« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

CFRPと落錘試験

 B787初号機がANAに納入されて、飛行機の新時代の幕が切って落とされたわけですが、その中心は新素材の航空機材料にあります。

 一昨年学生と、CFRPに衝撃損傷を加えてこれを超音波と電子顕微鏡を使って実験をしました。「卒業制作」の一テーマとしてでした。

Cfrp

 これは、衝撃損傷を受けたCFRP部材を水浸超音波探傷をした結果です。3.5MHz以上ののフォーカス型の探触子で探傷すると良い結果が出ました。CFRPの衝撃損傷の特徴は、表面には何の変化も見られないのに内部に剥離や亀裂が広がることがあることです。学生たちの実験でもこのことは確かめられました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "CFRPと落錘試験"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B787初号機羽田到着とB737の背面飛行

今日のニュースは、B787初号機羽田到着だと思っていましたら、ANAに関する違うニュースが流れていました。

 787は今日午前9時に羽田に到着しました。飛行機の歴史の新しいページが開かれた瞬間といえます。USTREAMの中継を思わず見てしまいました。

B787

 翼のしなりは美しいかったですね。CFRP(炭素繊維強化プラスチック)でできた翼は、設計製作とも三菱重工です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "B787初号機羽田到着とB737の背面飛行"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つまようじタワー耐震コンテスト

 昨日NHK午後7時のニュースを見ていたら、熊本で「つまようじタワー耐震コンテスト」が開催されたとのことで、映像が流れていました。

 面白そうだな、と思って検索してみたら出てきました。熊本の崇城大学が主催者のようです(こちら)。つまようじと木工用ボンドでタワーを作り、上部に錘を載せて振動を加えて壊れないで耐えることを競うコンテストです。

 2006年に最初のコンテストが行われたようで、こちらに経緯の記述があります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "つまようじタワー耐震コンテスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YS11とコンピュータ

 私がはじめて飛行機に乗ったのは、中学生の夏休み。多分1965年(昭和40年)のこと。大阪伊丹空港から米子空港まででした。その機体がYS11でした。調べてみると、東亜国内航空が大阪-米子線にYS11を就航させたのが、1965年5月10日ということですから、就航間もないころだったことになります。

 一人旅ではじめて飛行機に乗る14歳の少年は、興奮と緊張でがちがちになり、降りたときにはどっと疲れが出たのを覚えています。

 そんなYS11も、五年前の2016年日本の空から引退しました。YS11は、現在各地に展示されていますが、きちんと整備されているのは多分少ないはずです。整備された状態のYS11は、石川県能登にあります。綺麗な写真で、こちらのブログに紹介されています。

 実は私の勤務先とは極近い関係になるのです。私が行ったときはYS11が入る格納庫はできていましたが、機体はまだ入っていませんでした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "YS11とコンピュータ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1200ブログ記事と金・銀・銅

 おはようございます。さわやかな秋晴れです。今日は休日、執筆とプログラミング進めることができるかな。

 科学ブログ村ランキングに参加していますが、今朝「科学ブログ 注目記事ランキング」をみると、なんと1位・2位・3位がこのブログの記事でした。

Science_blogmura

 金銀銅表彰台独占、というところでしょうか。札幌オリンピックのジャンプ・・・かな?古い話しだなぁ。どういう集計をしているのかは知りませんが、めったにないことなので、記念写真を撮りました・・・という内容のない記事でしたm(_ _)m。 この記事で、通算記事数が1200になりました。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。本家のランキングはこのところずっと3位。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風前夜 夕焼け

 台風15号が各地で猛威を振るっているようですね。皆さん大丈夫でしょうか。当地に到達するのは明日の朝のようです。

 今日職場から帰るときに撮影した空です。

Ca3g0092a

 東の空まで焼けた全天の夕焼けでした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "台風前夜 夕焼け"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JSNDI UTレベル1の試験問題から

 17日~19日にかけてJSNDIの秋期の1次試験が全国各地で行われました。今日勤務先に行ったら、学生から「こんな問題が出たのだけれど、正解はどれですか」と尋ねられました。

択一選択問題で、正しいものを選べという問題です。

(a)ゼロ点調整は測定範囲の調整には関係しない
(b)ゼロ点調整キーは斜角探傷のみに使用する
(c)音速調整キーは測定範囲の調整に使用する
(d)測定範囲調整キーはゼロ点調整キーと同じである

 記憶による再現ですから、違うところがあるかもしれませんが、受験者が現場で迷って考え抜いていることから用語表現は違っていないだろうとの感触を私は持っています。

超音波探傷を知らない人にとってはチンプンカンプンでしょうが、わかる方は考えてみてください。その前に・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "JSNDI UTレベル1の試験問題から"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

