« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

木造の継手と仕口

 先日の東京出張で購入してきた本を読んでいます。住吉寅七・松井源吾著『木造の継手と仕口』(鹿島出版会)

Jointsupplier_mouth

 表紙にもあるこのような継手と仕口が豊富な写真と図で解説されています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "木造の継手と仕口"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬将軍の到来と送電線鉄塔の倒壊(@室蘭)

 昨日北海道は大荒れでした。苫小牧市も雪になり、今日道路はアイスバーンになっています。

Img_1209

苫小牧はまだ良い方で、室蘭では送電線の鉄塔が倒れて五万世帯の大停電が起きているようです。

201211278476571l

 YOMIURI ONLINEより(元写真の提供は北海道電力)

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "冬将軍の到来と送電線鉄塔の倒壊(@室蘭)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「波の科学」発売日+「超音波技術」発刊5周年

 天気はこれから大荒れのようでJRは運休しています。苫小牧は現在のところ雪がちらついているだけですが…。

 本日は、「おもしろサイエンス 波の科学」の発売日です。理工系の本棚がある全国の大きな書店には並ぶはずです。

 それと5年前の今日、私の初めての単行本「絵とき 超音波技術 基礎のきそ」が発刊になりました(こちら)。この本は、およそ5年かかって先日ようやく増刷になりました。

 本を書きたいなぁ・・・と漠然と思ったのはいつのころでしたか。一生一度の贅沢で自費出版でも良いので本を作るぞ、と思ったのは10年ぐらい前でした。

 名の知れた出版社から6冊の本を出し、全国の書店に並び、大学や公共図書館に収蔵されるようになるとは、5年前ですら想像外でした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「波の科学」発売日+「超音波技術」発刊5周年"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「世界でもっと美しい科学実験」の美しい装置

 電子の波動性を示す電子の2重スリット実験は、2002年に英国の物理雑誌「Physics World」行った「世界で最も美しい実験は何か」を読者投票で選ぶイベントで、1位になりました。

 外村彰氏(日立製作所フェロー)らのグループが行った、電子を1個ずつ飛ばして2重スリットを通過させる実験は、量子力学が理論的に予想した奇妙な現象を実験的に確認したものとして高く評価されました。

 「波の科学」を書くにあたっては、量子力学の領域には踏み込まないことを決めていました。しかし外村氏らの実験があまりにも面白いので、最後の項目に入れることにしました。外村氏の著書「目で見る美しい量子力学」からの引用も快諾をいただけました。

 その中の電界放出電子線用針状陰極(Needle cathode for field emission electron)が美しいのですよ。図版の本への引用は許可を得ていますが、ブログに公開することはできないので、私のスケッチで。

Needle_cathode_for_field_emission_e
 これは私がShadeを使ってスケッチしたものです。原画は電子顕微鏡写真です。本物はもっと美しい。針の先端はサブミクロン、光の波長の半分以下です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「世界でもっと美しい科学実験」の美しい装置"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『波の科学』出来上がり!!

 私の6冊目の単行本『おもしろサイエンス 波の科学』の印刷が出来上がり、出版社からサンプル本が送られてきました。

Img_1203

 先ほど小包を開けたのですが、出来上がった本を初めて手に取るときは、やはりある種の感慨が湧いてきます。モスグリーンの表紙もいい感じです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『波の科学』出来上がり!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅のお化粧とアート

 東京駅には、ガイドさんが旗を持って案内する団体観光客もいるほどの観光スポットになっているようです。

Img_1137

 面白いのは、建造物に関する案内看板があったことです。

Img_1142

 これは擬石(Artificial stone)についての説明です。セメントと石灰に花崗岩粉末を入れて、花崗岩のように見せかける左官仕上げ技法によって作られているということです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "東京駅のお化粧とアート"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

室蘭の海 朝と夕 鳩は飛び去った

 東京から帰ってきて次の日であった昨日は、室蘭で仕事でした。朝5時半に起きて室蘭へ出発。朝の愛車です。

Img_1162

 少し早く着きましたので、海岸で波を見てきました。

Img_1166

 穏やかでしたね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "室蘭の海 朝と夕 鳩は飛び去った"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅と虎屋

 北海道に帰ってきました。少々寒いけれどホッとします。

 午前中に仕事を終え、飛行機の出発まで少し時間がありましたので、新装なった東京駅を見物してきました。

Img_1138

 カメラを構えるたくさんの人がいました。観光地になっていました。

Img_1152

 中のドーム。外光がビーム状に差し込んで良い雰囲気です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "東京駅と虎屋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリーランスとして働くこと 11日間の出張の終わり

