« 港と鉄 横浜編 鉄橋・造船・錨 | トップページ | 無になる »

港と鉄 横須賀編 スチームハンマー・鍛造

 横浜から湯河原温泉に向かう途中で横須賀に立ち寄りました。ほとんど思い付きです。横須賀から何を連想するか・・・私なんぞは山口百恵の「横須賀ストリー」。花の中3トリオ桜田淳子の二番煎じみたいにして売り出していたころはさっぱりでしたが、阿木燿子・宇崎竜童のコンビによって翳りと少しの毒を持った女性歌手として売り出され国民的アイドルへと上り詰めるきっかけになった作品です。歌としては、あまりよいとは思わないけれど変に耳に残ってしまう「これっきりですか」のフレーズ。
 横須賀といえば海軍。JR横須賀駅を降りると、軍艦が並んだ港が広がっており、普通の港とは雰囲気が違っていました。 

Dscn0492

 海軍といえば海軍カレー。ちょうど昼時でしたので、港に面した公園の中にあるレストランで海軍カレーを食べました。

Img_0251

 味?う~ん、なんと申しましょうか、カレーです。何でこれが海軍カレーなのか理由はわかりませんでした。盛り付けも早く、食べるのも早い、文字通りファーストフードとして海軍カレーが普遍化して「普通のカレー」なった、と仮説を立てましたが、どうなのでしょう。

 やはり数々の軍艦を建造した横須賀海軍工廠に行きつかねければなりません。公園の中にあるヴェルニー記念館に、横須賀海軍工廠の前身横須賀造船所、さらにその元になった横須賀製鉄所(1866年(慶応元年)、江戸幕府が建設)にあったスチームハンマーがある、ということでいって来ました。 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

Dscn0476a

 お相撲さんが四股を踏んでいるような格好をしています。蒸気機関で動く鋼を叩いて鍛える鍛造のための設備です。

上から見ると・・・

Dscn0478

どんなものを作っていたかの例として、クレーンのフックが展示してありました。 

Dscn0485a

 実際の鍛造の様子です。

Dscn0489a

 フランス人技師フランソワ・レオンス・ヴェルニーの指導の下オランダ製のものが導入されたとのことです。

Dscn0477

 鍛造技術によって、強靭な鋼を作ることができます。明治維新を契機に外国技術を導入して近代化していった日本の製鋼技術、急速に追いつき追い越して世界を凌駕するような品質の鋼を作れるようになります。生産力にものを言わせて米国が太平洋戦争のために作った戦時輸送船が真っ二つに割れて沈むものも含めて大量の脆性破壊を起こしたに対して、日本の船ではほとんど脆性破壊は起きなかったようです。

 米国では、戦後鋼の脆性破壊の研究が進み破壊力学という新たな学問体系ができてきました。日本では、問題意識を喚起させるような事故は起きなかったのです。

 今回、横須賀の次に鎌倉に寄りました。行ってみて鎌倉と横須賀がすぐ近くであることを実感しました。鎌倉では日本刀の鍛刀所の直売店に行きました。日本刀を作る鍛造技術の伝統と職人の存在が日本の製鋼技術の品質を支えたといえるのかもしれません。

Dscn0496

 同じ場所に展示してあった包丁の製造過程展示。

Dscn0497a

 横浜・横須賀を数時間歩いただけですけれど、やはり行ってみてわかる空気感というものがあります。

 最後に、子供のころ鼓笛隊でやった「錨を上げ(Anchors Aweigh)」を、海上保安庁音楽隊(Japan Coast Guard Band)による横浜港での演奏で。 

先週の旅行記を書ききれていないうちに、本日午前中飛行機で関西の港町神戸に向います。 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

現在1位

|

« 港と鉄 横浜編 鉄橋・造船・錨 | トップページ | 無になる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

見学ご苦労さまでした。海軍カレーはなかなか統一されていないようで、いろいろあるようですね。私もこれという味を食したことがありません。ネイビーバーガーなどもあるようですが、こちらも一度食べてみたいと思っています。鎌倉の刀のお店は知りませんでした。今度行ってみます。

投稿: KADOTA | 2012年3月30日 (金) 22時22分

KADOTA さん
おはようございます。京都にいます。
ヴェルニー記念館は、KADOTAさんに情報をいただいて訪問しましたが、よかったですね。こういう歴史的な生産装置は写真で見るのもよいですが、実物を見るとその質感・ボリュームがそれ自身で語りかけてくるものがあるように思います。港と鉄で記事をまとめようと思ったのも、ここを見たからでした。

投稿: SUBAL | 2012年3月31日 (土) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/54342391

この記事へのトラックバック一覧です: 港と鉄 横須賀編 スチームハンマー・鍛造:

« 港と鉄 横浜編 鉄橋・造船・錨 | トップページ | 無になる »