« 対数グラフで見る日常食中のセシウム137の経年変化 | トップページ | 余剰浸透液除去装置 »

航空メカニック

 今朝は激しい雨音で目が覚めました。一雨ごとに秋は深まる。昨晩の外気温は4℃まで下がりました。もう冬はすぐそこまでやってきています。「書斎」のストーブには火を入れてあります。

 イカロス出版が出している「航空メカニック」という雑誌があります。

Ca3g0096

「お仕事図鑑」的な要素を持った雑誌で、私の勤務先も載っています。その写真の中に私もいる・・・というだけの記事ですm(_ _)m。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

Ca3g0097

 右ページの写真ですと、ほとんど解答不能の「ウォーリーを探せ」状態ですが、左ページです。まじめに教えているように見えます・・・か? 意外に自分の教えているときの写真てないのですね。もっともこの写真自体は「やらせ」ですけれども・・・ね。

 「説明」しているエンジンは、焼け焦げオイルやほこりにまみれていたJ34ターボジェットエンジンを、教え子たちがひとつひとつ分解し洗浄し磨き上げカットをし「回るカットモデル」に仕上げたもので、私の自慢のひとつです(こちらに動画もあります)。この前で、彼らの後輩たちに「説明」しているカットですから、記念写真としては気に入っています。

にほんブログ村 科学ブログへ
アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。現在3位。

|

« 対数グラフで見る日常食中のセシウム137の経年変化 | トップページ | 余剰浸透液除去装置 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ!

すごい。すごすぎる。
本当に役にたっているんですね。

嬉しい限りです。
携わった甲斐が有りました。
今仕事で、結構詰まっていた事も有って
久々にうれしい気持ちで一杯です。

投稿: 元航空技術動物科三年十二番 | 2011年10月14日 (金) 18時21分

これはこの写真だけではなく、ずいぶん役に立っていますよ。見学に来る人に説明をしてまわして見せるとみんな一様に驚くね。
教員がやったことではない、ということも含めて私の自慢の種ですよ。

投稿: SUBAL | 2011年10月14日 (金) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/52886409

この記事へのトラックバック一覧です: 航空メカニック:

« 対数グラフで見る日常食中のセシウム137の経年変化 | トップページ | 余剰浸透液除去装置 »