« 著者がマーケターになる時代 | トップページ | 2011年 地震津波原発Twitter »

JSBとASAP

  ドイツに住む友人から来た英語で書いてあるメールの中にJSBという略語があって何のことか分かりませんでした。JCBならクレジットカードだけれど・・・・??。Johann Sebastian Bachのことでした。
 何年か前に米国の高校生とメールのやり取りをしたときに、ASAPという略語が分からなくて聞き返しことを思い出しました。as soon as possibleの略で、「できるだけ早く返事がほしい」ということでしたね。早く返事がほしいのに、ASAPを聞いてくるおじさん。多分イラついたでしょうね。「日本人から早く返事がほしければ、日本語でメールをよこせ」とは言えないおじさんでした。
 年に数度しか英語でやり取りをしていないおじさんにとっては、「シェー!」か「ガチョーン!!」だわ。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

|

« 著者がマーケターになる時代 | トップページ | 2011年 地震津波原発Twitter »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/53588340

この記事へのトラックバック一覧です: JSBとASAP:

« 著者がマーケターになる時代 | トップページ | 2011年 地震津波原発Twitter »