« Windows 7 (×86 および ×64) | トップページ | バラードを聴きたい気分 »

誕生日の妄想

 今日は私の62回目の誕生日。当たり前だけれど、毎年誕生日はやってきます。誕生日は、過去(生まれた日)から今日の意味づけと言えるでしょう。未来から意味づけることができれば、365日のいつかは命日になる、などという余計なことを考えてしまいます。

 10年前20年前は何をしていたかな・・・と思い起こしてみると・・・。

 10年前は、学科(航空技術工学科)の責任者になって3年制のこの学科を育てていくことに汗を流していましたね。経済産業省が主管する「航空工場検査員(航空機用原動機)」受験を目標にして、「専門学校生が受ける資格ではない」という経済産業省官僚の冷ややかな言葉に逆に闘志を燃やして、それでも3年目でようやく3名の合格者を出したのが10年前でした。この時私も受験して合格しています。つまようじブリッジコンテストも7回目を迎え、学生もマスコミ報道ももっとも盛り上がっていたころでした。

 20年前といえば、専門学校の教員になって2年目。卒業学年の担任になって、はじめて就職指導の渦の中に飛び込んで、ヘロヘロになっていました。私自身はこの年に、磁粉探傷と浸透探傷のレベル3に合格しています。また、超音波探傷教育を導入したいということで、資料を含めて約40枚の稟議書を提出したのもこの年でした。最初はあっさり却下されましたけれど…。今考えてもエネルギッシュでしたね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 去りし日々を10年単位で区切っていくと、50年前は小学校卒業。今年の1月、東京で思わぬきっかけで同級生と再会しました。

 歳をとると月日の流れが速く感じてきます。指数関数的かなとも思えます。そこで、2の累乗で区切ってみると、~2歳、~4歳、~16歳、~32歳、~64歳という区分になります。~4歳を幼年期、~16歳を少年期、~32歳を青年期、~64歳を壮年期とすると、なんだかうまい具合に区分できるなぁ、という気がしてきました。卵の分別じゃぁあるまいし、人の人生そう機械的に区分できるかい、という反発心も抱えつつ、62歳の誕生日の妄想はこの辺にして、お仕事、お仕事・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
いまのところなんとか1位です

|

« Windows 7 (×86 および ×64) | トップページ | バラードを聴きたい気分 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/57197005

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日の妄想:

« Windows 7 (×86 および ×64) | トップページ | バラードを聴きたい気分 »