 長期出張も11日目。5つのミッションのうち4つが終わり、最後のひとつを残すのみとなりました。

 この間に執筆していた本が校了になり、27日に全国発売の運びとなりました。以前から継続している非破壊検査技術の講習が2件、今日は新たに始まる仕事、初日はもしかしたら今後に繋がるかもしれない仕事の話、と多岐にわたりました。

 途中に1日休みを入れて、少しだけ過去を振り返り、快晴の雄大な富士山を見て、こまごましたことを解決しながらも大きなものを忘れないように気持ちをリフレッシュすることもできました。

美味しいものもいただきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "フリーランスとして働くこと 11日間の出張の終わり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学歴詐称と富士宮のタクシーの運転手さん

 14日にホテルの窓から快晴の青空を見て「富士山を見に行こう」と思いついて、富士宮市に向いました。富士山を見る場所は他にもたくさんありますが、富士宮市に行ったのは、25年前に富士宮市で見た富士山が脳裏に焼きついていたからです。

 「管理者養成学校」「13日間地獄の訓練」というのがあって、当時勤めていた会社から業務命令で、行かされたのです。

 13日間泊りがけで外部との連絡を遮断されて、「訓練」を受けるのです。40km夜間行進、素読、共感論争・・・等々の訓練項目をクリヤーすることが課せられます。精神的肉体的に追い詰めて、追い詰められたところで出てくる人間の弱さを衝いて「強い管理者」を作っていくという短期集中型訓練です。

 その中に「街頭歌唱」というのがあって、富士宮駅前の歩道橋の上で、たくさんの人通りがある中で「セールスガラス」という歌を大声で歌わされる訓練がありました。羞恥心を捨てることが求められているようです。幸か不幸か羞恥心は薄いほうでしたので、他の人よりは楽でしたね(笑)。

Dscn1327

ここですよ、見覚えがあります。右手がJR富士宮駅。ここで歌いました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "学歴詐称と富士宮のタクシーの運転手さん"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

晩秋と苔とフレッシュモッツァレラのマルゲリータピッツァ

 東京滞在9日目に突入しました。かなりの疲労モードで上京しましたが、徐々に元気を回復しています。

 北海道は雪になっているようですね。

 先週撮影した苫小牧樽前の秋です。

Dscn1253 知る人ぞ知る苫小牧市の景勝地「樽前ガロー」です。樽前山の麓、溶岩を水の流れが長い年月をかけて穿って、小さな川になっています。岩は一面コケに覆われて、緑のビーロードになっている・・・はずなのですが、晩秋でコケも冬支度をしているようです。

Dscn1238

 少し残っていたコケです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "晩秋と苔とフレッシュモッツァレラのマルゲリータピッツァ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉林の中の五重塔

 富士宮市へ行ったのは、富士山を見るためだけではありません。大石寺の五重塔も見たかったのです。

 大石寺には江戸時代 1749年(寛延2年)に建立された高さ34mの五重塔があります。晴天の富士山と五重塔が両方見ることができる、首都圏に出てくる機会はあるとはいえ、晴天に恵まれた1日が使える日というのは少ないのです。

 首都圏からですと、新幹線で三島まで行き東海道線に乗り換えて富士まで、身延線に乗り換えて6駅で、所要時間およそ2時間。往復8400円。

 13時過ぎに富士宮駅に着いて、バスに乗ろうとターミナルに行ったら、今出たばかり、次は1時間後だと言います。えっ?1時間も待つと14時30分、現地について15時・・・日が暮れてしまう・・・。現地についてから歩かなければならないという情報を得ていましたので、タクシーで行くことにしました。タクシー代2500円強。

 このタクシーの運転手さんが親切な人で、お寺の警備の人に交渉をしてくれて、五重塔の近くまで行くことと、開いていないゲートの横を通り抜けてはいることの了解を取り付けてくれました。

 杉木立の中に建っているんです。近づいていくと杉独特の甘い香りがしてきます。

Dscn1293

 杉林の中に、本当にひっそりと、少し傾きかけたお日様に照らされた五重塔がありました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "杉林の中の五重塔"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快晴だったから富士山を見に

 長期出張の6日目。今日はミッションのない休息日でした。しかし昨日は疲労が重なっていて、頭痛もしてきていたので、出かけるのは止めてホテルで寝ていようかなと思っていました。

 朝食事をしたら、体長も回復気味。外を見ると快晴です。空を見ていて、富士宮市に行くことを決断しました。

 富士山です。

Dscn1324  富士宮市には13時30分ごろに着きました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "快晴だったから富士山を見に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「波の科学」校了と「ヘッドライト・テールライト」

 今日は私の6冊目の単行本「波の科学」の編集拠点となっている志岐デザイン事務所を訪問して、校正の最終確認を行ないました。

表紙はこんな感じになります。

1

 午前中に訪問して、夕方校正が全て終了しました。私の手から完全に離れます。版下ができて、印刷製本に回っていくことになります。2週間後の27日には全国の書店に並ぶはずです。Img_1105  四谷麹町上智大学の近くにある事務所です。今回本文デザイン・DPTを担当していただいたOさんを始め、顔なじみになった方も多くなりました。このブログにも訪問していただけているようです。

 今回、「破壊の科学」に比べて、イラストが活き活きしている、というか遊び心があって面白く仕上がっています。原稿の内容がデザイナーやイラストレーターに届いているということだろうと思っています。「破壊」と「波」では、やはり「波」の方が届きやすいといえるのかもしれません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「波の科学」校了と「ヘッドライト・テールライト」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルビンの壷

「波の科学」は今月27日発売予定で、現在校正作業が大詰めです。

今回は、絵を描くためにいくつかのソフトウエアを作りました。Shadeを使った3DCGはあまり作っていません。

今回Shadeを使って描いたのが「ルビンの壷(Rubin Vase)」の絵です。

Rubin_vase7

 見方によって人の横顔にも壷にも見えるという絵です。「ルビンの壷」もしくは「Rubin Vase」で画像検索をかけると、たくさんでてきます。

 私は、美しい横顔で、しかも壷も壷としての美しさを備えている、というところにこだわりました。歌う双子の姉妹、という設定です。絵から美しい歌声が響いてくるかなぁ・・・。

 この絵を使ったのですが、裏バージョンとして、壷が立体的に見えるバージョンを作りました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ルビンの壷"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪虫

 秋も深まってきましたね。

Dscn1266

 今年は、季節の進みが少々遅いので、当方では初雪はまだです。
 昨日樽前山の麓の林に入ったら、雪虫が飛んでいました。雪虫が飛ぶと、1週間以内に初雪になります。
 白い小さな虫で、肉眼では見えるのですが、写真には写りません。

Dscn1265

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "雪虫"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

室蘭にて

 室蘭に来ています。昨日は激しい雨でした。

Img_1064

 ヘルメットをかぶり、安全靴を履いて現場に行きました。いや~久しぶりだなぁ。見学ではなく仕事として現場に入るのは、20数年ぶりです。

 溶接の火、グラインダーの火花、こげた鉄の匂い。

 ずっとそこに居たいかといわれると、クエッションマークはつくけれども、なんか好きな光景のひとつです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "室蘭にて"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画「北のカナリアたち」を見てきました

 土曜日に「のぼうの城」を見に行って、60歳を超えているとシニア割引で1000円で映画が見れることを知りました。

 だからというわけでもないのですが、6日(月曜日)もう1本北海道ロケ作品、吉永小百合主演の「北のカナリアたち」を見に行きました。

 あらすじは、書くのが面倒なのでこちらのリンクで。

 予告編プロモーション動画がYOUTUBEにありました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "映画「北のカナリアたち」を見てきました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今度の「ほこ×たて」は「シュレッダー VS ハードケース」

 こんど(11月11日)の「ほこ×たて」(フジテレビ系列日曜夜7時~)は「なんでも壊すシュレッダー対絶対に中身を守るハードケース」とのことです。

 壊す系の対決は見逃せません(笑)。

 シュレッダーはYOUTUBEにあるコイツのようです。

ハードケースの方の詳細はわかりませんが、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製のようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "今度の「ほこ×たて」は「シュレッダー VS ハードケース」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「のぼうの城」を見てきました

 昨日は布団でぐっすりと寝て、きょう午前中に映画「のぼうの城」を見てきました。

Img_1061
 劇場内は撮影できないので、外のポスター。

予告編がYouTubeにありました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "映画「のぼうの城」を見てきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱稿 「波の科学」

 本文以外の原稿、コラム、はじめに、参考文献を全て送りました。「脱稿」です。

       ヽ(´▽`)/ヤッタネ!!

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "脱稿 「波の科学」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »