« 単行本出版の経緯 その3 教える立場になって | トップページ | 単行本出版の経緯 その4 超音波探傷入門のソフトウエアと出版 »

空港でおにぎりとラーメン

 多少偏見があるかもしれませんが、空港で食事をしようとすると「高いのにまずい」と決まっていました。だから、よほど時間に追われているかおなかがすいてしまった時以外は、空港を離れて食事をするようにしていました。

 ところが、このところ空港内でおいしいものを見つけてしまいました。

Img_0810
 これは新千歳空港で売っている佐藤水産の「まあるい おむすび」です。炊き込みご飯の中にかにと鮭ハラスの具が入っています。妙にぱりぱりしているコンビニおにぎりではなく、海苔がしんなりしています。小さな丸い容器に入っているのが「ルイベ漬け」これが塩気が効いて美味い。容器は笹を編んだ箱になっていて、捨てるのがもったいないぐらいです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 もう一つは羽田空港のラーメン。ラーメンとは言わずに「中華そば」と暖簾に書いてあります。食べている人を写真で写してブログに載せるとややこしいことになりそうですので、ちょっと工夫してガラスに映る像としました。

Img_0829 これはしょう油ラーメン。

Img_0828

 あっさりスープに細いちりちり麺、それにメンマと海苔。どことなく懐かしい味です。コテコテのスープに山盛りのもやし、定番の札幌ラーメンも悪くないけれど、こういうのもあってほしいところです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
食べたいなと思ったら応援のクリックを。現在2位です

|

« 単行本出版の経緯 その3 教える立場になって | トップページ | 単行本出版の経緯 その4 超音波探傷入門のソフトウエアと出版 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/55300561

この記事へのトラックバック一覧です: 空港でおにぎりとラーメン:

« 単行本出版の経緯 その3 教える立場になって | トップページ | 単行本出版の経緯 その4 超音波探傷入門のソフトウエアと出版 »