« 春1番とAsia Workshop | トップページ | 麹町でお仕事 校正終了 »

Asia WorkshopとミャンマーのShwedagon Pagoda

Asia Workshopの1日目は無事修了しました。歓迎のため会場に飾られていたお花です。

Img_1577

 英語での講習は、やはり勝手が違います。こちらの英語能力とともに受講生にとっても英語は外国語ですし、それぞれ訛りがあります。どうしても母国語に近い発音になるのですね。わたしの英語が日本語訛りになるのと一緒です。

それでもなんとか1日目のスケジュールは講義・実習とも無事修了しました(ホッ!(*´ェ`*))。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 夜は、懇親会でした。日本に来たのは初めてという人が多いのに、皆さんお箸を上手に使うのには驚きました。

 仕事の話、先方の非破壊検査事情等々話が進みました。気温差や季節の話、食べ物の値段、物価の話、お互いを理解するための話を食事をしながらしました。

 だいたい話が落ち着いたところで、話題を五重塔へ。五重塔は英語ではFive-story Pagoda。Pagodaは仏塔という意味です。私の席の近くにミャンマーからのエンジニアが座っていましたので、ミャンマーにある古い仏塔(Pagoda)について尋ねました。

 そうしたら、彼の表情がぱっと明るくなってヤンゴンにあるShwedagon Pagodaを紹介してくれました。日本に伝わった北方仏教ではなくて、南方ルートの仏教のPagodaの話は興味深いものでした。彼にとってShwedagon Pagodaは誇りなんですね。

 Shwedagon Pagodaは金でできた仏塔で、ルビーやサファイヤで飾られているのだそうです。帰国したら写真を送ってくれるとの約束をしました。

 ミャンマーは長い間国を閉ざしていましたから、あまり情報は流れてきませんし、日本人の旅行客も少ないそうです。誰でも知っている『ビルマの竪琴』→水島上等兵の話の国ですからね、日本人にはなじみの深い国なんです。行ってみたくなりましたね(゚▽゚*)。

 さあ、今日は私が前に出て講義をしなければなりません。頑張ろうっと!!。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ありがとうございます。久々に現在1位です

|

« 春1番とAsia Workshop | トップページ | 麹町でお仕事 校正終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/56875807

この記事へのトラックバック一覧です: Asia WorkshopとミャンマーのShwedagon Pagoda:

« 春1番とAsia Workshop | トップページ | 麹町でお仕事 校正終了 »