« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

『かたちのココロ』2012年 

 あっという間に1年が過ぎ去ってしまいました。

 今年3月に20年間勤務した航空専門学校を定年退職して、フリーランスになりました。人生を20年ごと起承転結と考えれば、「結」に入ったと言え、結論を出すというか結果をだすというか、そういうステージになったのかなという気もしていました。

 ところがこの1年を振り返ると、そんな兆候はどこにもありません。あるのは「起」、あらたに始まることばかりです。

 もともと自称「遊牧民族の末裔」。予定計画的に結論を出して1巻の終わり、というのは性に合っていません。新たな草原を探しに旅に出るだけです。

 3月の退職時は、いろいろうれしいことがありました。

 ブログ記事で見ると、

 「JAXAの特別講義」 JAXAの松嶋氏が古い約束を覚えていてくれました。

 「最後の授業」 思い出深いものになりました。

 「ジェットエンジンの技術を応用した包丁SAKON+」 仕事上の付き合いを超えた友情がうれしかったです。

 このほかにもたくさんの人からメールなどで励ましをいただきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『かたちのココロ』2012年 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元日の夜は「ほこ×たて」 金属対ドリル第6弾 

 来年元日の夜6時から「ほこ×たて」5時間スペシャルが放映されるとの情報が入ってきました。

 「ほこ×たて」の中でも人気が高い「金属対ドリル対決第6弾」もあります。これが目玉でしょうね。

 今回金属側は前回までと同じ日本タングステン、ドリル側は前回までのOSGからNACHIブランドの不二越へ選手交代。

 さてどうなることやら。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "元日の夜は「ほこ×たて」 金属対ドリル第6弾 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

氷の花と萩焼の花

  今朝は晴れて、放射冷却があったのでしょう、気温はマイナス18℃でした。

Img_1304

 我が家の物置のドアガラスに咲いた氷の花です。

Img_1301

 こちらは、我が家の庭。鶴が舞い降りたのではなくて、剪定した桜の木の枝に成長した氷筍。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "氷の花と萩焼の花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタからのプレゼント?『建築柔剛論争』

 先ほど宅急便が届きました。届いたのは本で、南出孝一著『建築柔剛論争』です。

 あるところでこの本のことを知って、探しました。Amazonにもない。苫小牧市図書館、苫小牧高専図書館も探しましたが、ない。北海道立図書館と札幌市図書館にあることが分かって、道立図書館から借りて読みました。

Img_1300

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "サンタからのプレゼント?『建築柔剛論争』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスにレッグ・マジックを購入

 当地は太平洋側なのでそうでもないのですが、北海道は寒波と雪に襲われています。

 クリスマスにレッグマジックを購入しました。TVショッピングでやっているアレです。

Img_1296

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "クリスマスにレッグ・マジックを購入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

球形タンク解体ロボット「リンゴ☆スター」

 昨日、NHKの番組「終焉(おわり)の美学」を見ました。

 この番組面白い。昨日は球形ガスタンクの解体をやっていましたね。「リンゴ☆スター」という名の解体ロボットが登場しました。昔円筒形の石油貯蔵タンクの解体の仕事には、ちょっとだけかかわったことがありましたが、球形タンクはそうやるんだ。

 べステラ株式会社の特許工法のようです。

動画がありました。この動画ではロボットではなくて、人が溶断しています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Skypeで英会話レッスン

 Skypeを使った英会話レッスンを受けています。レアジョブ(RareJob)という会社がやっている講習です。

 毎日フィリピンの講師とSkypeで会話をしています。いくつかのコースがあるのですが、私が選択したのは1日1回(25分)のコース。月額5000円で、30日で割ると167円。Skypeは通話料無料ですからかかる経費はこれだけです。

 どんなものか試しにやってみようとはじめまして、およそ2か月が経過しました。私には合っているかな、という感じなので当面続けようと思っています。英会話能力のブラッシュアップとともに、Skypeを使った講習のビジネスモデルを学ぶという目的もあります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Skypeで英会話レッスン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫じゃらしを100円ショップで購入