IHIジェットエンジン講座

 9月16日(金)に勤務先で「IHIジェットエンジン講座」が開催されました。IHI航空宇宙事業本部瑞穂工場から、整備&部品修理担当部長さんと総務部の担当者の方が来校されて、39名の学生に3時間に渡って講義をしていただきました。テーマは、メーカーにおけるジェットエンジンのメンテナンスについてです。 

Ca3g0085

 日本を代表するジェットエンジンメーカーの現場を束ねる責任者の方の講義ですから、私にとっても毎回新鮮でとても勉強になりました。話の仕方も、自己紹介やユーモアなどを交えながら、時折学生へ質問を投げかけながらの講演で、内容は専門的でありながら親しみやすいものでした。これで9回目になるのですが、私にとっては感慨深いものがありました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "IHIジェットエンジン講座"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅の終わりは中華そば

 36時間の東京滞在を長々と書いてきました。心が動く旅というのがあるのですね。先ほどNHKで浅草キッドが出てきて「よりみち」の楽しみを若者に教えるという番組をやっていました。私なんかは寄り道をしていたら本道を見失ってしまって、迷った挙句の果てに現在に至るという人生ですから、寄り道は得意技(???)です。

 帰り道、羽田空港での最近のお気に入りは、ラーメンならぬ中華そば。

Pap_0001_2

 細い麺にあっさりしょうゆ味、大き目の海苔が良いですね。空港内の飲食店は「高いまずい」が定番ですが、これはこってりした札幌ラーメンにそろそろ飽きが来た私には、懐かしさとともに、食後に幸福感が湧く味です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "旅の終わりは中華そば"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東工大散策と航空機の新素材グレア

 9月11日(くしくも9.11テロの10周年でしたが)、機械遺産展示の作業が終わったところで、KADOTAさんに案内をしてもらって、大岡山キャンパス内を散策しました。

Pap_0013

 東工大を象徴する建物である「本館」です。手前の木は桜で、満開のころには花見の名所とのことです。この写真の視線は少し上からであることがわかるでしょうか。ちょっとした小高い丘があって、展望台のようになっています。桜の木の周りには花見用のベンチも設置されていて、大学関係者のサービス精神が垣間見れます。国立大学の中にも、気の利く人がいるのだなぁ・・・と感心しました。本館写真の右横に少し写っているのが図書館です。

Pap_0015

 この図書館は最近建てられたものだそうです。こういうシンプルなデザインは好みです。ここには私の本のうち現在のところ3冊(超音波・破壊工学・航空工学)が収蔵されています。なんとも誇らしいような面映いような・・・・複雑な心境です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "東工大散策と航空機の新素材グレア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の徒然 その2 古きを訪ねる

 視点を変えると、それまで見えていなかったものが見えてくることがあります。

 会議は、神田佐久間河岸にあるJSNDIの本部の会議室で開かれましたので、羽田から秋葉原に向かいました。JSNDIの本部が浅草橋にあったころから20年間秋葉原駅にはよく来ました。秋葉原駅周辺はこのところずいぶん変わってしまって、改札を出てから自分が行くべき方向を一瞬見失ってしまうほどです。

 NHKの「ブラタモリ」によれば、秋葉原は「過去を振り返らず、発展し続ける街」なのだそうです。その中で20年前とあまり変わらないスポットはこのあたりでしょうか(本屋のビル書泉側から秋葉原駅方面を見たところ)。 

Pap_0022

 木が見えるあたりはミニ公園になっていて、少し回りより低くなっています。「ブラタモリ」は『古地図を見ながら「段差」に着目して街を歩く』をコンセプトとしていますが、このあたりは江戸時代の運河の痕跡が残っているところなのだそうです。よく通るところでいろいろな人と会い話したり飲んだりしたところですが、視点を変えてみると興味深い場所に見えてきます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "旅の徒然 その2 古きを訪ねる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の徒然 その1 飛行機雲

 週末東京へ行ってきました。目的は「超音波探傷入門」編集委員会という会議に出席すること。目的地に行って用件を済ましてくるだけなら、行き帰りは単なる移動時間になります。見慣れた経路でも、新たな発見と出会いを求めて一歩踏み出すかちょっと意識を遊ばせれば、「旅」になります。 

Pap_0026

 空港の見慣れた風景。ANAは、主力の機体をB767に切り替えてきました。第4世代の旅客機と呼ばれ、設計思想は損傷許容設計になっているのだけれど、胴体と翼の主要構造材料は2000番台と7000番台の通称ジュラルミンと呼ばれるアルミニウム合金です。1906年ドイツのデュランでウィルムによって発明された比重2.7でありながら通常の鋼並みの強度があるジュラルミンが、航空機の急速な発展を材料面で支えてきました。

