« 進化するガラス ゴリラvs龍 | トップページ | 金属vsドリル 「ほこ×たて」対決 第5弾 4月15日放映 »

禅風菓 「つくばい」

 京都龍安寺、枯山水のお庭以外もお寺の境内には、そこここに自然と人工(アート)が調和している空間を見ることができます。たとえば何気ないこの木の根、力強さと寛容な優しさをあわせもっていていいなぁ・・・。Dscn0562

 龍安寺に行ったら、必ず買ってくるのがこのお菓子、「つくばい」です。

Img_0347

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 この蹲居(つくばい)の形に仕上げた、小豆と砂糖で作った素朴なお菓子です。

Img_0298

 ほんのりとした甘さの上品なお菓子です。お抹茶と一緒にいただくとあいますが、暖かいふつうの緑茶でもお美味しくいただけます。

 お菓子の箱の中に入っている説明を転記します。

++++++++++++++++++++
吾れ唯だ足ることを知る

 竜安寺方丈の東、静かな内庭の一角にある茶室「蔵六庵」の入り口に、水戸光圀公の寄進によるものといわれている、有名な蹲居(手洗鉢)があります。中央の水を張る場所に口(くち)を四字にかけて読ませる非常に独創的なデザインです。
 「足ることを知るものは貧しと雖(いえど)も富めり、不知足のものは富めりと雖も貧し。」と教える。これは禅の真髄であり、かつまた茶道の精神でもあります。
 銘菓「つくばい」はこの幽雅にして和、敬、寂をまもる姿と心をそのままに作り上げたものです。由緒ある竜安寺のかおりを御賞味下さい。
竜安寺御用達   菓匠  柳苑
++++++++++++++++++++

自分のところ用に買って来たものを、先ほどいただきました(*^.^*)。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
今日は技術・工学からは離れてしまいましたが・・・

|

« 進化するガラス ゴリラvs龍 | トップページ | 金属vsドリル 「ほこ×たて」対決 第5弾 4月15日放映 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/54422397

この記事へのトラックバック一覧です: 禅風菓 「つくばい」:

« 進化するガラス ゴリラvs龍 | トップページ | 金属vsドリル 「ほこ×たて」対決 第5弾 4月15日放映 »