 昨日、ある実験を思いついて百円ショップに行ってきました。定年退職をしてから、それまで手軽に使えていた試験機器や、工作用のツールが使えなくなって、ともすれば発想が縮まり気味になっていました。

 でも、知恵と工夫次第で低コストの材料を使って説得力のある面白い実験は可能である、という信念は譲りたくないという思いがあります。

 お風呂に入っていて思いついたアイデアを試すために、百円ショップ(ダイソー)へ。こんなものがあるだろうと目星はつけていくのですが、うれしいのは良い方に予想を裏切ってくれることです。

 それが猫じゃらし。猫を飼っていないので思いつきませんでしたが、これがGOOD!!

Img_1295

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "猫じゃらしを100円ショップで購入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中古本の価格と投機

 不思議なことがあります。新品より高い中古品が売られているのです。
 アマゾンの本屋のページでは、新品の他に中古本も販売しています。読み終わった本を中古市場に回していくらかのお金を得る、本を読みたい人はいくらかでも安い価格で本を得る、そういう相互ニーズで成り立っているのだと思っていました。

 ところがどうも違う面がありそうです。というのは、新品が売られているのに新品より高い価格で中古本が売りに出ている場合があるのです。

 例えば私の「絵とき 破壊工学 基礎のきそ」は、新品定価2310円(消費税込)で売られています。そのアマゾンのページでは、12月20日現在で7冊の中古本が出品されています。そのうち2196円(5%off)程度の3冊は、まぁ理解できます。114円しか違わないのなら、私なら新品を買いますけどね。

 わからないのは、4000円台の値段がついている4冊です。商品説明には「カバーにわずかにヨレがあります」「表紙や裏表紙に保管に伴うスレやキズ。経過年数が長い場合、天や小口にヤケなどがある場合がございます」とあります。新品の倍近いお金を出してわざわざ中古本を買う人なんているのでしょうか。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "中古本の価格と投機"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

降雪を楽しむ

昨晩も雪になり、わが愛車もご覧のとおりです。

Img_1289

 運動不足解消には持って来いと、雪かきに励みました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "降雪を楽しむ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

だるま落とし

 Amazonで「だるま落とし」を買いました。2個で1300円。

Img_1274

 ちょっと懐かしいおもちゃですね。ハンマーで横から力をくわえると・・・

  1. 横からゆっくりとした力をくわえると、全体にずれるだけ
  2. 少し勢いを強くして横からの力をくわえると、コマ(層)間がずれる
  3. もう少し勢いをつけて、弱く叩くようにすると力を加えたほうに倒れる
  4. 勢いをつけて強く叩くと、叩いたコマ(層)だけが抜けて上方部が落ちて立ち続ける

 普通は、3と4との間でうまくできるかどうかで遊びますね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "だるま落とし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊び心 in JSNDI 機関誌

 お堅いことで有名な日本非破壊検査協会の機関誌が少しずつ変わってきています。
 最新号(2012年12月号)の表紙には、いたずらが仕掛けたあるようです。編集委員長の塚田和彦京都大学教授による「編集後記」によれば、表紙に掲載されているワイヤーロープに「ちょっとした細工」がしてあるそうです。「読者の皆様お分かりでしょうか」との問いかけがされています。

Jsndimagazine

 こういうの、嫌いじゃないですね。受けて立とうじゃぁないか!!というわけで一生懸命見ました。
 う~ん、難しい。見つめ、考え、また見るを繰り返すことおよそ10分。

 決定打はないのだけれど、これだろうというのを見つけました。

 ワイヤーロープの点検の仕事はしたことがありません。こうはならないだろうという技術的視点というよりは、私がいたずらをするとしたら簡単に出来て意外と気づかれないのはこれだな、という非科学的な根拠でしかありませんがね。来月号あたりには種明かしが載るのでしょうか。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "遊び心 in JSNDI 機関誌"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

