« 超音波による非破壊評価シンポジウム | トップページ | アゲハ蝶の幼虫とコントラスト »

鉄道車両の非破壊検査

 日本の新幹線は開業以来乗客の死亡事故を起こしていませんが、そのことを陰で支えている非破壊検査がどのように行われているかはあまり知られていません。
 産報出版が出している「検査機器ニュース」の第1214号に、鉄道総合技術研究所の牧野一成氏による「鉄道車両における非破壊検査の適用と今後の課題」と題する解説記事が掲載されています。 

Ca3g0365

 見開き4ページにわたる大きな記事です。鉄道の台車・車軸に焦点を当てた内容になっています。私にとってはとても勉強になり、保存版です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 「絵とき 非破壊検査 基礎のきそ」の中にも鉄道車軸の非破壊検査について触れた部分があって、その内容を書くに当たって鉄道総合技術研究所に問い合わせました。そのときに回答していただけたのが牧野氏でした。牧野氏とは、2008年洞爺湖サミットが行われた年に登別で開かれたJSNDIの超音波分科会(そのときのブログ記事)でお目にかかって、懇親会の会場でしつこく質問する私に親切に答えていただきました。
 この業界は狭いので、いろいろなつながりが出てきます。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在2位。

|

« 超音波による非破壊評価シンポジウム | トップページ | アゲハ蝶の幼虫とコントラスト »

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

私も会社の回覧で牧野さんの記事を拝見しました。
大きな記事だったので驚きました。
普段お世話になっている身近な鉄道ですが、NDIについての特集は大変興味深い内容でしたので私にも保存版です。

電車のつり革広告にこの記事を載せたら、一般の人も注目すると思いました。

投稿: kita404 | 2011年8月 7日 (日) 08時15分

JR総研が出している「鉄道総研報告」等を取り寄せれば掲載されているのですが、一般のわれわれが目にするには困難があります。
「検査機器ニュース」もある意味狭い業界紙ですが、こういう記事がたくさん掲載されるようになれば、読者層も広がるのではないでしょうか。わかりやすい図解と文章でよいですね。

投稿: SUBAL | 2011年8月 7日 (日) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/52404519

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道車両の非破壊検査:

« 超音波による非破壊評価シンポジウム | トップページ | アゲハ蝶の幼虫とコントラスト »