« 遊び心 in JSNDI 機関誌 | トップページ | 降雪を楽しむ »

だるま落とし

 Amazonで「だるま落とし」を買いました。2個で1300円。

Img_1274

 ちょっと懐かしいおもちゃですね。ハンマーで横から力をくわえると・・・

  1. 横からゆっくりとした力をくわえると、全体にずれるだけ
  2. 少し勢いを強くして横からの力をくわえると、コマ(層)間がずれる
  3. もう少し勢いをつけて、弱く叩くようにすると力を加えたほうに倒れる
  4. 勢いをつけて強く叩くと、叩いたコマ(層)だけが抜けて上方部が落ちて立ち続ける

 普通は、3と4との間でうまくできるかどうかで遊びますね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 科学的には、慣性の法則あるいは慣性力の実例として説明されます。でも慣性の法則からだけ説明されても謎は残るわけで、むしろこれは摩擦力の側から説明する方が分かりやすいと思うのです。静止摩擦係数、最大静止摩擦力、動摩擦係数の理解に役立つ現象でしょう。

 メンドクサイ話は置いといて、こういう玩具も遊びながら注意深く観察していると、なかなかに面白いです。

Img_1278

 たとえば、上の写真のように下から2番目のコマを叩くと、

Img_1280

 こんな風に、だるまさんがフラダンスを踊り始めるのです。腰の振り方はその時によって違うのですが、なんか愉快でしょ。

 たまには童心に帰って、遊んでみるのも面白いですね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« 遊び心 in JSNDI 機関誌 | トップページ | 降雪を楽しむ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/56324353

この記事へのトラックバック一覧です: だるま落とし:

« 遊び心 in JSNDI 機関誌 | トップページ | 降雪を楽しむ »