Pap_0025

 モノレールに向かう通路の壁にあったANAの電光パネル。「We Fly 1st. 787」とあります。今年中には日本の空に就航することになるのでしょう。

 この飛行機は、主翼や胴体にアルミニウム合金に変わって炭素繊維複合材(CFRP)が多く使われています。

 20年前に航空専門学校で非破壊検査を教えることになって、航空機材料の転換を見据えるならば超音波に力を入れるべきだと考えて、超音波探傷教育の導入と定着に努力してきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "旅の徒然 その1 飛行機雲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隔世の感

 東京に来ています。暑いですね。ボーティングブリッジを渡りはじめたときから、暑い空気がまとわりついてきました。

 第1回目の「超音波探傷入門」改訂編集委員会が無事終了しました。いよいよ共同作業のキックオフです。

 初版の「超音波探傷入門」の編集委員会は、1999年の春にスタートしたはずですから、干支が一回りする12年の月日が流れています。そうか、あの年もウサギ年だったんだ。

 当時は、JSNDIとして初めてソフトが入ったCDROM付きの本を出すということで、そのあたりをどうするかというところから話が始まったと記憶しています。私の心境としては、個人が半ば遊びで趣味の世界で作ったソフトウエアをJSNDIから出版してくれるということで、それだけでありがたく、偉い先生たちが議論している本の編集方針に口を挟むことはほとんどできていませんでした。こうみえて、引っ込み思案なんですよね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "隔世の感"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「超音波探傷入門」改訂へ

 夜が明けたら、飛行機に乗って上京します。「超音波探傷入門」の改訂編集委員会に出席してきます。

 JSNDIの試験と講習会で使う超音波探傷器がデジタル化されて、この取り扱いを習得するためのソフトウエアを作っていまして、これを中心にして、「超音波探傷入門」を改訂することになりました。実は私のプログラミングが終わるのを待っていてもらっていました。いよいよ動き出します。最後の調整と、会議資料を作るのに没頭していまして、現在目がしょぼしょぼです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「超音波探傷入門」改訂へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の気配とスパムメール

 豪雨をもたらせた台風も過ぎ去って、ふと見上げた夕刻の空には秋の気配が漂っていました。 

Ca3g0424

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "秋の気配とスパムメール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SLIDE CLIP

書類を留めるバインダー・クリップの面白いものを見つけました。先週来校したJSNDI関係者から教えてもらった、スライド・クリップ(SLIDE CLIP)というものです。

Ca3g0419

このように書類を挟んで、後ろを指で軽く押すだけで、書類はしっかりとまります。

Ca3g0420

 取り外しも指で挟んで引くだけ、極小さい力で簡単に外れます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "SLIDE CLIP"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機械学会@東工大大岡山

 来週末、JSNDIの会議に出席するために上京します。新しいテキストの編集委員会です。田舎者ですから、せっかく上京するついでに見学するところがないかと探しましたが、適当なところが見つかりません。企業等を訪問するということも考えられるのですが、ウィークエンドでは先方に迷惑がかかるでしょうから、言い出さないほうがよさそうです。

 今回は用件だけ済ましておとなしく帰ろうかと思っていました。ところが、ある方とメールのやり取りをしている中で、日本機械学会の年次大会が9月11日から東京工業大学大岡山キャンパスを会場に開かれる情報がもたらされました。これに紛れ込むことは可能ならば、面白そうだなぁ・・・・。

 余談ですが、この方(ブログ仲間のKADOTAさんですが)のメールは、いつも直接の用件だけでは終わらず、必ず+αがあります。私もできるだけそうしようと思っているのですが、私の場合は気持ちの余裕があるかないかに左右されてしまいます。交流(別に言い方をすると「世界」)の広がりと言うのはこの+αから生まれるのではないか、そう考えています。少し視野を広げる、よそ見の思想とでも言いましょうか。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "機械学会@東工大大岡山"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カタパルトで飛ばす紙飛行機とCG

 浸透探傷の講習会も無事終わりました。20年のお付き合いになる講師のT氏は、長いこと紙飛行機を研究して作って飛ばしている趣味の人でもあります。

 これはT氏が長年研究をして作り上げた機体のCGです。

10341cg

 数年前に簡単な略図と寸法等の情報をいただいて、私がShadeを使って描きました。T氏にプレゼントしたら喜んでいただけました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "カタパルトで飛ばす紙飛行機とCG"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »