« 東工大散策と航空機の新素材グレア | トップページ | IHIジェットエンジン講座 »

旅の終わりは中華そば

 36時間の東京滞在を長々と書いてきました。心が動く旅というのがあるのですね。先ほどNHKで浅草キッドが出てきて「よりみち」の楽しみを若者に教えるという番組をやっていました。私なんかは寄り道をしていたら本道を見失ってしまって、迷った挙句の果てに現在に至るという人生ですから、寄り道は得意技(???)です。

 帰り道、羽田空港での最近のお気に入りは、ラーメンならぬ中華そば。

Pap_0001_2

 細い麺にあっさりしょうゆ味、大き目の海苔が良いですね。空港内の飲食店は「高いまずい」が定番ですが、これはこってりした札幌ラーメンにそろそろ飽きが来た私には、懐かしさとともに、食後に幸福感が湧く味です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 今回は、「超音波探傷入門」の改訂編集委員会出席が直接の用件で、もちろんこちらが本筋です。本筋でもわき道でも、私にとっては今後の活動につながるいくつかのきっかけやヒントがあった旅でした。

 2日目に東工大を案内していただいたKADOTAさんからは、ねじキューピーとボストン・MITを訪問したときのお土産をいただきました。

Ca3g0086

 それらをめぐる何気ない会話の中からも、普段の生活の中では生まれないような発想の種が芽生えてきます。この旅の前の10日前後は睡眠時間を削って会議の準備をしていましたから、中華そばを食べた後はどっと疲れが出ました。心地よい疲れで、飛行機内では寝させてもらいました。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在2位。

|

« 東工大散策と航空機の新素材グレア | トップページ | IHIジェットエンジン講座 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/52753412

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の終わりは中華そば:

« 東工大散策と航空機の新素材グレア | トップページ | IHIジェットエンジン講座 »