« ボーイング747御巣鷹山墜落事故から26年 | トップページ | ゴム動力羽ばたき飛行機 »

ネットデビュー10年、ブログデビュー5年

 初めてHPを作って情報発信を始めたのが、今から10年前です。自分が発信できる情報とは何か・・・と考えて作ったのが次のサイトです。

 「つまようじブリッジコンテスト

 これは当時勤務先で1年に一度開催していたコンテストに関する情報発信でした。サイト開設から半年後くらいからいろいろな人との交流が始まりました。NHK・日テレ・フジテレビなどで全国放送もされたのも、サイトでの情報発信がきっかけでした。

 もうひとつ作ったのが、こちらのサイト。

 「かたち*あそび

 螺旋を調べるソフト「Spilal」を中心に対数螺旋を考えるサイトです。対数螺旋のつながりで、黄金比に関しても触れています。こちらは人との繋がりという意味では、ほとんどありませんでした。ただ社会的な影響という意味では、多少なりともあったのではないかと密かに思っています。「自然の中の黄金比」を語るサイトの数はほとんど見られなくなりましたし、オウムガイの殻を持って黄金比を語る数学者なるものが出てくる「教養バラエティー」番組も見られなくなりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 ブログデビューは5年前。このブログです。勤務先や隣近所といった普段付き合っている人に語っても「何それ」と胡散臭い顔をされるのが関の山の話題を書き続けて今日まで1179記事。コメントを寄せてくれる人、SUBAL元気かと様子を見てくれる人・・・皆様のおかげで世間的には狭い空間としても、個人の空間としてはずいぶん広く面白いつながりを持てていると感じます。4年前から本の執筆活動を始めましたが、そのきっかけはこのブログを通した交流でした。これまで4冊を刊行しました。

 今年、TwitterとFaceBookのアカウントを作りました。これは今のところ私の体質にあっているのか、わかりません。面白味があることは少しずつわかってきましたが、積極的に入っていこうという気にはまだなっていません。風の匂いが少し違うような気がしますが、とりあえず覗いてみてはいます。

 ネットデビューの5年前と考えると、そういえば1996年でWin95を搭載したパソコンを購入して、ソフトウエアを作り始めた年です。プログラミング・デビューとでもいえるでしょうか。作ったソフトは、このブログでフリーソフトとして公開しているもの以外にも、こちらのリストにあるようなものを作っています。「超音波探傷入門」というタイトルのソフトは、日本非破壊検査協会から同タイトルの本とともに刊行されています。

 パソコンやネットという世界に乗り出すことで、生活と交流の幅がずいぶん違ってきているという感じがします。それと引き換えに、身体的には確実に目が悪くなり、筋肉が衰えています。

 こう振り返ってみると、それ以前もほぼ5年区切りで新しいものに挑戦していることがわかります。5年毎の挑戦といえば聞こえが良いけれども、要するに飽きやすいということかもしれません。ひとところに長くいることができないモンゴル系遊牧民の血が流れている、そう勝手に自己解釈しています。

 還暦を過ぎて、次の5年はどこへ行くことになるのでしょうか。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在3位。

|

« ボーイング747御巣鷹山墜落事故から26年 | トップページ | ゴム動力羽ばたき飛行機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

SUBALさん

10・5周年おめでとうございます。お付き合いで印象に残っているのが黄金比ネタでした。ギリシャ・数学ネタも書かねばと思っています。

今朝の読売群馬版に橘花の記事が掲載されました。
「養蚕小屋で造った 日本初 極秘開発ジェット機」
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20110814-OYT8T00038.htm
養蚕小屋というのが群馬らしいです。

投稿: 271828 | 2011年8月14日 (日) 16時46分

 271828 さん

 ブログ開設当初からお世話になっています。ブログをはじめなければ271828 さんと出会うこともなかったでしょうからね。

 私が一番印象に残っているのは、パルテノン宮殿の柱の継ぎ方の話題です。あれは、5年前、ブログを始めて数ヵ月後のことでした。何だこの話題の広がりかたは、面白すぎて病みつきになりそう・・・と思ったものです。今年5月法隆寺へ行ったのも、7月に東京スカイツリーを見に行ったのも、そのときの麻薬が切れていないからなのです(笑)。さすがにパルテノンまではいけない。
 読売新聞の記事情報ありがとうございました。この話は、前間さんの本の中に書いてあったと思います。
 軍上層部のネ20開発の意図はともかくとして、実務に当たった技術者は、新しいエンジンを自分たちの手で作るという点に力点があった、私はそう見ています。

投稿: SUBAL | 2011年8月14日 (日) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/52087802

この記事へのトラックバック一覧です: ネットデビュー10年、ブログデビュー5年:

« ボーイング747御巣鷹山墜落事故から26年 | トップページ | ゴム動力羽ばたき飛行機 »