでもなく、意外と保守的です。多少の軽量化や強度の向上が確認できた材料ができてもすぐににそれらを多用することはありません。アルミニウム合金で多用されているA2024(超ジュラルミン)やA7075(超々ジュラルミン)にしても、第2次世界大戦以前に開発された材料です。 
 CFRPは軽さ強さ疲労強度等アルミニウム合金に比べて圧倒的に優れた特性を持っていることが確認されていたのだけれど、たとえばF15などの戦闘機では垂直尾翼に、ジェット旅客機ではスポイラー・エアブレーキなど限定された範囲に使われてきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ボーイング787 羽田に飛来"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さわやかな初夏の風 この時期は北海道!

 本州は暑いようですね。北海道は初夏のさわやかな風が吹いています。松の葉の色も新緑の瑞々しい色をしています。

Ca3g0292 今日は比較的暖かかったですが、最高気温は25℃までは上がってないと思います。電力も足りていますしね。余裕があれば、この時期北海道に来るというのも良い選択だと思いますねぇ。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "さわやかな初夏の風 この時期は北海道!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »