« 『五重塔構造模型建設工事』着工!! | トップページ | 天網恢恢(その2) Cessna Citation と複葉機WACO  »

ブリッジコンテストと超音波探傷

 今日都内某所で、ゲスト講演をしてきます。フリーランスになってから講演の仕事は2件目です。この時期、私としては気ぜわしいのですが、断り難い某筋(危ない筋ではありません(笑))を通しての依頼だったことと、あまり準備をしなくても話せる内容でしたので、引き受けました。

 超音波探傷の研究者や技術者が集まっている委員会なのですが、私はどのような内容をやっているのか、詳しくは知りませんでした。委員長と委員の何人かは知人です。

 昨日事情に詳しい人に聞いたところでは、1956年創設のいわば超音波探傷技術を確立することに貢献してきた権威のある委員会だそうです。1956年といえば、超音波探傷の基本規格であるJISZ 2344『金属材料の超音波探傷試験通則』がまだできていない草創期です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 「僕なんかでいいんですか?」という気分ですが、委員長がいいといっているんだからいいんでしょう。

 話すのは、超音波探傷教育と「つまようじブリッジコンテスト」について。一見関係なさそうですが、意外なところに接点があるのです。つまようじブリッジを超音波探傷するというストレートな関係ではありません。

 「多くの大学で試みられたブリッジコンテストのほとんどがうまくいかないのはなぜか」というあたりにかかわることです。私自身が「つまようじブリッジコンテスト」を11年間やってきて、「へーなるほど」と思いながら、いままでほとんど公にしていなかったことです。

 うまく説明できるかな。ちょっと早く起きて、2時間でプレゼンを作りました。午前中にリハーサルをして、微修正をして午後からの本番に臨みます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在2位です

|

« 『五重塔構造模型建設工事』着工!! | トップページ | 天網恢恢(その2) Cessna Citation と複葉機WACO  »

ブリッジコンテスト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/56719999

この記事へのトラックバック一覧です: ブリッジコンテストと超音波探傷:

« 『五重塔構造模型建設工事』着工!! | トップページ | 天網恢恢(その2) Cessna Citation と複葉機WACO  »