« 「超音波探傷入門」改訂へ | トップページ | 旅の徒然 その1 飛行機雲 »

隔世の感

 東京に来ています。暑いですね。ボーティングブリッジを渡りはじめたときから、暑い空気がまとわりついてきました。

 第1回目の「超音波探傷入門」改訂編集委員会が無事終了しました。いよいよ共同作業のキックオフです。

 初版の「超音波探傷入門」の編集委員会は、1999年の春にスタートしたはずですから、干支が一回りする12年の月日が流れています。そうか、あの年もウサギ年だったんだ。

 当時は、JSNDIとして初めてソフトが入ったCDROM付きの本を出すということで、そのあたりをどうするかというところから話が始まったと記憶しています。私の心境としては、個人が半ば遊びで趣味の世界で作ったソフトウエアをJSNDIから出版してくれるということで、それだけでありがたく、偉い先生たちが議論している本の編集方針に口を挟むことはほとんどできていませんでした。こうみえて、引っ込み思案なんですよね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 あれから12年、超音波探傷教育の経験を踏んできましたし、パソコンを教育ツールとして使う試みもずいぶんしてきました。今度のソフトウエアつくりにも考えてきたアイデアを盛り込んであります。編集委員会の中でも和やかな雰囲気の中で、私の話にも耳を傾けていただきました。

 この12年で、パソコンの計算処理スピードは文字通り桁違いに進歩して、12年前ではとてもできなかったことが可能になっています。隔世の感です。

 ウサギ年を再び飛躍の年にしたいものです。60歳からの挑戦です。

 今日夜が明けたら、東工大大岡山キャンパスに行ってきます。朝からパネル展示の手伝いをしてから、機械学会の市民向けのイベントでも見学してこようと思っています。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。1位の背中が見えてきたと大口を叩いていたら、いつの間にか現在4位。

P.S.そういえば、9.11テロから10年ですね。2機目の飛行機の突入と、ツインタワーの崩壊をTV生中継で見てました。この10年の歴史、色々と考えさせられます。

|

« 「超音波探傷入門」改訂へ | トップページ | 旅の徒然 その1 飛行機雲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東京出張お疲れさまです。
そして新ソフト改訂作業お疲れさまでした。

私はプログラミングができませんので、そういう言語を操れる方を尊敬するばかりです。


投稿: kita404 | 2011年9月12日 (月) 21時43分

kita404 さん

こんばんは。


>そういう言語を操れる方を尊敬するばかりです。

kita404さんから尊敬してもらえるなんて光栄ですhappy01

プログラミングのことを言語というのは言い得て妙だと思います。“Hello”を画面に表すことからはじめて、片言でも通じる喜びを味わっているうちに、頭の中に浮かぶ「こうしたい」が実現できるようになります。言語の習得とは違って、プログラミング言語は「文法」が論理的にすっきりしているので、習得しやすいような気がします。

投稿: SUBAL | 2011年9月13日 (火) 02時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/52698402

この記事へのトラックバック一覧です: 隔世の感:

« 「超音波探傷入門」改訂へ | トップページ | 旅の徒然 その1 飛行機雲 »