« コントロール(制御)の本と超音波のプログラミング | トップページ | ボーイング747御巣鷹山墜落事故から26年 »

キーホルダーにフォールディング・マルチツール

 自宅近くに最近開店したDIY店(ホーマック)へいってきました。用件を済まして店内を歩いていると、面白いものがあったので、ついで買いをしてしまいました。

 フォールディング(folding:折りたたみ)式のマルチツールです。

Ca3g0388  

 キーホルダーの根付が壊れてしまっていたので、ちょうどよいなぁ、と思いました。ペンチ・プラスドライバー・マイナスドライバー・ヤスリ・ナイフが、いずれもミニサイズですが組み込まれています。折りたたんだときの形が、卵形で感触が良いです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 ペンチとして、

Ca3g0384

全展開。

Ca3g0387

 本格的に何かをするというわけではないけれど、ちょっとナイフやドライバーがほしいときがあるものです。そんな実用を考えた、というよりこの金属光沢・メカニカルな美しさに魅かれたというほうが正しいのです。ペンチの柄として使うとき、折りたたんだとき、それぞれのストッパーにも工夫と細工がしてあります。材料はステンレス鋼ですから、耐食性も考慮されてると言えます。磁石に吸着しますから、オーステナイト系ではありません。

 このお値段、300円台でした。アバウト400円と考えて、工場出荷額は小売値段の半分で200円。そのうち制作費は8割として160円。工賃はその半分として、80円。工賃が全部賃金になるとして、時給800円でも1時間に10個作らなければならない計算になります。

 メーカーは、新潟県三条市にある工具メーカーとして名の知れた株式会社高儀。日本で作るのは無理だろうなぁ、とパッケージの裏を見ると「MADE IN CHINA」。当然といえば当然なのだけれど、考えちゃうなぁ・・・・。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在2位。

|

« コントロール(制御)の本と超音波のプログラミング | トップページ | ボーイング747御巣鷹山墜落事故から26年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/52454576

この記事へのトラックバック一覧です: キーホルダーにフォールディング・マルチツール:

« コントロール(制御)の本と超音波のプログラミング | トップページ | ボーイング747御巣鷹山墜落事故から26年 »