« サンタからのプレゼント?『建築柔剛論争』 | トップページ | 元日の夜は「ほこ×たて」 金属対ドリル第6弾  »

氷の花と萩焼の花

  今朝は晴れて、放射冷却があったのでしょう、気温はマイナス18℃でした。

Img_1304

 我が家の物置のドアガラスに咲いた氷の花です。

Img_1301

 こちらは、我が家の庭。鶴が舞い降りたのではなくて、剪定した桜の木の枝に成長した氷筍。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 こちらは愛用のマグカップです。

Img_1298

 萩焼なんですが、通常萩焼には絵付けはしません。ベアティル・ペアソンさんというロイヤルコペンハーゲンで絵師をしていた方が、萩に住み着いて萩焼の窯(南明寺窯)を開いています。その方の作品です。愛用しています。萩焼は使い込むほど味が出てきます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« サンタからのプレゼント?『建築柔剛論争』 | トップページ | 元日の夜は「ほこ×たて」 金属対ドリル第6弾  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/56410884

この記事へのトラックバック一覧です: 氷の花と萩焼の花:

« サンタからのプレゼント?『建築柔剛論争』 | トップページ | 元日の夜は「ほこ×たて」 金属対ドリル第6弾  »