« 京都散策 きぬかけの道と板状節理 | トップページ | iPad2ガラスの破損 »

LCC Peach Aviation搭乗記

 3月31日関西からの帰りはLCC(Low-Cost Carrier 格安航空会社)ピーチに乗りました。だって、会議が終わった30日に関西から新千歳に飛んだら正規航空運賃(43500円)だけれど、次の日にピーチに乗ると13280円ですからね。宿泊費食事代に10000円かかるとして、およそ2万円違ってくるのですよ。これはでかい。尼崎での会議後、京都に泊まって次の日に帰ることにしました。

 予約時に感じたことは、こちらに書きました。今日は搭乗記。

 雨の京都を後にして「はるか」に乗って関空へ行きました。関空に着いてピーチの出発カウンターを探したけれど、どこにも見当たりません。案内所で聞くと「ピーチはもう一度出て向いの『エアロプラザ』の中にある」とのことでした。高架通路を渡っていくとありました。 

Dscn0570

 エアロプラザのエントランス。見上げると、なかなかの構造美です。

Img_0304

 ホテル日航関西空港の建物の中です。ピーチは確かANA(全日空)の資本のはずですが、JALホテルの中にある?・・・まぁ三井と三菱の銀行が合併する時代ですからこんなことに驚いているほうが時代遅れなのでしょう。 
 カウンターはありません。チェックイン機が7台とチェックインの流れが書いてある看板があるだけです。 

Img_0307

Img_0305

 チェックインは出発の90分前から、という紙が張ってあって、少々早かったのでJALホテルのロビーで時間つぶし。 

Img_0308

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 発券カウンターです。

Img_0310

 ネットで予約したときにメールで受け取ったバーコードをリーダーの下にかざして終了です。設備は、ハンディータイプのバーコードリーダー、パソコン(本体は隠れている)、プリンター。どれも汎用品のようです。
 セキュリティーチェックは狭い通路にしてあるところでしたが、チェック自体は変わりありません。抜けると売店がある待合室(と呼ぶのがふさわしい)で待機します。

Img_0313

 売店の看板はシンプルでわかりやすくてよいですね。ただ明らかに椅子が足りない。立っている人、壁のところで床に座り込んでいる人・・・あまり良い光景とは言えません。
 程なくして、バスで搭乗機に向うというアナウンスがあって1階に降りました。今は、ほとんどボーディングブリッジを使うことが多いですが、こういう搭乗の仕方も懐かしい。

 

Img_0314

 バスの乗り口は、プレハブです。

Img_0317

 出口にいた女性。ちょっと幼顔だけれど美人ですね。たぶんこの人チーフパーサー。
驚いたのは、バスはいったん空港の外に出ます。そして5分ほど走って再び空港の敷地内に。これ許されるんだ。 

Img_0319

 機体はエアバス社のA320-200。

Dscn0577

 機体のそばまできましたが、バスから降ろしてくれません。バスの中で20分の待機です。機内の準備が整っていないということでした。作業手順なのか連絡システムなのか、うまく機能していない様子が伺えます。こういうシステムエラーが垣間見えるのは良い気分ではありません。待たされるのが不愉快というよりは、ハインリッヒの法則から言って、小さな「ひやり」のひとつだと思うからです。
 そのおかげ(?)で、パイロットと整備士による出発前チェックの様子を見ることができました。黒い服を着て歩いているのがパイロット。翼の先端をチェックしてエンジンに向うところです。
 待たされたけれど、出発はほぼ定時。

Img_0332

 CAさんは、見たところ皆美人でしたね。ANAが戦略的に美人をそろえた?飲み物は、有料販売ですが、大体200円前後。温泉旅館内の自動販売機並みかそれよりちょっと高いぐらいでしょう。スカイマークのように思い切って100円という戦術は取っていません。

 

Img_0326

 この日はサンセットクルーズでしたが、右側(東側が見える)席だったので、綺麗な夕焼けは見ることができませんでした。
 チェックインをあえて空港内の設備を使わず、JALホテルの一角を使う。チェックイン手続きも汎用の機械を使って自動化。人件費と設備費のカットの様子はかいま見れました。うまくシステム化されているとは思いますが、それだけにシステムエラーは怖い。これは、もちろんLCCに限ったことではありませんけれどね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位

|

« 京都散策 きぬかけの道と板状節理 | トップページ | iPad2ガラスの破損 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/54392923

この記事へのトラックバック一覧です: LCC Peach Aviation搭乗記:

« 京都散策 きぬかけの道と板状節理 | トップページ | iPad2ガラスの破損 »