« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

Wiiリモコンを理学療法分野で活用

 ブログ記事・ホームページ・本の執筆・・・これらを通じて情報発信をしています。このブログ記事は今年で8年目になります。書いた記事は1500を超えました。アクセス数はもうすぐ130万に届きそうです。

 情報発信をしていると、思いがけない発展があったり交流が始まったりします。今回は、Wiiリモコンの加速度センサの値を取得するソフト「WiiAcc」を医療分野の研究で使っていただけているという情報が届きました。

Wiiaccfreef

 九州看護福祉大学リハビリテーション学科の二宮省悟先生からです。内容はここに書くわけにはいかないのですが、理学療法の分野です。 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Wiiリモコンを理学療法分野で活用"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『超音波技術 基礎のきそ』増刷 3刷目

 日刊工業新聞社から封書が届いて、『超音波技術 基礎のきそ』が増刷になるとのことです。

Img_1663

 嬉しいですね。同封された増刷承諾のはがきを出しますと、出版社は印刷を開始します。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『超音波技術 基礎のきそ』増刷 3刷目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『中谷宇吉郎の森羅万象帖』

 先日札幌のジュンク堂で中谷宇吉郎関連の本を2冊購入してきました。そのうちの1冊が『中谷宇吉郎の森羅万象帖』です。

Img_1658

 いいなぁ、この本、大人の絵本です。中谷宇吉郎と言えば、「雪は天から送られてきた手紙である」という言葉で有名な、雪博士、北大の教授だった人です。物理学者で随筆家としても有名な寺田寅吉門下になる人です。

 中谷宇吉郎は当初放電現象を研究していたのですね。表紙は放電現象の写真です。どこか雪の結晶につながるところがあります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『中谷宇吉郎の森羅万象帖』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読者プレゼント 竹中大工道具館招待券

 「五重塔の科学」発刊を記念して、「竹中大工道具館 ペア招待券」を5名様にプレゼントします。

Img_1657

 応募方法は・・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "読者プレゼント 竹中大工道具館招待券"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書店での目撃情報

 書店に並ぶ本の刊行はこれで7冊目になるのですが、実際に書店に自分の本が並んでいるところを見るのは嬉しいものです。執筆中は、スランプに陥ることがあって、どうしても原稿が前に進まないことがあるのです。

 私でも落ち込むことはあるんです(笑)。そんな時には、書店の棚に並んでいる情景を思い浮かべながら、気持ちを鼓舞します。

 土曜日に札幌へ行く用事がありましたので、札幌のジュンク堂と紀伊国屋へ立ち寄ってみました。「五重塔の科学」が棚に並んでいるところをみたい・・・。

 札幌ジュンク堂、最初に機械・工学コーナーへ行ってみました。

Img_1653

「絵とき○○基礎のきそフェア」と称して、「配管技術」「工業潤滑剤」「濾過技術」と並んで「破壊工学」が横置きで陳列されていました。4年前(2009年)に出版した本ですからね、このように扱っていただけるのは光栄です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "書店での目撃情報"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春を分ける

 春のお彼岸が過ぎて、本州からは桜の便りが聞こえてきます。北海道では朝晩は氷点下の気温。昨日の朝札幌行のバス停近くの水たまりには綺麗な板氷の破片が見られました。

Img_1647

 札幌では幹線道路はともかくとして、小路に入るとご覧のとおりです。

Img_1649

 春まだ遠し、という感じです。それでも確実に気温は上昇し、春に向かっているのは分かります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "春を分ける"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多感な時代の経験 @息子の卒業式で

 昨日苫小牧高専の卒業式に行ってきました。息子(二男)の卒業式でした。 

Graduation_ceremony

Dscn1726

 15歳から20歳までの5年間、当たり前だけれど毎日通っていました。学校で何があったのか私はほとんど知りません。取り立てて訊くこともしませんでした。自分の高校時代を振り返っても、親には多くを語りませんでしたからね。背筋を伸ばして卒業証書を受け取っているところを見ると、素直に過程を全うしたことは分かります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "多感な時代の経験 @息子の卒業式で"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法隆寺五重塔1/40構造模型完成 その3 分解可

 法隆寺五重塔1/40構造模型は斗(ます)や肘木(ひじき)など細かいパーツまで良くできています。ただしさすがにすべて木組みで組み立てていくようにはなっておらず、接着剤でつけていきます。

 縦方向に部材を接合する際に使うダボ(木製ピン)までは再現していません。私は、木組みの摩擦と、このダボによる接合によってもたらされる緩さこぞ、五重塔が地震で倒れない構造上の核心ではないか、と考えています。もうひとつあるのですが、それは本の中で…。

 義父には、各層を接着剤でつけることなく分離できるようにしてほしいとリクエストしました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "法隆寺五重塔1/40構造模型完成 その3 分解可"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛恨のミス

 本日は春分の日、なのに雪です。

 昨日『おもしろサイエンス 五重塔の科学』が全国一斉発売になりました(はずですo(*^▽^*)o)。

 ネット本屋も「予約受付」の表示が消えて「在庫有り」に変わりました。本屋さんでの目撃情報がありましたら、よろしく。

 目次等を書いたWebPageを作りました。

 Happy!!って話なんですけれど、じつは痛恨のミスが見つかりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "痛恨のミス"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

法隆寺五重塔1/40構造模型完成 その2 風鐸

 法隆寺五重塔構造模型は、構造好きにはたまりません(笑)。

 このモデル作成者のこだわりは、木構造だけではなく金物にも見ることができます。

 たとえば「風鐸」。本物の五重塔では軒先の四隅に下げられています。

Dscn1524a

 拡大すると、こんな感じ。

Dscn1524a_2

 模型では

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "法隆寺五重塔1/40構造模型完成 その2 風鐸"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

法隆寺五重塔1/40構造模型完成 その1

 義父に制作をお願いしていた『法隆寺五重塔1/40構造模型』が完成しました!!

Img_1612

 なかなかに立派です。

 制作者の義父は、秋田県能代市生まれ。能代工業高校を出て鉱山エンジニアでした。80歳を超えています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "法隆寺五重塔1/40構造模型完成 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Skypeを使った講習と技術相談 いくつかの問題点

 いまや私にとってSkypeは重要なコミュニケーション手段になりつつあります。

 昨日は、英会話レッスンの他に非破壊検査資格試験直前講習と某企業の技術者からの技術相談をSkypeを使って行いました。

 便利なんですけれどね、いくつか問題も発生しました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Skypeを使った講習と技術相談 いくつかの問題点"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『五重塔のいかれた博士』???

 今回から「おもしろサイエンス」シリーズの表紙デザイナーが変わったようです。

「ちょっとシンプルすぎない?」というのは息子の弁。どうなんでしょうね。

 本文のイラストを担当しているイラストレーターが表紙も担当するようになったようです。

 で、表紙にも本文にも登場するちょっといかれた五重塔博士、どことなく私の雰囲気に似ている?というのは思い過ごしでしょうか( ´_ゝ`)フーン。

Dr_5strypagoda

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『五重塔の科学』出来上がり

 今月19日全国発売の予定の『おもしろサイエンス 五重塔の科学』が出来上がり、筆者分が先ほど郵送されてきました。

Img_1611

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『五重塔の科学』出来上がり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独立1年 アドバイザー・コンサルタント・顧問というお仕事

 昨年から常勤ではありませんが、(株)ニチゾウテックという会社の技術コンサルタント事業本部に所属をして仕事をしています。鋼構造物の腐食問題がメインです。設備の総合診断、コンサルタントという仕事のダイナミズム・面白さ・難しさを勉強させてもらっています。

 私個人(NDI JAPAN.com)としての仕事は、NDI教育・訓練と著書の執筆がメインでした。ここにきてアドバイザーとしての仕事依頼が来るようになってきました。現在2社と話が進んでいます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "独立1年 アドバイザー・コンサルタント・顧問というお仕事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸ビルと新丸ビル

 東京駅の新装なった丸の内駅舎を出ると、皇居へ向かう道があります。この辺りは、日本のビジネスの中心・丸の内オフィス街です。東京駅から皇居に向かって左に丸ビル、右に新丸ビルがあります。

Dscn1680

丸ビル

Dscn1679

 新丸ビル

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "丸ビルと新丸ビル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海を渡るライセンス 航空業界でJIS資格

 私の資格証が海を渡ります。

Img_1600

 JIS Z 2305による非破壊検査技術者資格証明書、RT(放射線透過試験)、UT(超音波探傷試験)、PT(浸透探傷試験)、MT(磁粉探傷試験)、ET(渦電流探傷試験)、SM(ひずみ測定)全てレベル3、それにNDIS 0602による非破壊検査総合管理技術者です。

 航空業界は、長いあいだ米国の独壇場で、いくら国際単位が定められようとも単位系はインチ・ボンド、非破壊検査資格は米軍規格を民間用に書き直したNAS410もしくは米国非破壊検査協会(ASNT)のTC1Aでした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "海を渡るライセンス 航空業界でJIS資格"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

震災2周年と震災ビッグデータ

 2年前の3月11日(金)、あの地震が起きたとき私は千歳の勤務先で、翌々日に行われる卒業式に向けて会場設営の仕事をしていました。突然の地震、長く続きましたね。特に後半はゆったり大きく揺れる長周期地震で、船酔いをしそうでした。

 遠くで大きな地震が起きている、そう思いました。1993年の奥尻の時の地震とおなじ感覚でしたから・・・。

 職員室に戻って、ワンセグで見たテレビ映像は息をのみました。仙台平野名取川付近を次々と津波が呑み込んでいくところを実況で伝えていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "震災2周年と震災ビッグデータ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法隆寺五重塔構造模型建設工事進捗状況

 おっと!今回のタイトルは漢字が18文字も並んでいるぞ(゚m゚*)。

 I工務店に依頼している法隆寺五重塔構造模型制作ですが、三重までできています。

Dscn1687

 なかなかに堂々としているでしょ。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "法隆寺五重塔構造模型建設工事進捗状況"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2310円の本が5万円???

 今日Amazonのページを見たら、私の「波の科学」の中古が3337円と3339円で出品されていました。

9march13

この本はまだ絶版になっていませんから、新品を1575円で購入できます。新品の2倍以上の値段で中古本を買う人がいるんですかね。実はこの本Amazonのページでは、「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」という表示が現在出ているんですね。

  絶版になったら、倍の値段を出しても欲しいと思う人は出てくるかもしれません(?)。それはそれで、価値観ですから、特にいうことはありません。でもこの本は、発売から半年も経っていません。いくらなんでも絶版にはなりませんよ。この値段で買う人がいたら、それは錯覚でしょう。人の錯覚に付け込んで商売をする、これって詐欺に限りなく近いのではありませんか?

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "2310円の本が5万円???"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天空わっぱ」@羽田空港

 東京での講習会が終わり、羽田空港に着いたのは搭乗手続き終了時間ぎりぎり。出発ロビーにたどり着いた時には、すでに搭乗が開始されていました。おなかがすいていたので、とりあえず何でもよいから弁当を買おうと思って、適当に買ったのがこれ「空わっぱ」でした。

Img_1596

 炊き込みご飯の上に、帆立、鮭、鶉の卵、レンコン、筍、昆布・・・が乗っています。ヒットでしたね。とても美味しい。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「天空わっぱ」@羽田空港"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国人に対する英語による超音波探傷教育 体験記

 3月2日から6日まで5日間東南アジアから来ているエンジニアに超音波探傷教育を行ってきました。(私は1日抜けて『五重塔の科学』の校正の仕事をしました)

 普段やっている講習と異なる点は次の点です

  • 日本語ではなくて英語を使うこと
  • 受講者は各国のインストラクターもしくはインストラクター候補
 昨年3月に、RT(放射線透過試験)の国際講習が行われていまして、私が下見に行きました。そこから1年間検討と準備をしてきました。

 講師は、私とS氏とN君の3人でした。S氏は、30年前私が初めて超音波探傷の講習を受けた時の講師で当時日本クラウトクレーマーに勤務していた方。N君は、18年前に私が航空専門学校で超音波探傷教育を始めた時の学生で、現在は探傷機メーカーGEインスペクション・テクノロジーズに勤務しています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "外国人に対する英語による超音波探傷教育 体験記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きになる、気になる

 最近はジプシー生活、ホテル滞在が増えてきました。今泊まっているホテルでは、従業員の3分の2は私の顔と名前を覚えています。

 よくあるユニットバス。

Img_1595

 湯船につかってのんびりしていると・・・・

Img_1594

 あれっ?

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "きになる、気になる"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイ古式マッサージと知のめぐり

 東京宿泊5日目、最終日です。

Dscn1707

 ホテルの窓から見える東京スカイツリーです。東京スカイツリーは現代の五重塔だ、私の持論になりつつあります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "タイ古式マッサージと知のめぐり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麹町でお仕事 校正終了

 昨日は麹町にある志岐デザイン事務所に出向いて『五重塔の科学』の校正をしてきました。少し遅くまでかかりましたが、校正終了です。

  私の本も含めて何本かの本の編集・校正の仕事が流れていました。さすがにプロの仕事師たちの仕事です。落ち着いた物腰、会話の中にある種の緊張感。いいですね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "麹町でお仕事 校正終了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Asia WorkshopとミャンマーのShwedagon Pagoda

Asia Workshopの1日目は無事修了しました。歓迎のため会場に飾られていたお花です。

Img_1577

 英語での講習は、やはり勝手が違います。こちらの英語能力とともに受講生にとっても英語は外国語ですし、それぞれ訛りがあります。どうしても母国語に近い発音になるのですね。わたしの英語が日本語訛りになるのと一緒です。

それでもなんとか1日目のスケジュールは講義・実習とも無事修了しました(ホッ!(*´ェ`*))。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Asia WorkshopとミャンマーのShwedagon Pagoda"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春1番とAsia Workshop

少し湿っぽい雪が降る新千歳空港を後にして、春一番が吹く東京へやってきました。 

Img_1568  明日から、Asia Workshopの超音波探傷編が始まります。タイ・ミャンマー・バングラディシュ・モンゴルなど東南アジアの国々から超音波探傷を学びにきた人に対して、体験型の講習を行ないます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "春1番とAsia Workshop"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »