« カタパルトで飛ばす紙飛行機とCG | トップページ | SLIDE CLIP »

機械学会@東工大大岡山

 来週末、JSNDIの会議に出席するために上京します。新しいテキストの編集委員会です。田舎者ですから、せっかく上京するついでに見学するところがないかと探しましたが、適当なところが見つかりません。企業等を訪問するということも考えられるのですが、ウィークエンドでは先方に迷惑がかかるでしょうから、言い出さないほうがよさそうです。

 今回は用件だけ済ましておとなしく帰ろうかと思っていました。ところが、ある方とメールのやり取りをしている中で、日本機械学会の年次大会が9月11日から東京工業大学大岡山キャンパスを会場に開かれる情報がもたらされました。これに紛れ込むことは可能ならば、面白そうだなぁ・・・・。

 余談ですが、この方(ブログ仲間のKADOTAさんですが)のメールは、いつも直接の用件だけでは終わらず、必ず+αがあります。私もできるだけそうしようと思っているのですが、私の場合は気持ちの余裕があるかないかに左右されてしまいます。交流(別に言い方をすると「世界」)の広がりと言うのはこの+αから生まれるのではないか、そう考えています。少し視野を広げる、よそ見の思想とでも言いましょうか。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 学会と呼べるようなところは、日本非破壊検査協会(JSNDI)の大会に参加した経験があるだけです。言うまでもありませんが、機械学会は比べ物にならないほどビッグです。会員でなくても参加できるのかなぁ・・・と機械学会のサイトを調べたら、「会員外 当日参加費18000円」とありました。

 オーッ!18000円か・・・・。宿泊費・交通費のプラス分を考えると、3万円弱の見学費用になります。2回はないことだから、少々高めだけれど行ってみようかと考えました。材料評価のセッションだったらチンプンカンプンということもないでしょうから・・・・。

 そんなことを考えているうちに、KADOTAさんからメールが入って、11日は一般講演は行われずその代わりに市民対象の「市民開放行事」が行われ、こちらは参加費無料とのことでした。

 大震災がらみや若者の職業的自立など、関心がある分野の催しもあるようです。

 東工大大岡山キャンパスは、一度は訪れたいと思っていた場所です。大会実行委員の一覧を見ても、何人か顔見知りの方が名を連ねています。大人の修学旅行、第2弾東京編は、東工大大岡山キャンパス、日本機械学会に決まりです。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在2位。おっ!1位の背中が見えてきた?

|

« カタパルトで飛ばす紙飛行機とCG | トップページ | SLIDE CLIP »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事のタイトルが、しばらくの間「機会学会@東工大大岡山」になっていました。ある方から指摘を受けるまで気づきませんでした。大岡山キャンパスを訪問する機会ではありますが、機会学会なるものはありませんね。
昔、印刷屋に勤めていた時代に、内部の文章の校正に神経を使いながら、タイトルの大きな文字の誤植に気づかない失敗をしたことがありますが、そのことを思い出しましたcoldsweats01

投稿: SUBAL | 2011年9月 3日 (土) 19時15分

こんにちは。
久しぶりにお会いできること、楽しみにしております。
当方、ブログの更新をサボっていましたが、ようやくMIT見学記を少し書きました。ご覧いただければ幸いです。それでは、失礼いたします。

投稿: KADOTA | 2011年9月 3日 (土) 20時09分

KADOTA さん 

情報をありがとうございました。グットタイミングでした。直接会うのは横浜探索以来ですね。楽しみにしています。
MIT見学記、拝見しました。やはり百聞は一見にしかず、なのでしょうね。研究はもちろん教育に力を入れているのが伝わってきました。
東工大でどの程度見ることができるのかわかりませんが、空気は感じ取ってこようと思います。

投稿: SUBAL | 2011年9月 3日 (土) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/52634810

この記事へのトラックバック一覧です: 機械学会@東工大大岡山:

« カタパルトで飛ばす紙飛行機とCG | トップページ | SLIDE CLIP »