« 野辺の白い花 | トップページ | 17年目の超音波講習会 »

糊空木=サビタの花

 昨日掲載した4弁の白い花。いくつか情報をいただいて調べてみました。葉の形があると・・・という話もいただいたので、葉も写っている写真をアップします。

Ca3g0372a_2

 これからすると、ノリウツギ(糊空木、学名:Hydrangea paniculata )というアジサイ科アジサイ属の花ということでよさそうです。別名サビタというようです。ノリウツギははじめて聞く名前だけれど、サビタなら聞き覚えがあるぞ・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 原田康子の釧路を舞台にした小説「挽歌」で有名で、北海道を代表する花なのだそうです(こちら)。釧路市出身で北海道民の私としては、これは恥ずかしいことなのかな?「挽歌」は読んだことがありますし、原田康子さんにも直接会って2時間ほど話をしたこともあります。だから「サビタの花」という名前には記憶があるのでしょう。でも花の名前と実物の花とは結びついていませんでした。

 歌もあるようです。伊藤久雄の歌。

 

昭和30年。ずいぶん古い歌ですね。この花の佇まいから若いメノコの悲しい恋の物語が浮かんでくるのも判るような気がします。趣は違いますが、同名の森昌子の歌もありました。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在2位。

|

« 野辺の白い花 | トップページ | 17年目の超音波講習会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/52560567

この記事へのトラックバック一覧です: 糊空木=サビタの花:

« 野辺の白い花 | トップページ | 17年目の超音波講習会 »