« ネットデビュー10年、ブログデビュー5年 | トップページ | 人生いろいろ@すすきの »

ゴム動力羽ばたき飛行機

 「大人の科学マガジンVol.31(羽ばたき飛行機セット)」を購入してありましたが、組み立てました。といっても実は息子に組み立ててもらいました。
 

Ca3g0390

 小さいころから工作好きで、こういうのは好きで得意なようです。なかなか面白く飛びます。重量重心を変えたり、尾翼の水平安定板の角度を変えることで、失速と回復を繰り返す動安定が中立であったり負である飛行から、安定飛行までいろいろと調整できるのが面白いです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 ゴム動力の回転運動をクランクを通して羽ばたき運動に変えるリンクもシンプルでよいです。 

Ca3g0390a

 私が注目するのは材料です。羽は紙に見えますが、薄いフィルム、羽の骨(ビーム)はカーボンです。

 空を飛ぶ機械である飛行機を夢見てレオナルドダビンチをはじめ多くの発明家が鳥や昆虫の飛行を真似て工夫を重ねましたが、うまくいきませんでした。現代の飛行機が成功したのは、翼は固定をして揚力だけを生み出して、前に進む力(推力)はエンジンで作り出すというように、揚力と推力を切り離したことでした。翼を動かして、揚力と推力を翼で生み出しているのはヘリコプターです。ヘリコプターの回転翼航空機に対して飛行機は固定翼航空機と呼ばれます。

 それでも羽ばたいて鳥のように飛行したいという願望は消えていないようで、いろいろな試みがされています。フイルムと炭素線複合材という材料の革命が、その願望を後押ししています。学研の大人の科学、なかなかやるものです。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在3位。

|

« ネットデビュー10年、ブログデビュー5年 | トップページ | 人生いろいろ@すすきの »

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/52520028

この記事へのトラックバック一覧です: ゴム動力羽ばたき飛行機:

« ネットデビュー10年、ブログデビュー5年 | トップページ | 人生いろいろ@すすきの »