« 映画「のぼうの城」を見てきました | トップページ | 映画「北のカナリアたち」を見てきました »

今度の「ほこ×たて」は「シュレッダー VS ハードケース」

 こんど(11月11日)の「ほこ×たて」(フジテレビ系列日曜夜7時~)は「なんでも壊すシュレッダー対絶対に中身を守るハードケース」とのことです。

 壊す系の対決は見逃せません(笑)。

 シュレッダーはYOUTUBEにあるコイツのようです。

ハードケースの方の詳細はわかりませんが、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製のようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

フジテレビの予告編では、ハードケースをクレーンの上から落としていました。あれだけの高さから落としても中身は大丈夫ですよというデモンストレーションでしょう。

どうなるんだろう。

ケースが中身を守るという場合に、2つのことを考えなければならないでしょう。

ひとつは衝撃力の吸収

 予告編でやっていたような高いところから落ちたような場合です。この場合は中身を守るという点からすると、衝撃力を中身にいかにに伝えないかということになると思います。運動する物体を止めるには力積=力×時間が利いてきます。運動している物体の質量と速度が決まれば運動量が決まりますので、止めるにはそれに見合う力積が必要になります。モノが壊れる壊れないは力で決まってきますから、同じ力積で力を小さくするには時間を長くすることが有効です。じんわり力を伝える。中身に力が伝わる過程で衝撃エネルギーを別のエネルギーに変えてしまう、例えば熱エネルギー、ケース自体が変形したり壊れたりするエネルギーに変えればいいいわけです。

 でもこれはどうなのでしょう。シュレッダーに対抗するということとは直接結びつかないように思います。

そうすると、もうひとつの要件、単純に剛性。ケース自体が力を受けても変形しない壊れないという性能、剛性の勝負ということになりそうです。

 ケースの一部がシュレッダーの歯に挟み込まれて、シュレッダーが潰したり切ったりすることができずに止まってしまう・・・となれば番組的には面白いのでしょうが・・・。

 CFRPは、B787や次期国産ジェット旅客機MRJのも大幅に採用されるなど、航空k材料としても注目されている軽くて強い材料です。通常の金属材料に比べたら引張の力には、炭素繊維が効いてめっぽう強いです。

 でも圧縮力には基本的に炭素繊維は効いてきませんから、エポキシ(プラスチック)の強度になります。航空機の翼の破壊試験でも圧縮側になる翼の上側の破壊で終わります。

 あのシュレッダーに挟み込まれて潰されて、歯でせん断力にさらされたら、私は壊れると思うんですね。

 でもそれだと番組的にはおもしろくないでしょう。「やっぱりそうだよね」で終わってしまいそうです。

 ケース側が勝つとしたらどういうパターンがあるだろうと考えました。

 私の予想です。こういうのは予想して見るほうが楽しみです。

引っ掛りのないハードケースの形状で、シュレーダーの歯が噛み込むことができなくてケー ス側の勝ち。

 どうでしょう。

 ちなみにこの番組にはお世話になっている東工大のM先生がコメンテーターとして出演されるようです。(私はM先生からもほかの誰からもこの対決の結末は聞いていません)

 ぜひ見なくちゃ。・・・と思ったら、この日仕事で東京へ出張だぁぁぁぁ・・・・(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

 予約録画だな。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
最近は2位が指定席

|

« 映画「のぼうの城」を見てきました | トップページ | 映画「北のカナリアたち」を見てきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/56045457

この記事へのトラックバック一覧です: 今度の「ほこ×たて」は「シュレッダー VS ハードケース」:

« 映画「のぼうの城」を見てきました | トップページ | 映画「北のカナリアたち」を見てきました »