笹子トンネル下り線点検速報 アンカーボルト608か所にゆるみ

 笹子トンネルの事故うけてトンネル内の天井板吊り下げ構造物の点検結果速報が、公表されています。(国土交通省のHP

 事故が起きた笹子トンネル上り線ではなくて下り線の点検結果は以下の通りです。

・アンカーボルトの脱落(2箇所)

・アンカーボルトのゆるみ(608箇所)

・アンカーボルト腐食による断面欠損(22箇所)

 アンカーボルト小計:ボルト(632箇所/12,002箇所)

・吊金具ボルトの脱落・ゆるみ(8箇所)

・吊金具ボルトの破損・変形(2箇所)

 吊金具小計:ボルト(10箇所/51,428箇所)

・受台ボルトの破損・変形(9箇所)

 受台ボルト小計:ボルト(9箇所/15,096箇所)

・覆工コンクリートのアンカーを跨ぐひび割れ(19箇所)

とのことです。

Sasago1

 補修ではなく、天井板の撤去という処置がとられるようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "笹子トンネル下り線点検速報 アンカーボルト608か所にゆるみ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小沢さんが亡くなった

 小沢さんと言ってもあの豪腕政治家ではなくて、小沢昭一さんです。この10日に亡くなったそうです。享年83歳。

 ラジオ番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」よく聴きましたよ。

 軽妙洒脱、粋な喋り、話芸ですよね。

 こちらで久しぶりで聴きました。なんか気持ちが軽くなるっていうか、のんびりした気分になります。

 なんかさみしいなぁ・・・・。合唱、ではなくて合掌。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大谷投手、日ハム入り

 「大リーグ入り」を表明していた花巻東高校の大橋翔平投手が、栗山監督ら日ハム側の説得に応じて日ハム入りを表明しました。

 これに対して「日本球界に行くんなら、ウチも指名しとった」とか、大谷投手の心変わりを「やっちゃぁだめだ」と言っている球界関係者がいるようです。

野茂投手が大リーグ入りを表明したときに、袋叩きにした日本球界のみみっちい根性がまだ残っているかと、正直あきれるばかりです。

 欲しければ指名すればよかったのです。若者が悩んだ末に気持ちを変えるなんて、ありでしょう。若者でなくても同じです。

 「大リーグに行くよりうちでやった方があなたのためになる」という正攻法の説得をした栗山監督の勝ちですよ。若者を説得する情熱も戦略も持ちえなかった人は、安全策を取って負けた、ただそれだけですね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "大谷投手、日ハム入り"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

鉄筋コンクリートの発明者は誰?『建築史的モンダイ』

 悪天候が続いていましたので、外出を控えて家の中で仕事をしていました。何冊かの本も読みました。中でも面白かったのが、これ。

Img_1273

 

藤森昭信著『建築史的モンダイ』 (ちくま新書)。建築史に関連したエッセイです。歴史が面白いのは、見方とか視点。これで同じ事実がガラッと違って見えてくるからです。

 ちなみにNHK大河ドラマ『平清盛』が不評のようですが、わたしも我慢して何度か見たけれど、本当にイライラするほどつまらない。だって1回の放送中に何回出てきますかね「武士の世を作る」というセリフ。これは、「すでに分かっている答(平氏の滅亡⇒鎌倉幕府成立)から問題を解く」ツマラナイ学校のお勉強のやり方そのものです。夫の浮気か遺産相続が殺人動機の安手のサスペンスドラマ以下だと言わざるを得ません。

 この本は、建築史に筆者独自の視点でスポットライトを当てて、「へーなるほど」と思わせてくれます。しかもほとんど専門用語を使わずに。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "鉄筋コンクリートの発明者は誰?『建築史的モンダイ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスに合わせたわけでもあるまいに

 街に出れば、どこもかしこもクリスマス雰囲気です。キリスト教とは無縁の年中行事の一つですね。

 北海道はこのところ悪天候が続いています。強風・雷・吹雪。雪の少ない太平洋側でも、昨日は積雪になりました。今朝は穏やかです。

 我が家の庭の小さな松の木。

Img_1272

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "クリスマスに合わせたわけでもあるまいに"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ケミカルアンカーとパンドラの箱

 昨日も今日も北海道は大荒れの天気です。電柱が倒れたり、屋根が飛んだりしています。私の家も少しですが風で揺れていました。

 中央高速道笹子トンネルの天井崩落事故、少しずつ事態が明らかになってきています。

 私が懸念した腐食はここでは原因ではないようです。アンカーボルトはすっぽりと抜けている。

 このアンカー、コンクリートを打ってから後で穴をあけてボルトを埋め込むタイプの「あと施工アンカー」と呼ばれるもので、その中でも接着剤でボルトとコンクリートを接合させる通称ケミカルアンカーだったようです。

(社)日本建築あと施工アンカー協会のHPに施工方法が掲載されています。下の図は、日本建築あと施工アンカー協会の解説HPから引用しました。

Anchor1

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ケミカルアンカーとパンドラの箱"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

光の遊戯 札幌ホワイトイルミネーション

 仕事で札幌に来ています。

 夜大通り公園のホワイトイルミネーションを見に行きました。

Dscn1363

Dscn1364

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "光の遊戯 札幌ホワイトイルミネーション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンネル事故とハイセイコー またはアンカーボルト

 中央道笹子トンネルの事故は、つり金具をトンネルコンクリート壁に固定していたアンカーボルト脱落説が有力になっているようです。

 アンカー(Anchor)とは、もともと錨。船が停泊するときに流されないように使うものです。

 コンクリートの劣化説が流れているけれど本当なのだろうか。ボルトは健全だけれど、130mm埋め込まれているボルトが抜け落ちるほどのコンクリートの劣化、周りのコンクリートはすごい状況になっていると思うのですが・・・。

 ボルトが腐食によって細くなり、ねじ山がなくなりアンカー機能が喪失している、という可能性が高いのではないか?

 テレビ等に出てコメントを述べている人が、どうも土木屋さん、コンクリート屋さんに傾いていると思うのは気のせいだろうか。

 アンカーボルトがコンクリート内部で腐食が進行しているか否かを調べるのに、ハンマーによる打音検査では検出できません。もちろん懐中電灯で照らしてみる目視検査では全く無理です。

 同様箇所の点検を行なうようですが、有効な検査方法をちゃんと検討してほしいものです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "トンネル事故とハイセイコー またはアンカーボルト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンネルコンクリート板崩落事故と腐食検出診断技術

 室蘭の鉄塔に次いで、中央高速道路の事故が報じられています。

 事故原因はいまだ明確ではないものの、コンクリート板を支えていた鋼製の部材が破断したのであろうことです。湧水が出ていたことなどから、経年劣化・腐食が疑われているようです。

 報道がどの程度事実を伝えているかはわかりませんが、点検は目視であったとされています。

 腐食だとすると、通常やられるのはコンクリートに埋め込まれている内部・地際なのであって、目視で見つけることはできません。こういう危ない個所は、トンネルに限らずいろいろなところにあるはずです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "トンネルコンクリート板崩落事故と腐食検出診断技術"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう12月 寒い季節が始まりました

 寒い朝にはマイナス5℃を下回ることもある今日この頃。貧乏暇なしはいいことなのか悪いことなのか。昨日は、面白い話、うれしい話がいくつか飛び込んできて、楽しく過ごさせてもらいました。

 今朝、少々ついでがあったこともあり久しぶりに北大演習林へ行ってきました。

Img_1215
 池には鴨ですかね、たくさんの鳥がいました。

Img_1214

 池にそそぐ小さな川。

Img_1219

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "もう12月 寒い季節が始まりました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »