« クリスマスにレッグ・マジックを購入 | トップページ | 氷の花と萩焼の花 »

サンタからのプレゼント?『建築柔剛論争』

 先ほど宅急便が届きました。届いたのは本で、南出孝一著『建築柔剛論争』です。

 あるところでこの本のことを知って、探しました。Amazonにもない。苫小牧市図書館、苫小牧高専図書館も探しましたが、ない。北海道立図書館と札幌市図書館にあることが分かって、道立図書館から借りて読みました。

Img_1300

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 これが、とてつもなく面白い。

 1923年(大正13年)に起きた関東大震災後、復興の過程で建築学会の重鎮たちを中心に世界で初めての「耐震規定」が作られました。この耐震規定の考え方に真っ向から異議を唱えたのが、海軍技官であった真島健三郎でした。ちなみに真島健三郎は北海道出身だったとのことです。

 その後、およそ10年間にわたって東京帝国大学建築学科を中心としたアカデミズムを代表する教授たちに対して真島健三郎が一人で挑んだ「柔剛論争」は、門外漢の私でも知っている有名な論争です。いくつかの資料は持っていました。

 南出氏の本は、この論争を、「武田教授」(架空の人物で柔構造派の代表という設定)と「真島博士」が「司会」を交えて討論する、という形式で書かれています。内容が整理されて分かりやすいですし、巻末の年表や参考文献もこれだけまとまったものは、少なくとも私は知りません。

 図書館から借りた本は期日が来たら返却しなければなりません。何とか手元に置いておきたいと考えて、神田の建築関係の古本屋などを探しました。でもどこにもない。自費出版の本のようです。国会図書館にもありませんでした。

 大手出版社から出せば、間違いなく売れると思うし、大学・高専・工業高校の図書館に置いておくべき本だと思います。

 あきらめかけていたところ、著者ご本人から「送ります」とのメールが届いたのです。それが12月25日。これはもうサンタクロースでしょう;:゙;`(゚∀゚)`;:゙。

 今日27日は図書館から借りていた本の返却期日です。これから返しに行きます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ありがとうございます。少し回復気味です

|

« クリスマスにレッグ・マジックを購入 | トップページ | 氷の花と萩焼の花 »

五重塔」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/56403962

この記事へのトラックバック一覧です: サンタからのプレゼント?『建築柔剛論争』:

« クリスマスにレッグ・マジックを購入 | トップページ | 氷の花と萩焼の花 »