« 多感な時代の経験 @息子の卒業式で | トップページ | 書店での目撃情報 »

春を分ける

 春のお彼岸が過ぎて、本州からは桜の便りが聞こえてきます。北海道では朝晩は氷点下の気温。昨日の朝札幌行のバス停近くの水たまりには綺麗な板氷の破片が見られました。

Img_1647

 札幌では幹線道路はともかくとして、小路に入るとご覧のとおりです。

Img_1649

 春まだ遠し、という感じです。それでも確実に気温は上昇し、春に向かっているのは分かります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 昨日は、非破壊検査資格の更新試験(正確には再認証試験)でした。10年に1度試験を受けなければならないルールになっています。私は全部で7つ(MT・PT・UT・RT・ET・SMのレベル3と総合管理技術者)を持っていますので、ほぼ毎年試験があることになります。まぁ、ボケ防止にはちょうど良い刺激かもしれません(笑)。

 昨日はET(Eddy Current Testing 渦電流探傷試験)のレベル3更新試験を受けてきました。ETは、棒材やパイプなど素材メーカーで高速自動探傷に適用されることが多い方法です。保守検査では、プラントの熱交換器の探傷がメインです。貫通コイル・内挿コイルが使われます。

 日本のJSNDIの教科書も試験問題もほとんどこの領域で埋め尽くされています。

 見過ごされているフィールドがあるんですね。アルミニウム合金やチタニウム合金でつくられている航空機の非破壊検査の世界では、このETがメインなんです。もちろん日本国内の航空運航会社、航空機メーカー、エンジンメーカーでは盛んにETが行われています。こちらは通常上置コイルを使っています。

 昨日の試験問題でも、航空機に関係する問題は25問中1問だけでした。もう少し何とかなりませんかね。

 更新試験の方は、まぁ何とかなったかなという感触です。

 お昼は、4丁目パルコ8Fへ行って野菜たっぷりのスープカリー。

Img_1651

完食です。美味い!!

Img_1652

 夜は、息子の卒業・「五重塔の科学」刊行・五重塔模型完成を祝って、「てっ平」でカツでした。

Img_1656

 我が家の「ハレ」の日はノンアルコールで「てっ平」と決まっています。安上がりです(笑)。30年来の付き合いになる旦那とおかみさんが作る絶品のカツを食べることが、家族の幸せなんですね。このお祝い方式は、全員一致なのです。

 更新試験を含めていろいろなことが終わって、陽射しもすこしづつ柔らかくなってきて、まぁなんとなく一区切りという気がします。今日は久しぶりにオフ、休みにします。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« 多感な時代の経験 @息子の卒業式で | トップページ | 書店での目撃情報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/57021632

この記事へのトラックバック一覧です: 春を分ける:

« 多感な時代の経験 @息子の卒業式で | トップページ | 書店での目撃情報 »